<FBのNew Normal (新しい常態)⑥> 「ファッション・モデルは理想体型が条件?」


 ファッション・モデルは、「細身」で「9等身」の「プロ」でなければいけないか?

 これを疑問に思っていた人は多いと思います。ましてや私のように小柄で、さらに、ある有名デザイナーが「ショーに使った服は、一般の人にはサイズが合わなくて売ることは出来ないわ。まあ、モデルに上げちゃうか、安い値段で譲ってあげるか、ですね。」というのを聞いた時には、「何という無駄!」と思ったものでした。 そもそも一般人の体型とかけ離れた背丈のモデルに合わせた服をショーで素敵に見せておきながら、実際に販売するのは、小さく作り直したサイズ、というのは、詐欺に等しい行為だと思います。 (ついでに言えば、何故ほとんどのランウェイ・モデルや有名店の広告やカタログが、いまだに西洋人モデルなのか。顧客が日本人なのだから日本人モデルを、というだけでなく、これは西洋崇拝や日本人の自信の無さの表れだと、残念に思っています)

 これに関して最近嬉しいニュースがありました。

 先週パリのギャラリー・ラファイエットが開催した世界最大のファッション・ショーのモデルが、一般公募による人たちだったというニュースです。ギネスブック公認の世界最大ファッションショー第3回は、9月18日17時に、同百貨店とオペラ座の間のオスマン大通りをランウェイに開催され、一般公募による400人のモデルが150メートルのランウェイを自前のファッションで歩いた、ということです。繊研新聞によれば、ビューティはカリスマ的ヘアメークアーティスト達が担当、モデルクラブからコーチも招き、DJ をつとめた個性派女優ロッシ・デ・パルマは、「トップモデルの専制にさよなら。このショーは個性派ぞろいよ」 と声援を送り、会場を沸かせたそうです。

 第二は、Vogue 誌の「ファッション・モデル宣言」です。

ファッション雑誌のリーダー、VOGUE (ヴォーグ)の出版元であるコンデナスト・パブリケーションズ社が今年の5月3日、モデルの痩せすぎと年齢問題への対策(声明)を発表しました。声明は、世界19の国・地域で展開するVOGUE誌の編集長・19人の連名で出され、摂食障害があるとみられるモデルは使用しない。またモデルの事務所にも、モデルの健康状態とボディマス指数(体脂肪指数)のチェックを呼びかける、というものです。また、16歳未満のモデルとは契約しない方針も発表し、これにより、編集ページで起用するモデルは“16歳以上の健全なモデル”に限定されることになります。
 もっとも摂食障害は、スペインでは1997年ごろから問題になって居り、スペイン政府は、すでに5―6年前だったと思いますが、モデルに若年者を使わない年齢制限と、一定体重をクリアせねばならないことを決めています。

 第三は、米国のファッション専門店 J. Crew  が、今年の秋のキャンペーンにはプロのモデルやセレブを起用せず、様々な分野のキャリアで成功しているファッション感度の高い人達を、広告やウェブやカタログに登場させていることです。モデルになる人たちは、雑誌のエディターやファッション・ディレクター、MOMA(近代美術館)の開発ディレクター補佐、メディアミックス・ブログサービス企業 Tumbr の創業者&CEO、米国癌学会の広報ディレクターなどなどで、「顧客と文化一般にインパクトのある人達に登場してもらった。彼らはクオリティとディテールを重視する。顧客はそれに共感する人たちです。わが社はセレブ志向ではありません」 と同社のマーケティング最高責任者は語っています。

 嬉しいのは、ファッション小売業の厳しい競争の中でリードを続ける J. Crew  が、このように、リアルで実質的なアッピールを重視していることです。

そもそも、リアル・モデルは、日本ではヤング・ファッションの世界で TGC が先鞭をつけたものでした。しかしそこでも、高級ファッションショーのモデルほどではなくても、矢張りやせ形、スリムなボディが重視されているようです。

 日本人高校生に関する最も新しい調査によれば、高校2,3年の女子で、平均体重から「痩せすぎ」と見なされる人の数が 5年前の約 1.5 倍になった、と文部科学省が 2011 年度の学校保健統計調査の結果を発表しています。(2011,12.9付け朝日新聞) 減り幅が最も大きかったのは16歳(高2)で、前年度比0.3キロ減の52.4キロであったといいます。痩せすぎとは、標準体重の80%を下回る「痩身傾向」をいい、文科省は「過度のダイエット志向が原因かもしれない」と述べています。そうだとすれば、日本の将来にとって本当にゆゆしき問題ですね。

 ファッションにリアル性と 「ほんものであること」  が求められ、またプロとアマチュアの差がどんどん狭まっている現在、ファッション業界も、この問題をしっかり考えねばならない時に来ていると思います。