<ファッション・ビジネス留学: M B A でなく M P S 学位を重視する F I T の G F M>  


 ビジネススクールの学位で、MPS ( Master of Professional Studies ) をご存知ですか?

 ビジネススクール留学といえば、もっぱらMBA( Master of Business Administration ) と考える人が多いと思います。しかしファッション・ビジネスでは、ファイナンス(財務)や組織体のマネジメントだけでなく、消費社会やファッションの真の理解、クリエ-ション(創造活動)のマネジメント、製品開発を含むマーケティングやブランディング、など多岐にわたる専門的分野を束ねてのグローバル経営、がますます重要になってきています。

 MPSはその意味で、まさしく「実学の経営者養成コース」といえます。

 MPSを授与するFB(ファッション・ビジネス)関連大学院で、世界で唯一と思われるニューヨークのFIT(ニューヨーク州立大学 Fashion Institute of Technology )をご紹介しましょう。

(このGFMコースを紹介する「留学セミナー」が1121日(月)夜に開催されます。詳しくは、添付ご案内、あるいは日本FIT会のホームページ http://www.fitkai.jp/ をご覧ください) 留学セミナー第4回 チラシ(2016.11月21日開催)

 GFM( Global Fashion Management ) と呼ばれるこのコースは、3 年以上の実務体験を持つ社会人対象で、18か月(3セメスター)の過程終了で修士号が授与されます。毎年 178 名の選りすぐられた学生が、世界の 10カ国以上からニューヨークのFITに来て学んでいます。カリキュラムは、ファッション・マーケティングからアパレルの生産・ソーシング、デザイン活動、デジタル技術、などをカバーする、戦略やマネジメント、財務・法務(知財権やライセンス契約)など、FB のエグゼクティブに不可欠な知識と能力を身に付けさせる、現場体験を交えた実学の修士コースです。

 特にユニークなことは、通常の科目に加え、3週間の集中セミナーが、ニューヨークとパリ、そして香港で行われます。パリでは、ラグジュアリー・ビジネスを中心に、理論と実践を学びます。香港では、中国の産地にも足を延ばし、モノづくりとアジア市場を中心に学びます。これは、フランスのIFM (Institut Francaise de la Mode =産学連携大学 ) と、香港工科大学との 3 校のコラボレーションで実施されるものです。今年は初めて、研修に日本を組み込んでもらい、トヨタの工場見学や、東京のファッション市場の視察が行われることになりました。

 1121日開催の「留学セミナー」では、FITの大学院のトップ( Dean )と、GFM コース学科長なども来日し、またGFMに今在籍する 在校生や卒業生も、登壇し、体験談を披露することになっています。

 実は FIT/GFM コースには、ユニクロの奨学金(米日カウンシル TOMODACHIフェローシップ)が設定されており、過去3回開催したこのセミナーから5名の留学生が出ています。 日本からの海外留学生が非常に減っている現状を危惧し、日本FIT会では、このセミナーに力を入れています。

 GFMコースへの留学の最大の成果は、「世界のリーダーを目指す若者と親しい友達になること」と言い切る卒業生もいます。

 グローバル化と、そのための人材育成が叫ばれる中、できるだけ多くの企業、あるいは個人が、このようなチャンスを逃すことなく、個人の成長、企業の発展を目指してほしいと願っています。

Posted on  |  カテゴリー: FIT大学院のGFMコース, グローバル, プロフェッショナル, 人材育成, 留学  | 

<ファッション・ビジネスでの起業 成功に必要なものは? WEFがシンポ開催>


  ファッション・ビジネスが大きく変容を遂げつつある。その中で成功し続けるためには、ディスラプト(既存の秩序を破壊)するような破壊的変革が必要だと考え、『 Fashion Business  創造する未来』の本を出版したと、先回 書きました。

 変革の芽は、新たなビジネスの起業から生まれます。ファッション・ビジネスは変化のビジネスであり、次々に新たな会社が生まれるのが健全な状態なのですが、このところそれが停滞しています。そこで「ファッション・ビジネスでの起業」をテーマに、WEF 8回シンポジウムを開催します。

 講師は、DoCLASSE 社長の林恵子氏と、メーカーズシャツ鎌倉の創業者で現会長の貞末良雄氏。117日(月)  18:30 から、場所は、青山のウィメンズプラザです。(ご案内は、WEFホームページ: http://www.wef-japan.org/event/888.html を) WEF第8回シンポジウム_ご案内

 お二人とも、良い商品を、手ごろな価格で、顧客のニーズにマッチする形で提供するために、従来のファッション流通、すなわち、多くの中間企業が介在する重層構造を抜本改革する形の起業をされた方です。

 林恵子さんは米国のランズエンド日本社の社長時代に、日本女性の好み、特にサイズやフィットをしっかりと抑えたおしゃれな服をネットで提供する会社を作る、という夢を持ち、10年前に DoCLASSE を立ち上げられました。40代、50代女性顧客の圧倒的支持をえて、現在では、外反母趾で悩む女性をふくむ履きやすい靴をあつかう fitfit も展開しておられます。店舗を持たず、消費者に直接販売する「ネット通販」が流通コストをミニマイズする、というコンセプトでスタートしたのですが、店舗を出してみたら、これがまた消費者からの情報が直接得られると同時に、顧客満足を一層高められる、と、自然な流れで現在話題の「オムニチャネル」に発展しました。ネットをフル活用しながら、実際の商品やコールセンターの顧客への対応は、非常にアナログ。企画や営業とコールセンターのオペレーターが大部屋に同居し、顧客の質問に答える際には、必要に応じて実際に顧客と同サイズの社員がその商品を着用してみる、などということもやっています。

 メーカーズシャツ鎌倉の貞末良雄会長は、ヴァンジャケット時代に創業者石津謙介氏の薫陶を受け メンズウェアの基本を徹底的に学ばれた方です。そして、日本のビジネスマンが世界で胸を張れるシャツを作り、高品質でもいわゆる高級シャツの 3分の 1 以下の価格で提供する夢を実現されました。そのためには、工場、それも高級なシャツ地を作る織屋さんや日本でも数少ない高レベルの縫製工場と直接、また緊密な関係を持つこと。工場への発注も、繁閑が少なくなるよう、売り場での展開をからませたマーチャンダイジングと連動させて行うなど、工場側の条件やニーズに合わせることに注力しておられます。顧客と工場、そして小売業である同社が、Win-Win-Win (三方よし)になること、がビジネスの基本哲学だといいます。2012年に、ニューヨークのマディソン街、世界的なメンズウェアの有名店がひしめく地域に出店。以来、優れた品質とサービスで、固定客を増やして、昨年末には、ニューヨークの金融街にちかい高級ショッピング・センター、Brookfield Place  に第2店舗を開店しました。

 DoCLASSE とメーカーズシャツ鎌倉の成功は、それぞれの創業者が、「これではよくない」、「真に消費者のためになるビジネスを始めたい」との強い思いをもって、取り組まれたことにあります。

 日本は一般に起業が難しい国だといわれます。リスクを取りたがらないカルチャーや、資金調達の仕組みの未開発、また一度失敗したら再度ビジネスを行うことが難しくなる、という、失敗を許さない社会環境、などが、起業を阻んでいるからです。

 しかし今、新たなビジネスを立ち上げる環境条件は、かつてないほど揃っています。ファッション・ビジネスの現状に不満な消費者、ネットビジネスの急成長、活用できる先端テクノロジーの拡大と低コスト化、などがあるからです。

 想いの熱い起業家が、新しい時代を切り開くビジネスの立ち上げの、ヒントを得て頂けるシンポジウムだと思っています。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

Posted on  |  カテゴリー: ファッション・ビジネス, 起業  | 

尾原著 『 Fashion Business 創造する未来』 に嬉しいコメントを頂きました


 ファッションや文化史を多様な視点からとらえ、気鋭の文筆家としてもファンの多い中野香織さんが、私の近著 Fashion Business 創造する未来』 について、ブログに書いてくださいました。

(中野さんのブログ http://www.kaori-nakano.com/2016/10/12/12653/ )

 コメントで嬉しかったのは、「現状を俯瞰し、足元をもう一度見つめて未来を創造するために、深い思索を促す本です。4年がかりでまとめ上げられた大作は、新幹線片道で読める類の軽い本ではなく、相当な歯ごたえがあります。それゆえに、得るものもいっそう大きい。グローバリゼーションとデジタル革命がすすむさなか、新しい現象が生まれては消え、さらに新しい現象が続々起きているように見えますが、本当のところ、現実にいったい何が起きているのか。錯綜する現状を把握し、進路を定めるための灯台となってくれる本です。」と書いてくださったこと。また Facebook には、「きちんと整理された見取り図に、豊富な具体例。これだけのデータを集め、整理することがどれだけたいへんなことなのか…。 座右に置き、折に触れ参考にさせていただきます」ともあります。

 中野さんは、おしゃれでチャーミングな女性ですが、物事の真相を深く読み取る鋭さを持っておられる方。嬉しかったのは、その中野さんのコメントであること。そして何よりも私が意図した〝ファッション・ビジネスの表面的事象や変化だけでなく、その底流にある人々の意識や社会の本質を見極めること。 ビジネスも単なる利益追求ではなく社会善を生む新たな存在として極めること″への努力を感じ取って下さったことです。

 日本では、ファッションあるいはファッション・ビジネスが、表面的な流行や世相、あるいは金儲けのためのノウハウとして捉えられることが多いことを、私は日頃から残念に思っています。日本に欧米のような、ファッションやファッション・ビジネスについて深く研究するアカデミックな大学や専攻がほとんどない事が、それを何より物語っています。

 中野香織さんは、その中で数少ない研究家といえるでしょう。東京大学の大学院、総合文化研究科で地域文化専攻博士課程を修められ、英国のケンブリッジ大学客員研究員を務められた経験などをふまえて、男女ファッション史から最新モードまでを研究・執筆され、現在は明治大学で特任教授としての講義もなさっています。

 「ファッション業界の人は本を読まない」と言われています。でもこの歴史的な大変革の時代に、人や社会あるいはファッションがどう変化してゆくのかを、真剣に、そして深く考え、行動する人が増えることを、日本の将来のために願っています。

 Fashion Business 創造する未来』 も、そのよすがとして是非読んでいただき、活発の議論を巻き起こしていただければ、これに勝る喜びはありません。

 (『 Fashion Business 創造する未来』  2016928日 出版。 定価2000円。お問い合わせは、繊研新聞社 03-3661-3681

Posted on  |  カテゴリー: ファッション・ビジネス, ファッション・ビジネスの未来  |