<故 吉田春乃さんの功績を偲び、あらためて日本女性の活躍を願う>


 元 BTジャパン社 CEOで、女性活躍推進組織 「ウィメン20」(W20)の共同代表でもあった、故吉田春乃さんのお別れ会が、9月6日 盛大に行われました。

実は私は、鎖骨を骨折し、このブログも含めて数ヶ月休ませていただいていたのですが、仕事復帰の第一弾が、奇しくも吉田さんの偉業を再確認し、吉田さんのご冥福を祈ると共に、日本女性のこれからの活躍をあらためて祈念する機会になりました。 

 吉田春乃さんは、慶応大学を卒業。入社直前に大病にかかり内定先の大手企業への就職を断念。病の克服後、やっと仕事を得た外資系企業に入ってカナダに渡り、米国や英国も含めたテレコム(通信)関連企業でキャリアを築かれました。その間お嬢さんを出産、離婚も経験され、シングルマザーとして、実力社会のグローバル企業で強靱な仕事への信念と姿勢、そして多大な実績を積み重ねられて、2012年、BT (British Telecom) ジャパン日本法人の社長・CEOに就かれました。

 2015年には、日本経団連初の女性役員に就任。米フォーチュン誌が選出する「世界の偉大なリーダー50 (2017年)」で、唯一の日本人として選ばれたこともあります。

 この間のご苦労はいかばかりだったか。   にもかかわらず吉田さんは、いつもおしゃれで魅力的。お気に入りのアルマーニで威厳と気品を漂わせ、9センチのピンヒールを履いて女性らしく、しかし  パワフルに堂々と行動する女性でした。

 WEFでも、2015年シンポジウムで基調講演者として登壇いただきましたが、そのメッセージには強いインパクトがありました。 「シングルマザーでも、アメリカやイギリスで活躍できたのは、営業をやったから。営業は実績が数字でしっかり出る。これを目指して仕事を取りに行った。営業をやりたい女性がもっと増えることが重要」 と。

 亡くなられたのは6月30日、心不全だったとのこと。3月には W20 共同代表として女性に関する政策提言をまとめ、6月29日に G20サミット(20カ国・地域首脳会議)の政府主催イベントで、「女性が経済的にエンパワーされると、持続可能な開発目標(SDGs)の他の項目も改善される」と熱弁をふるった閉幕の日の翌日でした。「大阪から世界をよりよい社会に変えよう」と訴えておられたのです。

 「多くの女性が経済力を持ち、自分が良いと思うところにお金を投じることができれば、市場は活性化し、よりよい社会につながる」 というのが持論でした。そのために、女性たちを常に啓発し、沢山のメッセージを残してくださっています。

◆    どんな時にも、Graceful な自分でいよう

◆    自分に自信を持とう、そうすればチャンスが現れる

◆    斜め上を見て、口角を上げて笑ってごらん。前向きのことしか考えられないでしょう

◆    Belief を変えよう。そうすれば Behavior が変わる

◆    怖いのは挑戦している証拠。あなた自身の価値に気が付いて!

◆    KEEP YOUR HEELS, HEAD AND STANDARDS HIGH

              ―― ヒールと、ヘッド(頭)と、そしてスタンダードを高く

◆    世界を変えようと思うなら、自分自身を変えよう

  直近では、お嬢さんの結婚を機に昨年8月、BT社と経団連を退任し、英オックスフォード大大学院に行かれて、働く女性の増加によって生まれた新しい市場規模の数値化などを研究しておられたと聞きます。まだまだご活躍頂き、ロールモデルとしても、指導者としても、学ばせて頂きたかったのに、と本当に残念です。

 死因は心不全、ということでしたが、お父様のご挨拶では、不整脈があり、医者にも注意するように言われていた、とのことでした。自分の身体よりも、社会のこと、女性のこと、そしてプロフェッショナルとしてのキャリアを全うしようとする気持ちが、強かった吉田さんでいらしたのだと、あらためて敬服し、またお身体をいたわって下さっていたら、との詮無い思いもつのります。

 心からのご冥福をお祈りいたします。