<西脇産地で若手デザイナーたちが活躍―旧態システムの創造的破壊で新時代へ>


 日本最大の先染め綿織物産地、西脇に行ってきました。地場産業の育成と発展のために設立された、(公財)北播磨地場産業開発機構が意欲的に取り組んでおられる活動の一環である「地域ブランド戦略」の講演会講師に招かれたからです。

 そこでの嬉しい発見-デザインを学んだ15人の若者が、地元の支援で日本各地から移住し、伝統的な(言い換えれば旧態依然な)ものづくりと販売の仕方の革新に取り組んでいる-ことを、ご紹介します。このプロジェクトについては、8月15日の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)でも放映されたので、ご覧になった方もあるかもしれません。紹介された事例は、それまで全く考えもつかなかった、“縦糸に100番単糸(非常に細く切れやすい糸)を使い、しかも色がグラデーションになるよう整経(経糸を並べて織機にかけるビームに巻き取る)し、緯糸を甘く打ち込んで広幅のソフトタッチのストールを創る” チャレンジです。出来上がったストールは、59グラムという軽さ。百貨店での試販でも、大好評だったそうです。(写真 ㈱播の製品)他にも色々なチャレンジが進行しています。

㈱播で 移住修業中のデザイナーが開発した100番単糸使いのストール

 明治時代から第二次大戦後まで、日本の外貨稼ぎの筆頭であったテキスタイル産地が非常な苦境に立たされています。“播州織“で知られる西脇産地もご多分にもれず、特に1980年代中頃の円高とアパレル生産の海外シフトにより、 現在の出荷額はピーク時の4分の1に縮小しているとのこと。世界の有名ブランドや日本の主要デザイナー向けの、先染めチェックやジャカード、二重織りなど、いまも続いているものもありますが、ピーク時には総生産量の80%を超えた輸出も現在は15%を割り込んでいます。西脇に限らず日本のどの産地でも、高度成長時代に組み上がった“大量生産”体制と、それを支えた産地の複雑な分業の仕組み、商社や産元依存の賃加工仕事、などを抜本的に革新し、独自性ある商品を自ら開発し、出来るだけユーザーに直接販売することにより、コストダウンとスピードアップ、情報共有を進める必要に迫られているのです。

 この窮状に風穴を開けたいと西脇市は、片山象三市長のリードで 「ファッション都市構想」 を打ち出し、新規就職・人材育成のサポートによる、産地の活性化・革新に取り組んでいます。「ファッション都市構想」 は、デザイナーなどをめざす若者の西脇地区への移住と最終製品の開発を狙うもので、2015年度にスタート。現在15名の若者(うち13名が、東京や大阪などのファッション専門教育機関でテキスタイルやデザインを学んだ者の移住)が、産元商社や機屋などで働きながら現場での生地作りを学んでいます。支援プログラムには、就職先の紹介と、市から企業に対しての、給与の一部(10万円)と住居代の一部(最大5万円)が支払われるようになっているとのこと。さらに、同市にこの春完成したコワーキングスペース、“コンセントを、月額 3000円で会員になって鍵を預かり24時間好きな時間に利用できる特典、等があります。コンセント会費は受け入れ企業が負担するケースもあります。 (画像下は、工房”コンセント”の外観) 

コワーキングスペースの ”コンセント”

 この工房、 “コンセント(写真)は、西脇商工会議所が西脇市から約600万円の補助を受けて整備し、現在は西脇TMO(西脇商工会議所)が運営しているもので、シンプルながら、アパレルCADなどのデザインシステムをはじめ、工業用ミシン5台、刺繍ミシン、家庭用ミシン3台、プロッターカッター、などの機材が並んでいます。人台や撮影用カメラ、ファッションやデザインに関する書籍のコーナーもあります。

夜遅く訪問した時には、㈱播で修業中の 鬼塚創さんが一人で試作品の撮影にに励んでいました。鬼塚さん(左画像)は、先にご紹介したストールを企画開発した、昨年入社の山梨県出身、文化ファッション大学院大学卒業生です。

 この西脇産地の取り組みは、世界でもトップレベルにある日本の生地づくりの技術を、これまでにない“破壊的創造”により、時代の変化に対応しようとするものであり、北播磨地場産業開発機構理事長と西脇商工会議所会頭を務めておられる齋藤太紀雄氏の熱意にも感銘を受けました。今後はさらに、時代の変化に“対応”するだけでなく、“新しい時代を創る”ために、ネットやデジタル技術を活用して、これまででは考えつかなかったような、画期的な製品やビジネスモデルが生まれることを期待しています。

 「未来は予測するものではなく、創るもの」 の想いで書き上げた、拙著 『Fashion Business 創造する未来』 が、昨日(9月23日)、日経新聞の 「今を読み解く-転換期のファッション・ビジネス」 の欄で紹介されました。ファッション業界だけでなく、日本経済全体にとってファッション・ビジネスの変革が期待されているのです。

 経済産業省のクールジャパン政策課が主催する 「ファッション政策懇談会」 (筆者が座長を務めています)でも、日本人デザイナーの世界への展開支援と、そのための、クリエ-ションとモノづくり(産地)をつなぐプラットフォームの構築について日本を代表する錚々たる委員の皆さんによる議論が進んでいます。

 新しい時代に向けて、若々しい発想と行動力ある人たちの活躍を待っています。

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, ファッション・ビジネスの未来  | 

『ハーバード驚かした日本語スピーチ 多様性に配慮問う』 の日経尾原記事への反響


 日経STYLEの“出世ナビ”に掲載された筆者のインタビュー記事に、予想外の反響があり驚いています。意外だったのは、女性も男性と同様に仕事に取り組むのが当り前、と考えられるようになったのはごく最近であり、多くの先達の努力の結果であること、あるいは、現在の女性を取り巻く環境の不備が強調されるが、以前とは比較にならないほど良くなっていることを意識している若者やキャリア女性が少ないこと、でした。 女性の活躍やダイバーシティ重視の考え方の推進は、まず当事者の現状認識(過去から現在、そして未来への展望)と、革新に当事者自身が取り組んでいただくことが不可欠であると、改めて痛感しました。  

 記事は、先月(7月2027日) 上・下の 2 回シリーズで日経オンラインに掲載されたものです。見出しは下記です。ちょっと面はゆいのですが、読んでいただけると嬉しいです。

(上) 「ファッションビジネスの女性伝道師 柳井さんも一目」https://style.nikkei.com/article/DGXMZO18383480S7A700C1000002?channel=DF180320167075

 (下) 「ハーバード驚かした日本語スピーチ 多様性に配慮問う」https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19057370Q7A720C1000000?channel=DF180320167075

  予想をしなかった反響とは

1.「そんな時代があったんだ!」――大学卒女子を男子と同条件で採用する大手企業は皆無だった!

大卒女子の就職への門戸は、閉ざされていた。お金を払っても仕事がしたい、と願うほどチャンスはなかった。東大を卒業して旭化成で責任ある仕事につけたのは、(積極的アプローチが拓いた)運のよい偶然だった。初任給は、“高卒男子の初任給に4年の年齢給を加えた額”と“大卒男子の初任給”との中間。理由は、「どんなに優秀でも、たった一人の女性大卒の処遇で数千人の会社の屋台骨を支える高卒男子の士気をそぐわけにはゆかない」 だった。電話に出ると、「誰か男おらん? おとこ!」 と言われるのが常だった。 -→ だからこそ、発奮したのです!

2.“自分から進んで道を切りひらく”――「それって、なかなか出来ないよね」

誰かが、あるいは会社や行政が環境を整えてくれ、それに沿って、あるいはそれに乗って、自分がスムーズに成長・昇進してゆくことを期待している人が多い。しかし、これまでなかった道や扉を開くのは、自然現象や “誰かパワーのあるひと” がやってくれることではなく、個々人が自分の問題として改善する努力が不可欠。何故なら、-→ その方が、一般論ではない、現場に即した、当事者ならではのイノベーションを起こしやすいから。

3.“英語しか分からない人に向けて、日本語でスピーチをする!”―-「すごいアイディアだけど、そんなこと、思いつけない!」

ハーバード大学のAMPコースの卒業式で、外国人受講生代表としてスピーチを頼まれたとき、米国の教授や受講生に、世界各地から集まった文化も価値観も違う受講生への理解と配慮を求める一策として、スピーチの冒頭を日本語で話しかけた。会場は、水を打ったような異様な静けさに。この手法は、異なる言語の背後に、それぞれの国や歴史や生身の人間がいることを、最も端的に伝える方策として非常に有効であった。 ただ、このアイディアが、すぐに浮かんだわけではない。それ以前にも、言語と文化の違いが障害となって合意に至らないことを数多く経験し、折にふれ解決策を探していたことから、生まれたアイディアだ。  -→ 「窮余の一策」は、日頃の意識と試行錯誤体験から ひらめくもの。

努力を重ねている人を、チャンスの女神は、見てくれていると私は信じています。“チャンスの女神には、前髪しかない” と言われますが、問題意識をもって日々研鑽していれば、チャンスが来たとき、それをチャンスと気づいて、通り過ぎる前に、前髪をつかむことが出来るのです。

                 * * *

仕事を持っていること、仕事を通じて社会に貢献できることに感謝し、日々成長を続けたいものです。 感謝の気持ちは、会社や社会、同僚や上司、先輩たち、そして誰よりも、自分の仕事を支えてくれている家族や支援者たちに捧げましょう。

ツイッターに、尾原の記事を読まれた方の、こんなツブヤキがありました。

 “ 『女性も自らの能力やリーダーシップに磨きをかけていってほしい。』 ~この人に言われたら 『はい。』 って言うしかないなあ~。すっげーカッコいい!~” 

書いてくださった方に、感謝と敬意をささげます。

Posted on  |  カテゴリー: キャリア, プロフェッショナル, 女性とキャリア  | 

WEFシンポ:C Channel 森川亮社長 と ジュピター・ショップチャンネル 西塚瑞穂MD副本部長で


  WEF第10回公開シンポジウムを、7月21日(金)18:30~20:40に開催します。

 テーマは、  「顧客フォーカスで、共感と感動を呼ぶFBイノベーション 

           ――テレビショッピングと 女性向け動画のファッション雑誌から学ぶ――  

 講師は C Channel の森川亮社長 と ジュピター・ショッップチャンネルの西塚瑞穂マーチャンダイジング副本部長

 詳細は →http://www.wef-japan.org/event/982.html WEF第10回公開シンポジウムご案内 <20170721開催> をご覧ください。

 ファッションの店舗での販売が落ち込む中、店舗の外で 深く静かに進む潮流の代表的事例、つまり、若い女性を魅了するSNS動画メディアのC Channel と、中高年女性がはまる テレビショッピングを取り上げました。顧客がそれぞれのライフスタイルと価値観で、メディアやショッピング手法を選ぶ時代になり、それぞれへの照準(フォーカス)が重要になっているからです。

  森川氏は、いまやグローバルに拡大している LINE を立ち上げた方でもあり、現在はデジタル・メディアの最前線である動画メディアに取り組んでおられます。西塚氏は、「テレビショッピングは最高のエンターテインメント」をかかげる日本最大のテレビショッピング会社で、24時間ノンストップ放映のマーチャンダイジングに取り組んでおられる方です。 パネルディスカッションでは、ショップチャネルにデザイナーとして出演している横森美奈子さんにも登壇いただき、生駒芳子さん(いずれもWEFの設立メンバー) のコ―ディネートで、活発な議論が進むと期待しています。

 

 WEFのシンポは昨年から、ディスラプション時代の、ファッション・ビジネスのイノベーションをテーマにしています。今回も、FBの変容を実感して頂けると嬉しいです。

(完)

Posted on  |  カテゴリー: WEF, イノベーション, ソーシャル・メディア, テレビショッピング, ファッション・ビジネス  |