「WEFシンポジウム報告――米国流通革命: 鍵は“デジタル”と“ディスラプション”」


WEFの第7回シンポジウムからの報告です。

 WEFの第7回公開シンポジウムでの 尾原の基調講演の内容が、繊研新聞に掲載されました。

テーマは「テクノロジーで変容するファッション・ビジネス――あなたはこの機会をどう活用しますか?」です。 記事は、ここをクリックしてください。

 ファッション・ビジネスで革命が起きています。“デジタル”と“ディスラプション(秩序などを破壊する)”が、これまでのビジネスモデルを崩壊させ、新たな視座(顧客中心)と発想により様々な新ビジネスを生んでいる米国。この潮流は、まさしく、「ファッションが売れない」と苦悩している日本が 早急に取り組む必要があるものです。講演では、そういった新ビジネスの事例を多く紹介しました。

 日本で 「ファッションが売れない」理由には、経済的な問題や消費支出の優先順位が変化したこと、またトレンドに飛びつく〝ファッショニスタ″ が減っていることなど、多々あります。しかし私は、日本にはおしゃれをしたい人がまだ沢山いる。市場は沢山の商品であふれている。しかしそれらが、うまくマッチングされていないことが最大の問題だ、と感じています。

 これからの時代のファッション・ビジネスは、「物販」から「おしゃれ支援サービスへ」移行する必要があります。人々はファッションを〝自分のライフスタイルをつくる手段″と考えるようになりました。自分の価値観と望む形のライフを創り上げたい生活者に、そのためのファッション商品を提供するビジネスは、「モノを売る」ビジネスではなく、「その人が、なりたい自分になるためのサポート」ビジネスです。個性化が進み、「十人十色」からさらに「一人十色」の多彩な欲求を持ち始めた個客を、企業が十分に理解し満足させることは、非常に難しくなっています。片やテクノロジーの発達は、「スマホ装備」の個客を生み出しました。いつでも、どこでも、好きなやり方で情報収集し、友人の意見を聞き、比較検討し、購入後はその体験をツイートする、といったことが、ごく当たり前になっています。ということは、個客がサーチし、自分のほしいものを見つけやすく、手繰り寄せられるようにすることが、最も効果的・効率的になってきたのです。ウェブでの商品の提供は、魅力的な、かつ細部までわかる画像、特にサイズやフィットが、個客に分かりやすくなっていることが重要です。

「顧客セントリック」と言われてきましたが、いよいよテクノロジー、それもインターネットからさらに進んだデジタル・テクノロジーの急拡大で「個客セントリック」のビジネスが可能になり始めたのです。オムニチャネルもその一環として、非常に重要になってきました。このお店、このブランドは、私を理解してくれている。私が欲しいものを、見つけやすくしてくれている、という存在になりたいものです。

 このシンポジウムは、200名を超える参加者に、この巨大な変革のチャンスをどう活用しますか?との問いかけが目的でした。

あなたは、ご自身のキャリア、あるいはビジネスを、どう革新されますか?

Posted on  |  カテゴリー: E コマース, WEF, イノベーション, テクノロジー, 小売ビジネスの革新, 起業  | 

WEFシンポジウム――「米国のファッション・ビジネス最新事情」を尾原が講演します


 

 WEFシンポジウムを、「テクノロジーで変容するファッション・ビジネス――あなたはこの機会をどう活用しますか?」 のテーマで727日(水)夜、1830から開催します。

 

 尾原が基調講演を担当しますが、そのテーマが、「米国のファッション・ビジネス最新事情」です。インターネットやデジタル・テクノロジーが、ファッション・ビジネスに巨大な変革を起こしている。その実態を、NRF大会や米国業界の先端的事例をもとに、多数の画像をスライドで紹介します。ファッション・ビジネスが、単に「服やファッション雑貨を売る」ビジネスから、どのように変化してゆくのか、を見て頂きたいと考えています。 詳細は、下記をご覧ください。

WEF第7回シンポジウム 「テクノロジーで変容するファッション・ビジネス」 ご案内_160727 

 企画の動機は、日本のファッション・ビジネスが今、ぶつかっている壁です。

市場には沢山のファッションが溢れているのに、またオシャレをしたい顧客は居るのに、それらがマッチングされていない。他方、デジタル・テクノロジーの急進展は、オムニチャネルや人工知能(AI)活用により、個人にパーソナルな訴求をする手法など、新しいビジネス展開を可能にする大きなチャンスをもたらしている。 これを活用し新しいビジネスの方向に取り組むことで、企業も成長し、個人もキャリアの発展が出来る。そう願っているのです。

 シンポジウムの第二部は、WWD誌の 向千鶴 編集長、アーバン・リサーチ社執行役員の 乾展彰氏、さらに今、人工知能で注目されているカラフルボード社の 渡辺祐樹社長のパネルです。テーマは、「ファッションとビジネスの新しい世界をテクノロジーが拓く」。それぞれの専門分野からの最新情報や提言で、エキサイティングなものになると期待しています。

 興味を持たれる方は、ぜひご参加くださると嬉しいです。     以上

 

 

 

Posted on  |  カテゴリー: ICT(情報コミュニケーション技術), WEF, イノベーション, オムニチャネル, テクノロジー, ファッション・ビジネス, NRF大会報告  | 

<NRF2016 リポート ⑤ 「Xmasギフト商戦、オムニチャネル能力テストの結果は?」>


 米国のオムニチャネル進捗シリーズの前回から、ずいぶん間が空いてしまい、恥ずかしく思っています。

 今回は、小売り企業はオムニチャネルの約束を果せているか、について 興味深いリポートを紹介しましょう。 オムニチャネル実践を標榜する企業は、「即日あるいは 1 時間配達サービスの拡大、検索のスピード化(3回クリックで目的達成)、パーソナル化した提案の増加」、などに努力を続けています。しかしその実現は、なかなか容易ではないことが分かります。

 「Xmasギフト:オムニチャネルは実働したか?」のタイトルでレポートをアップしたのは Internet retailer 2016.2.1)です。

 同社のエディター、アリソン・エンライト記者は、小売り企業が宣伝している、“Xmas 3日前までなら、いつでも、どこでも、好きな時にギフトを買える” は本当か? を3つの案件でテストしました。 言って見れば「オムニチャネル能力テスト」 です。

 記者は、課題として、① 婦人用ハンカチの購入(友人向け)、② SmartWool ブランドのソックスの購入(父用)、③ 母用には、アイディアさがしからスタート、を設定しました。記者自身の買い物は2週間前にほとんどアマゾンで完了していたのですが、業務として、オムニチャネルのテスト課題に挑戦したわけです。

 課題の内容は、下記を3日間で完成させることです。          

           1.欲しいものを見つける(ウェブまたはアプリで)

           2.オンライン発注・店舗ピックアップの指定

           3.走り回ってピックアップ

 対象小売企業は、Nordstrom, Macy’s. Wal-Mart Storesのネットサイト。

 結果は、次のようになりました。

① ハンカチ――スマホ・アンドロイドでまず Macy を検索、結果はゼロ。ノードストロムでは大昔からのブランドが1つのみ。ウォルマートでは、無地モノ 2点 が見つかったが、Xmasに間に合わずダメ。 そこで、予定にはなかったアマゾンで検索。結果の 5,000点のうち、Prime 配送に絞ると 850  の選択肢が得られた。そこで、6枚 $10.99 の柄物を選択。

 SmartWool ブランドのソックス――以前に買った経験がある Nordstrom REI をオフィスの PC で検索。ノードストロムで 6点上がってきたが、希望するシカゴ店でのピックアップが出来ないのでダメ。REIも同じ。Macyとウォルマートではそのブランドの扱いなし。またまたアマゾンをチェック。望むサイズの Prime  配達で 118点 の選択肢が上がった。しかし、課題はそもそもアマゾン・チェックではないので、この課題については放棄。

 母用、アイディアさがし――これは、商品指定をしないので簡単、と思ったが、非常に苦労した。とりあえず Macys.com に入って、まずジュエリーへ。手間がかかりそうだったので化粧品に移動。母が好きなエステ・ローダーの Beautiful を探すと、12 点が上がった。さらに“pick up in store”を“ シカゴ店”、で9点に絞り込み、その中の30周年記念企画商品に決めた。ところが商品説明の詳細を見ると、これは、「ウェブからの配達」と。改めて郵便番号を入力したが、これにはイラついた。

 というレポートです。

 この3社は、米国でもオムニチャネルを強力に推進している 3大小売業です。皆さんの評価では、何点を上げますか?

 ここから学べることは、「オムニチャネル企業の約束は、商品数、配達条件が多様化し、顧客のスピード検索、スピード購入への要求が加速するなか、並大抵のことではない」 ことです。                                                                                                            

(次回は、「顧客」 と 「企業」 の関係の革新、について考えたいと思っています。)

Posted on  |  カテゴリー: E コマース, オムニチャネル, NRF大会報告  |