<女性支援 WEF 記念シンポジウム 「新たな視点で ビジネスを立ち上げる」 >


 ファッション関連業界の女性活躍支援のために立ちあげた、一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション(呼称:プロジェクトWEF )が、設立一周年を迎えます。

 お陰さまで、この1年間に開催したシンポジウムやキャリア研修、ダイバーシティ/女性活躍推進者会議等、12のプログラム(それぞれ約3時間)は、延べ1000人を超える方々に参加を頂き、業界での「女性リーダーつくり」の動きを加速する事が出来たと、有難く思っています。

 今回の記念シンポジウムは、その一周年を記念するもので、722日(水)夕刻から開催します。

 

 テーマは「新たな視点で ビジネスを立ち上げる―イノベーションをリードする現場力」。

基調講演は ㈱ DeNA創業者で取締役会長の南場智子さん。パネル・プレゼンターには ㈱三越伊勢丹執行役員で立川店長の石塚由紀さんと、カルビー㈱ の上級執行役員の鎌田由美子さんです。 詳細は http://www.wef-japan.org/event/607.html をご覧ください。

 企画の狙いは、起業、新規事業に取り組み成功された講師陣に、イノベーションの精神や実践、クリエイティブ・チームをどう作り、リードするか、等について、体験を通じてお話しいただくことにあります。 

 WEFのシンポジウムは、3つの目的を持っています。

第 1 は――業界が直面する重要な課題について、新たな視点と方向性を提示すること。

 今回は、「新規事業・イノベーション」です。ファッション/ライフスタイル産業界は、いま、これまでの男性的発想と仕組みで動いてきたビジネスに、多様な価値観や生活者ならではの視点を取りこみ、現場力で「新たな価値創造」を実現することが不可欠になっているからです。

第 2 は――活躍する女性のロールモデルを紹介すること。

 日本で女性の活躍が遅れている大きな理由の一つは、ロールモデルが見えない事にあります。特にファッション関連業界には多様な職種や職能があり、また女性には男性以上に働き方に影響する、結婚や育児・介護といった様々な状況があります。その中で女性は、自身のキャリア目標と日常生活、つまりワークとライフをどうマネージする? という、難しい課題に直面します。しかしその課題への取り組み方、あるいは人生の生き方は多様です。WEFのシンポジウムは、女性が独自のキャリアを、主体性を持ってつくって頂くためのヒントを、多様なモデルから得て頂きたい、と願っています。

第 3 は――人生を生きる、考え方や信条、哲学、に触れること。

 成功する人達は、どのような考え方や信念を持って、目標を達成し、自分のキャリアを築いて行くのか。 人がしない事を実行する覚悟や度胸、あるいは壁にぶつかった時どのような判断をし解決に導くのか。それらを支えるものは? そんなことを学んで頂きたいのです。

 今回のシンポジウムは、女性のエンパワメントだけでなく、イノベーションへの展望を拓く、またとないチャンスになるものと考えています。男女を問わず、沢山の方に御参加頂きたいと願っている所です。