2021年 新年のご挨拶


新春のお慶びを申し上げます  202年元旦

本年が皆さまにとって、健康で穏やかな一年になりますように。

2021年が、苦労を強いられた2020年からの決別と、新たな飛躍の年になることを念じつつ、読者の方々の益々のご活躍をお祈りします。

昨年は、人と自然の関係について、深く考えさせられた年でした。野生動物や気候変動、食物の獲保と繊維ファッション原材料の両立、再生/再利用やシェアリング、などなど。  また、クリエ-ションや歴史・文化が人の心を躍動させたり、安らかな落ち着きをもたらす大きな力になることにも、改めて気づきました。私自身、コロナ禍のStay Homeに努力しつつ、細心の注意をはらって 「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」 に 出向き、草間彌生や村上隆や杉本博司など日本が誇る芸術家たちに感動し、あるいは、はとバスの「秋風かおる東京紀行」で日本文化や江戸情緒を楽しんだりの、日本再発見をしました。

Covid-19パンデミックで、日本でもようやくデジタル・トランスフォーメーションも始まりました。拙著 『Fashion Business 創造する未来~ グローバリゼーションとデジタル革命から読みとく ~』 で強調したディスラプション(創造的破壊)が加速する事も、不幸中の幸いです。

恒例のNRF(米国小売業協会 )BIG SHOWは、1月12日からリモートで開催されます。今年はコロナ後の世界に向けてどのようなメッセージが発信されるのか、楽しみです。

 本年が、新しい未来に向けて、好奇心と革新への挑戦に満ちた年になりますように、あらためて祈るお正月です。

                                                                          尾原蓉子