< NRF(米国小売業協会)大会、愛称 Big Show から 最新情報のご報告 >


 恒例のNRF(全米小売業大会)、Big Show に今年も参加してきました。今年で 35 回目の参加、その間、1 年も休むことなくです。自分でもよく続いたな、と感心すると同時に、それだけ時代の変化が激しく、参加するたびに新たな刺激と方向性が得られるからだと痛感します。

 本日の繊研新聞に、「尾原蓉子の2020年全米小売業大会リポート」として全体感が掲載されました(7ページ)。「Wi-Fi と電池残量が、ついに“マズローの基本ニーズ改訂版”になった」(NRF Stores誌)のメッセージが強烈で、新たなエコシステム構築へ向けての大きなうねりを感じる大会でした。デジタルとフィジカルの融合と小売業のサービス化がビジネスをどう変えるか?を中心に書いています。ご覧いただけると嬉しいです。

 今年は例年以上にエキサイティングで、新たなビジネスモデルの台頭や、イノベーション事例、驚くような戦略、テクノロジーの開発・拡大など、大いに啓発されました。女性CEOの登壇が目立ったのも、嬉しい変化でした。

NRF Big Show 会場風景

 このブログでは、NRF 2020の色々なテーマを少し掘り下げて、シリーズで紹介します。今回は、今年の大会の概要と総括。次回以降、小売りの2020年 10 トレンド、注目した講師のメッセージ、フィーチャー企業としてノードストロム、RTR、など、となる予定です。

 第109回NRFNational Retail Federation大会は、2020年 1月 12~14日の 3 日間、 ニューヨークのジャービッツ・コンベンションセンターで開催されました。12万㎡貸切りの会場に参加したのは、4 万人超で過去最大。海外からも約 100カ国、10,500人が参加。日本は過去最大の 525人(昨391人)―ブラジル 1881人、フランス 940人、英国576人に次ぐ第 4 位で、例年よりも存在感がありました。展示会場への出品企業は 800社(昨年700社)。

 今年のテーマは、Vision 2020」。巨大な変化と激化する競争の中、企業の成功、というより生存条件が、ビジョンをもち、その実現に果敢にチャレンジすること。ビジョンといっても、単なる業績(売り上げや利益)だけではなく、現代の世界が直面する社会問題にどう取り組むか。例えば、サステナビリティ、人間/人権重視、企業の倫理性やトランスペアレント(透明性)などに、自社はどう取り組むか、といった意思表明です。ヨーロッパを席巻している、とでもいうべき地球環境や気候変動の問題に、米国も遅ればせながら取り組む機運が出てきました。

 セミナー総数約190の中から、尾原が注目した講師とテーマを上げましょう。  

 ■ 開会基調講演――小売りの未来(マイクロソフトCEO Satya Nadella) →小売りが生み出す毎時 40 テラバイトのデータをどう活用するか!

 ■ ビジョナリー賞受賞のコールズ社ミシェル・ガス社長との対話 (CEO Kohl’s、CNBC)

 ■ サービスとしての小売業(RaaS)―-DTCやスタートアップに場を提供(Neighborhood Goods CEO、PSFK)

 ■ 経験経済で勝利する――高まる顧客期待値に目標値もあげる(CEO Rent the Runway、Crate & Barrel、Enjoy)

 ■ 今日の小売りビジネスで人間性を高めることとは――(Starbucks社長&CEO、NRF社長)

 ■ 好奇心・独自性・妥協なし――スタイリング・サービスStitch Fix社COOとの対話(Recode、Stitch Fix)

 ■ 顧客の条件に合わせたサービスを――ノードストロム社エリック・ノードストロム氏(Nordstrom Co-CEO、NBC)

 ■ リ・コマース革命――小売りの未来をアップサイクルする(Urban Outfitters CDO、ThreadUp社長、ReBag CEO)

 ■ ショッピングの未来が招く――Immersive(没入)、Reimagined、Revolutionary(Showfields CEO、AREA15 CEO)

 ■長い試合に勝つ――低成長の世界でサステイナブルな収益性を追求(Under Armor 創業者CEO K. Plank)

 ■ 中国的スピード ――アリババ米国トップと中国展開を加速するallbirds

 ■ ビジョナリーなブランド構築――Goopブランドの裏物語:女優Gwyneth Petrowとインフルエンサー

 ■ ピンタレスト CEO共同創業者 Ben SilbermannとRecode共同創業者 Kara Swisherの対話

 ■ 小売りの仕事(ジョブ)は何故いい仕事なのか?――ウォルマートUS CEOとMIT教授

 ■ より強い未来を――革新に投資:Master Card CEO

 などがありました。                      NRF 報告 ① End

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  | 

「Purpose に導かれて」――日経ARIAに インタビューが掲載されました


 『日経ARIA』をご存知でしょうか? これは、40-50代の働く女性向けのWEBメディアです。 「女性の活躍」 の議論になると、20代、30代の女性が中心になりがちですが、今までありそうでなかった 40-50 代で向けのウェブメディアが生まれたことを嬉しく思います。

その『ARIA』を含む働く女性のためのウェブメディアを総括しておられる 日経xwomanの羽生祥子総編集長のインタビューで、尾原の想いを語らせていただきました。3回シリーズの掲載で、各回のテーマは

(1)困難の乗り越え方を考えることは楽しかった (掲載済み)
(2)ライフシフトには働く目的と「資産」が必要   (掲載済み)
(3)リーダーは「地図よりコンパス」で道を示して (来週掲載予定)

リンクは https://aria.nikkei.com/atcl/column/19/012800152/ です。

「ARIA(アリア)」とは、オペラ用語の「独唱」。舞台の中央でスポットライトを浴び高らかに歌い上げる、そんなイメージでの命名だとのこと。米国の高級百貨店ノードストロムにも、かつてEncore(アンコール)という売り場があり、サイズもちょっと太目で華やかなカクテルドレスなどが並んでいました。

2014 年に私が設立した WEF(一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション)での女性の活躍の実態調査でも、女性は年齢と共に、いくつかの異なるステージを進みます。20代は、キャリアの出発点。新しい仕事に意欲を燃やし、懸命に仕事に取り組みます。30歳前後には、結婚・出産・子育てといった問題など、キャリアと両立させるには覚悟と創意工夫、周りの理解と協力が不可欠なステージに入ります。

そして 40代、50代。女性活躍推進の視点からは、上級管理職あるいは役員、経営者への道を進むことを期待される半面、現実的には立ちはだかる壁にも直面する。また人生のちょうど中央、折り返し地点に立つことから、これまでの生活を振り返り、やりたかったこと、悔やまれること、など振り返る機会も増えます。同時に、新たにやりたいことが湧き出てきた人も、子育てから解放される人も、世のしがらみに縛られないで自由に飛び立ちたい想いが強まった方もあるでしょう。

 人生をどう生きるか? これは、人それぞれが自分の選択をする、という意味で、自己責任の世界です。

 願わくば、“Purpose(目的)”をもって生き、この世から旅立つときに、「ああ、私の人生、よかったな」 と思えるものにしたいと、私は考えています。

(次回からは、米国小売業大会、NRF2020 Big Show のハイライトをシリーズでリポートします。)

 

 

Posted on  |  カテゴリー: キャリア, 女性とキャリア  | 

2020年 初春のお慶びを申し上げます


明けましておめでとうございます

 

 

新しい年、そして新しいディケード2020年代の幕が開きました。

本年の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

世界を取り巻く環境は、政治・経済・社会のどれを見ても、変化がますます激しく速く複雑に、そして予測しがたいものになっています。第 4 次産業革命といわれる大きな変革のなか、様々なディスラプション(創造的破壊)が引き続き登場する年になるでしょう。

また今年は、オリンピックが64年ぶりに東京で開催される年。世界のアスリートが繰り広げる熾烈な闘いと、限界への挑戦が生む新記録、そして観客と一体になったイベントとしてのオリンピック、パラリンピックが生み出す感動を思うと、今からワクワクします。

ファッション・ビジネスは、過去20年余にわたって厳しい変化にさらされてきました。にもかかわらず大半の日本企業は、それまでの成功体験と旧態依然のビジネスモデルから抜け出せないまま、デジタル化や個客主導のサプライチェーンやプラットフォーム構築などの革新に遅れて、今日に至っていると言えます。

しかし2020年代、私は日本のファッション・ビジネスが、新たな展望で前進する年であると考えます。それは、日本のリーダー企業が、ようやく、AI による深層学習などのデジタル・テクノロジーや、国連の提唱(SDG’s=持続可能な開発目標)に代表されるサステイナビリティ(地球環境保全)、あるいは働き方改革や人間性の回復、などの世界潮流に、本格的に取り組み始めたと感じるからです。

今年こそ、3年前に 拙著 『Fashion Business 創造する未来』(繊研新聞社) で提示した未来への方向に、スピードをもって前進する年になってほしい、と切に願っています。

この 3 年の間にも、米国を中心とする世界の革新企業は、驚くような挑戦をしています。たとえばこの本の冒頭、第 1 章で、“ディスラプションの典型事例”として取り上げた、Rent the Runway(ファッションのレンタル/シェアリング・ビジネス)は、その後も急成長を続け、商品領域拡大(ビジネスウェアや日常着、インテリアへ)ばかりでなく、ビューティの大手企業とのパートナーシップ、シェアオフィスへの店舗展開、そしてホテル(それもファッション志向のW ホテル)とのタイアップで、出張先でホテルにチェックインすると事前に選んだ服が待っている、といったレンタルを可能にしています。まさしく、“服を所有しなくてもおしゃれが出来る”時代を実現しているのです。

恒例の米国小売業大会(NRF Big Show 1月12-14日開催)に、今年もニューヨークまで出かけます。胸がときめくような革新事例や新しいテクノロジーを見聞きできるものと、期待しているところです。

2020年が皆様にとって、革新と輝きに満ちた1年になることを、祈っています。

Posted on  |  カテゴリー: イノベーション, ファッション・ビジネスの未来  |