< WEF5周年 記念シンポジウムを開催。 メッセージは「女性を大志を抱け!」 >


 ファッション業界の女性活躍を支援する WEF(一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション)が 5 周年を迎え、記念イベントを 7月5日、帝国ホテルで開催しました。有り難いことに、会場に入りきらない数の申し込みを頂き、なんとか  260 名の方に参加頂きました。

 記念シンポジウムにご登壇頂いた、ファーストリテイリングの柳井正会長・CEOのメッセージは  「Girls be Ambitious ! 女性よ 大志を抱け!」 でした。

対談する ファーストリテイリング 柳井正会長・社長と WEF 尾原蓉子名誉会長

情熱があり過ぎて、照り焼きにされることもあるかもしれないが、、」等と語る柳井会長と尾原名誉会長

  シンポジウムは、「ファッション・ビジネスはWomen’s Business」の大テーマでの「柳井会長と尾原の対談」、という企画でしたが、そもそも筆者が柳井会長に初めてお会いしたのは、1984年、私が企画/運営を担当していた旭化成 FITセミナーを柳井会長が初めて受講された年でした。奇しくもその年は、柳井さん(当時は小郡商事専務)が ユニクロの第 1 号店を、朝 6 時開店という奇抜なアイディアで広島にオープンされた年に当たります。

 それ以来、柳井さんが、FITセミナーが招いたベネトン創業者やリズクレイボーン会長あるいは ムジャーニ・インターナショナル社長などのセミナー、次いで旭化成経営戦略セミナーに毎年のように参加されたこともあって、私は、ユニクロの成長(たまには失敗)を興味と感銘をもってフォローしてきました。 とくに東京進出、フリースの爆発的成功に始まり、海外進出や著名デザイナーの起用、“ライフウェア”のコンセプト展開、そして直近の「情報製造小売業」グローバル本部  Uniqlo City (有明) 立ち上げ、などにより、年に2兆円以上を売り上げる、日本を代表するグローバル企業の一つになられたことに、大いに敬意を表している次第です。

 そんなわけで、私は 4つの観点から、柳井さんの経営哲学、人間性、女性や人材に関する姿勢、などを引き出せたら、と考え、お相手を務めました。

 4つの観点とは: 

①   これからのファッション産業の行方は? ― 世界的なアマゾンとウォルマートのパワーゲーム、その間にZARAやユニクロの拡大、ノードストロム(EC比率30%超、ショールーム業態展開)等の革新的ファッション大型店、次々台頭するユニークなスタートアップ企業のせめぎ合い、、。10年後はどうなる?

②   企業の発展/存続に不可欠なイノベーションと起業 ー 日本はこの点では周回遅れ?

③   イノベーションを担う人材の調達/育成/登用 ― ファストリではどのように?

④   女性の活用・活躍 ― ファストリは 2020 年女性管理職比率30%の目標を3年前倒しで達成。主要戦略は? 何が奏功?

  以下の2つの記事が、柳井会長の発言をうまくまとめて頂いたものと思います。

* WWDジャパン: 「ユニクロ柳井社長、働く女性に“野望のススメ”」

            https://www.wwdjapan.com/653191

*アパレル・ウェブ: 「ガールズ・ビー・アンビシャス!」

             https://apparel-web.com/news/apparelweb/58746 

 対談を通じて、柳井会長の大きな野望とみなぎる情熱、現場と細部重視の経営、そして真面目で厳しいけれども人間味あふれるリーダーシップに 改めて拍手を送ったことでした。

 WEFの設立の狙いと、準備期間を含めた足かけ7年の活動と成果については、次回にお伝えしたいと思っています。

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, イノベーション, ファッション・ビジネスの未来, 人材育成, 女性とキャリア, 小売ビジネスの革新, 日本企業のありかた  | 

NRF 2018レポートplus③ 「現場に浸透しはじめたデジタル技術と、未来を開くiLab」


 NRF 2018の報告に plus (関連情報やその後の動きなどをプラス)して書いている   NRF シリーズ第 3 回目は 「テクノロジー」です。これは2018大会のテーマ 「小売りのトランスフォーメーション」の中核となる手段であり、これまでで最大のスケールで展開されました。展示ブースも700余、開発中のテクノロジーを見せるiLab も例年をはるかに超えるスペースをさき、多様な技術を提示しました。

(写真は iLab に掲げられた“Innovate or Die の看板) 

 「トランスフォーメーション」とは、単なる変化ではなく、“形態・外見・性質の変容”を意味する言葉で、昆虫などの「変態」つまり、幼虫がさなぎになり蝶になるといった変容にも使われる言葉です。ということは、一朝一夕に達成できるものではなく、テクノロジーをテコに、仕事の仕方/組織のあり方を変える、組織文化/行動の変革を意味します。これを、“Outside-In”(顧客から内部改革へ)のデジタル・ダーウイン主義」すなわち、顧客の進化に従い、企業が変容して行くこと、と言う人もいます。その意味で2018年は、昨年のNRFからのメッセージ、「デジタル技術は今、飛躍への“転換点(ティッピング・ポイント)に” に続いて、小売り業界全体が、いよいよトランスフォーメーションに本格的に取り組み始めた年、ともいえるでしょう。

 テクノロジーについて、「今回のNRFは、目新しい技術は少なかった」という人もいます。しかし私は、これまでに登場したテクノロジーが、自社の“トランスフォーメーション”のために、どのように活用出来るか、自社の戦略としてはどこから始めるのがよいか、等の観点で多様な方向性が紹介された非常に重要な大会であったと考えています。議論・提示された最大のテーマは、AI(人工知能)によるビッグデータ分析からパーソナル化、それに絡む人材確保と革新的組織作りでしたが、AR(拡張現実)、コンピュータ投影(computer projection)画像認識、ロボット、IoT(カメラ、センサー、RFID等の多様な要素技術のコネクト)、などの事例も多く紹介されました。RFIDも、在庫管理や一括レジなどの単独機能から、センサーやカメラやAI活用により個別商品・個別顧客の動きを本部や店舗のマネジメントにコネクトし、販売スタッフの業務内容にまでカバーする業務効率アップに加え、顧客体験の向上を達成する、複合的ソリューションの段階に入っています。

 時代は、『新しいテクノロジーについて知る』 ステージから、『どの技術を使って、自社のビジネスを変容させるか』 に入っていると痛感しました。 

AR(拡張現実)>

 AI(人工知能)によるデータ分析や深層学習の事例が多く紹介された大会でしたが、今回筆者はAR(拡張現実)に今後の大きな可能性を感じました。これまでもARについては、色々な試みが進んでいます。たとえばIKEAでは、カタログの気に入った製品を、自宅の環境に置いてみることが出来ます。IKEA Placeのアプリをダウンロードし、自宅やオフィスの床面をスキャン、アプリ内の商品リストを検索し、設置したい商品を選び、その商品を目的のスペースに移動して設置する、といったシンプルな操作で可能になるものです。

 ほかにも、コンバースのモバイルアプリ The Sampler により自分の足にiPhoneを向けると、試したい製品を着用した様子が見られとか、米国ユニクロの、売り場に設置されたマジックミラー(memomi 社、鏡を兼ねたタッチパネル)で、気に入った製品を着用し、色々なカラーをバーチャル試着できる、などもあります。

 Zaraは、今週(2018418日)から、Zara AR appによるARを、世界120店舗でパイロット展開すると発表しています。ここでは、店内やウインドウの服にスマホのカメラをかざし、ARのアイコンで、モデルに着せてみることが出来る。その商品が、欲しければそのままスマホのShop the Lookボタンを押して購入も出来、SNSでシェアも可能で、Zara社は、ユーザーにホログラム(デジタル画像)を撮影しアップするよう勧めています。このテクノロジーは、購入した商品が配達されたボックスを包装紙の上からポップアップで見て中身を確認、さらに他の商品の見ることも可能、とされています。パイロット展開の結果が非常に楽しみです。

 (Spacee社のARテクノロジー 画像NRF提供)

  今回ARとくに興味深かったのは、後述する iLabで紹介された、Sapcee社のテクノロジー。リアルの世界(例えば売り場の商品)にデジタル投影(スーパーインポーズ)することによって、スマホや眼鏡などを使わずに、商品情報を得たり、双方向コミュニケーションをしたり出来る技術です。上の写真がその事例で、AI搭載の最新式サーモスタット製品(室内の温度調整器)の説明をデジタル投影で行っているデモです。この技術はすでにウォルマートの一部の店舗で使われており、家電機器のように細かい説明が必要な商品の販売に、大いに役立っているとのこと。在庫をミニマイズ出来、品減りもほとんどなくなった、といいます。ちなみにSapcee社は、“テクノロジーが人間の体験に自然な形で融合する将来を目指す”ことを唱っているスタートアップで、上記は同社のバーチャル・タッチスクリーン技術を使って、二次元、三次元の物体の表面を光線によるタッチスクリーンにして、人が作動やコミュニケーションすることを可能にするものです。

ARは今後拡大が期待されており、2020年には AR 経由の購買が1億㌦に達するとの予測もあります。 

iLab=新規技術の展示・デモ> 

iLabは、新規ソリューションの展示・デモのコーナーですが、今年は2020のリテーリング」として29社の展示、また「新興テクノロジー」コーナーでは、パイロットに入る前の段階のものを含む多彩なテクノロジーが展示されました。

 「2020のリテーリング」コーナーでは、テクノロジーを顧客の買物プロセスで5つの段階に区分して紹介。非常に親切だと感心しました。上の画像はそのレイアウトを紹介するパネルです。5つの段階とは:
 *認知 Awareness- 先に挙げたSpaceeなど、商品の提示や顧客インタラクションの技術など 

 *検討 Consideration- AI活用で自分に合うものを提示してくれるFINDMINEなど

 *エンゲイジ Engagement- 駐車場まで送ってくれる買い物ロボットのFive Element など

 *サービス Service- 家具据え付けやペンキ塗り等のプロを紹介するプラットフォームのhandyなど

 *購買後 Post Purchase- 返品プロセスを支援する「リバース物流」Optoroなど

 

 「新興テクノロジー」コーナーでは、ユニークな発想による 22 社のソリューションが紹介されました。

  (クレジットカードでドアを開ける無人ショップ)

 例えばAIによる無人ショップdeepmagic ―上の写真参照)、

ラグジュアリー製品の偽物見分けソリューション( entrupy―下の写真参照)。

そのほか、バイオ原料の3D印刷で服を作る、足のサイズの立体的測定ソリューション、などなど、まだ実験段階のものも含めて興味深い展示やデモでした。米国以外のスタートアップも多く、なまりのある英語が飛び交う様子は、まさしくグローバル化とデジタル化の時代、を痛感した次第です。

Posted on  |  カテゴリー: テクノロジー, ファッション・ビジネスの未来, リテーリング, NRF大会報告  | 

NRF 2018 レポート plus ② 「アマゾンの急拡大に挑戦する 大手 / 先進的企業」 


  アマゾンの急成長と急激な業態拡大は、小売業界に大きなプレッシャーをかけています。米国の小売り業は、大手はもとより先進的企業も、アマゾンの攻勢に立ち向かうべく、店舗の優位性を生かすデジタル技術の活用方法を模索し、顧客体験の質を高めることに懸命です。いわゆる自社流のオムニチャネル構築に努力しているのです。それは店舗かネットか、の議論ではなく、それらを合体させ、店舗でのショッピング体験を、ネットのように便利でシンプル、イラつくことが少ない親切なものにするための各種技術の実践です。

自転車で登壇したリーバイスのカーレイ社長 画像はNRF

 しかしそれは簡単な事ではありません。ウォルマート、リーバイス、ノードストロムなどの事例でその努力を、ご紹介したいと思います。アマゾンに挑戦する革新的企業の共通点は、 ①商品の革新/差別化、 ②デジタル/EC化=オムニチャネル、顧客セントリックの仕組み(パーソナル化も含め)、 ③デジタル技術がサポートする優れた顧客体験、 ④店舗/売り場の縮小と最適化、です。

 「尾原蓉子のNRF2018レポート」では、ウォルマートとリーバイスの事例を紹介しました。繊研新聞社の了解を得て下記に添付していますが、2社のチャレンジのポイントは次の通りです。

<リーバイス>

 リーバイスは、元からの小売業ではありませんが、強固なライフスタイル・ブランドとして、早くから小売展開を重視し、サプライチェーン革新のリーダーとして存在感を強めてきました。3年前のNRFでは、リーバイス社EVPでグローバル・ブランド社のジェイムズ・カーレイ氏が、ICタグ(RFID)を付けた製品と棚の上に取り付けたセンサーにより、顧客が商品を手に取ったり試着したり、あるいは売り場を持ち歩いたりするデータ、買上げのデータなどを、MDやオペレーション部門はもちろん本部の幹部までが共有できるシステムを紹介。欠品ミニマイズや適性在庫、売り場のレイアウトなどに役立てていると話しました。今年は同じカーレイ社長が新規開発製品を着用して登壇。新規製品とは、グーグルの“プロジェクト・ジャカード”が開発した、超細い導電性糸を織り込んだスマート・ファブリックを袖口に使った自転車通勤用ジャケット。タッチでスマホ的機能、すなわち電話やナビあるいは音楽を聴く、などが働くものです。彼は、ボブ・ディランの歌とGPSの音声ナビを流しながら、自転車でドラマチックに登壇しました。(画像参照)

 「オムニチャネルも、表(顧客との接点)はシンプルだが背後で高度なアルゴリズムを回している」とデジタルに力を入れるリーバイスですが、片方でライフスタイル・ブランドとして絶えず時代の文化の中にいることを重視し、エキサイティングなイベントを次々に企画。「顧客の期待に応えるのは勿論だが、期待されていない驚きをもたらすこと」で、150年ブランドを更に強化・発展させようとしています。カーレイ氏が “未来のブランド” としてあげた4つの要素は、①お客様への執着 (Customer obsessed)、②何かを信じている こと(Stand for something)、③ 絶え間ない革新と鮮度 (Constant Innovation and Newness)、 ④ 初めから最後までのシームレス体験を提供 (Delivering the seamless end-to-end Experience) でした。

<ウォルマート>

 EC化に後れを取ったウォルマートは、2016年から急速にネットビジネス強化に舵を切り、総合Eコマースのジェット・ドット・コム(Jet.com)、アウトドア衣料・用品のムースジョー(Moosejaw)、ビンテージ・スタイル婦人服のモドクロス(ModCloth)、ショールーミングの先駆者メンズウェアのボノボス(Bonobos)などのEビジネスを立て続けに買収Jet.comの創業CEOマークローリー氏をウォルマート米国Eコマース事業のCEOに任命。売り上げは、201724月の1四半期に63%増と急上昇。その後も好調に伸ばしたものの、2017ホリディの第4四半期は23%増と急減速し、現在は店舗中心に展開したオムニチャネルとネットでのホリディ・ビジネスとのバランスのとり方を学習中といった感じです。

 商品面では、ユニークなブランドの買収に加え、プライベート・レイベルのファッションを増強。米国アパレル売上 No. 1 のポジションを、2位のアマゾンを抑えてキープしたい、との意気込みが見られます。店内でのテクノロジー活用も、テスト中も含め、売り場巡回ロボット(在庫管理) 、デジタル投影で商品情報提供をするインタラクティブAR(拡張現実)の設置など多彩です。ARデジタル投影技術は、テック家電など詳しい情報を消費者が求める商品で奏功、陳列在庫もミニマイズ出来、品減りも削減できたといいます。(繊研記事の画像 Spacee 参照)  直近では、買物を便利にするスマホ対応アプリを開発、米国の全店舗4700に展開。店内をナビしてくれるもので、顧客は事前に自宅で必要な商品のバーコードをスキャンすることにより、買物の計画を立てることもでき、在庫切れの場合はその情報も送付されます。アプリについては、生鮮品の鮮度把握するアプリも開発し、それによる廃棄節約額が8600万ドルになったと報道されています。 商品の配送については、ネット購入商品の店舗ピックアップ(割引あり)、駐車場でのセルフ・ピックアップ、35ドル以上購入は会費なし2日以内宅配、 等を行っています。

 これらを実現するテクノロジーへの注力は並大抵ではありません。そのハイライト、Store#8については、下記の繊研記事をご覧ください。Store#8とはウォルマートのインキュベーション部門で、その責務は、“3~5年先に強力な事業”となるものを見極め育てることにある、と、次世代小売部門担当上級副社長 兼Store#8プリンシパルのロリー・フリース女史は言います。最近の発表では、同社は45日に、テキサス州プラノに新規のテクノロジー・センターをオープンし、すでに設立されている同州オースティンの技術センターとともに、店舗支援の新テクノロジーの開発に当たると発表。既存の技術者2000人を擁するシリコンバレー技術センターは、ECビジネスを担当するとのことです。

 売上高5000億ドル(約55兆円)の、世界一の小売業が、アマゾンとどのように闘うのか、アパレルビジネスの将来を左右するものがあると注視しています。

<ノードストロム>  

 パーソナル・サービスやオムニチャネルで業界をリードするノードストロムについては、既に多くの情報が日本にも入ってきているので、ここでは、新業態のNordstrom Localを紹介しましょう。Nordstrom Localプロト第1号として昨年10月、ロサンゼルスのメルローズにオープンしたのは、商品在庫はもたず、サービスに特化した約300㎡の、フルライン店の何十分の1という小規模のお店です。店舗の在り方が、これまでの “商品を並べて接客・販売・持ち帰り” の場 から、ショールーミングに代表される “ブラウジングと情報・アドバイス提供” の場に、そして究極的には 顧客のあらゆる問題解決”の場、に進化する過程を見る思いがする画期的なコンセプトです。この店からノードストロムが提供できるあらゆる商品やサービスをゲット出来るというもので、優れたサービスで知られるノードストロムを、新たなレベルで地元(ローカル)顧客に持ち込んだもの、といえるでしょう。(画像は Nordstrom Local)

 Drop-In Service and Style (ちょっと立ち寄るサービスとスタイル)とホームページでうたう Nordstrom Local は、“便利で時間節約サービスの、新しいワンストップ・ハブをチェックにいらしてください” と呼びかけています。実際にそのサービスは、ファッションからバッグ、靴など、ノードストロムが扱う全ての商品から、事前のリクエストにより準備したものを、アソシエイトがゆったりした8つの試着室でフルアテンドのアドバイスしてくれる。カスタムオーダー、お直し、パーソナル・スタイリングも可能で、メンズのトランク・クラブ(Trunk Club)も利用でき、アメニティとしてのネイルサロンやバー(ワインや地ビールを提供)もあるのです。

 商品は、2時までの注文ならその日のうちに宅配あるいはピックアップ可能で、ピックアップも、道路脇のカーブサイド(縁石)で車から降りずに引き取りができます。(カーブサイド・ピックアップはそもそもノードストロムが初めて開始したサービスですが、現在ではウォルマートやJCPも追従しています)。ロサンゼルスのメルローズ街とメルローズ・プレイスが交差するあたりでマーク・ジェイコブスの店舗もある静かなところに立地するこの店は、10分ほどの距離に、ライフスタイル・センターのザ・グローブや、センチュリーシティSCがあり、それぞれにノードストロムのフルライン店が入っています。これも、Nordstrom Localという新しいサービス機能を増幅するものと考えられます。 

 長年ノードストロムのファンである筆者にとっての極め付きは、“ネットで購入した商品は、どこのものでも返品業務を手伝います。郵便局の長い列に並ばないで済みますよ”です。ノードストロム以外で買った商品でも、それがノードストロム顧客に喜んでもらえることなら、喜んでやらせて頂きます、という同社の姿勢が、このNordstrom Localの神髄だと感じます。

 小売はローカル・コミュニティにフォーカスするのが最も効果的、と言われます。顧客のニーズを本当によく分かていて、それに対応することを徹底すれば、アマゾンに負けることはない、と確信します。 

NRF2018 尾原レポート 繊研新聞2月20日掲載

NRF2018尾原レポート 2月20日付繊研新聞

 

 

 

 

Posted on  |  カテゴリー: 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  |