<ファッション・ビジネス留学: M B A でなく M P S 学位を重視する F I T の G F M>  


 ビジネススクールの学位で、MPS ( Master of Professional Studies ) をご存知ですか?

 ビジネススクール留学といえば、もっぱらMBA( Master of Business Administration ) と考える人が多いと思います。しかしファッション・ビジネスでは、ファイナンス(財務)や組織体のマネジメントだけでなく、消費社会やファッションの真の理解、クリエ-ション(創造活動)のマネジメント、製品開発を含むマーケティングやブランディング、など多岐にわたる専門的分野を束ねてのグローバル経営、がますます重要になってきています。

 MPSはその意味で、まさしく「実学の経営者養成コース」といえます。

 MPSを授与するFB(ファッション・ビジネス)関連大学院で、世界で唯一と思われるニューヨークのFIT(ニューヨーク州立大学 Fashion Institute of Technology )をご紹介しましょう。

(このGFMコースを紹介する「留学セミナー」が1121日(月)夜に開催されます。詳しくは、添付ご案内、あるいは日本FIT会のホームページ http://www.fitkai.jp/ をご覧ください) 留学セミナー第4回 チラシ(2016.11月21日開催)

 GFM( Global Fashion Management ) と呼ばれるこのコースは、3 年以上の実務体験を持つ社会人対象で、18か月(3セメスター)の過程終了で修士号が授与されます。毎年 178 名の選りすぐられた学生が、世界の 10カ国以上からニューヨークのFITに来て学んでいます。カリキュラムは、ファッション・マーケティングからアパレルの生産・ソーシング、デザイン活動、デジタル技術、などをカバーする、戦略やマネジメント、財務・法務(知財権やライセンス契約)など、FB のエグゼクティブに不可欠な知識と能力を身に付けさせる、現場体験を交えた実学の修士コースです。

 特にユニークなことは、通常の科目に加え、3週間の集中セミナーが、ニューヨークとパリ、そして香港で行われます。パリでは、ラグジュアリー・ビジネスを中心に、理論と実践を学びます。香港では、中国の産地にも足を延ばし、モノづくりとアジア市場を中心に学びます。これは、フランスのIFM (Institut Francaise de la Mode =産学連携大学 ) と、香港工科大学との 3 校のコラボレーションで実施されるものです。今年は初めて、研修に日本を組み込んでもらい、トヨタの工場見学や、東京のファッション市場の視察が行われることになりました。

 1121日開催の「留学セミナー」では、FITの大学院のトップ( Dean )と、GFM コース学科長なども来日し、またGFMに今在籍する 在校生や卒業生も、登壇し、体験談を披露することになっています。

 実は FIT/GFM コースには、ユニクロの奨学金(米日カウンシル TOMODACHIフェローシップ)が設定されており、過去3回開催したこのセミナーから5名の留学生が出ています。 日本からの海外留学生が非常に減っている現状を危惧し、日本FIT会では、このセミナーに力を入れています。

 GFMコースへの留学の最大の成果は、「世界のリーダーを目指す若者と親しい友達になること」と言い切る卒業生もいます。

 グローバル化と、そのための人材育成が叫ばれる中、できるだけ多くの企業、あるいは個人が、このようなチャンスを逃すことなく、個人の成長、企業の発展を目指してほしいと願っています。