< ニューヨークの日系人会で講演して思う  ニューヨーク50年の変化 >


新年早々の、1月13日、ニューヨークで「女性実業家の会」で講演する機会をいただきました。
演題は、 『 Fashion Business―未来は予測するものではなく、創るもの』 ―日米ファッション産業の発展・成熟の50年史から未来を見る。 ーグローバル時代の日本企業と個人の課題― 。
主催は日系人会 (Japanese American Association)の「女性実業家の会」(代表・石田圭子氏)で、ジャパン・ソサエティの桜井本篤理事長も来て下さり、男性も含め100人を超える在ニューヨークのビジネス関係者が参加くださいました。「女性実業家の会」運営委員の平山幸江さん(小売コンサルタント)や、日本FIT会ニューヨーク支部長の杉本佳子さん(繊研新聞ニューヨーク支社長)のお声がけにより、FITをはじめとする大学在校生や卒業生も多く、参加者皆さんの熱意が会場に満ちあふれた会でした。参加者からも、多くの刺激やインスピレーションをもらった、と言っていただき、嬉しい、また貴重な体験になりました。(下記リンクは、講演会に関する記事)

1月21日号 「週刊NY生活」 週刊NY生活 page12 (「週刊NY生活」は日本人に役立つNYのニュースやコラムを掲載する高質のフリーペーパー。発行人&CEOは三浦良一氏) スピーチ中の尾原ビデオ: https://youtu.be/UOgwVmm4-RQ
一番感動したのは、女性がみな元気なことです。日本で出会う女性よりも伸びやかな感じがしました。日本の外に出て、言葉はもとより文化や慣習の異なる外国で、キャリアを進めている、あるいはその努力をしている女性たち。日々の苦労も並大抵でないと思いますが、自分のキャリアの進め方や、考え方について積極的に意見を求める人。言葉のハンディや日本人特有の「控え目」から抜け出せない悩みにアドバイスを求める人、あるいは、将来は日本での仕事を求めるべきかどうか迷っている人などが、次々に話にきてくれました。皆、将来はさらに成長して、いろいろな分野のリーダーになる人たちだと感じ、心からGood Luck! 、ご健闘を祈ったことでした。
実はニューヨークは、私のキャリアの原点ともいえる街です。初めてニューヨークを訪れたのは1956年、AFS高校交換留学生として1年をミネソタ州で過ごした後、その年の世界各国からのAFS留学生総計800名超が、首都ワシントンに集結した後、ニューヨークに5日間滞在しました。エンパイアステートビルをはじめとする摩天楼に圧倒された記憶が鮮烈です。
キャリアとしては、FITに留学したのが今からちょうど50年前で、ファッション・ビジネスへの道にコミットするベースになりました。50年前の、1967年のニューヨークは、本当に華やかでした。5番街にはオシャレなファッション店と世界の航空会社(当時の花形企業)のオフィスがひしめいていました。バーグドルフ・グッドマンやティファニー、サックスは今も健在ですが、DePiena や Bonwit Teller、Best & Co.、 B. Altman などの上品なファッション専門店や百貨店は、無くなってしまいました。代わりにいまは、H&M や ZARA、UNIQLO などが存在感を誇り、アップルやマイクロソフトの旗艦店が人であふれている、5番街になりました。
ボンウィット・テラーは、実は私が FIT の Co-Opプログラム(正規のミニ・インターン)で6週間実習をした店です。当時はサックスと並び称される、オシャレな老舗の大型ファッション専門店で、販売員もプロフェッショナル。それでいて親切で、コミッション販売のノウハウを教えてくれたものでした。それがなんと、建て直されてトランプタワーに! そのオーナーが、何とアメリカ大統領に! まさしくディスラプションの時代の到来です。
執務開始早々から話題・難題を振りまくトランプ大統領が率いるアメリカが、今後、どのような展開を見せるか。ここにも時代の転換点があります。
次回は、NRF(全米小売業大会)のハイライトをご紹介しましょう。