<水野典子さんの『布絵』展  心温まる、布と針の手仕事>


 「NUNOEの世界」という展覧会に行って感動しました。  NUNOEとは「布絵」の事で、キルトでもパッチワークでもない、布を使ったアートですが、その創造的なデザインの発想と細かい手仕事には、心温まるインパクトとパワーがありました。

作者の水野典子さんは、女子美術大学産業デザイン科工芸(織物)を専攻された主婦ですが、子育てをしながら、日常生活や周りの自然をタピストリーや手芸の布絵にしてこられ、 クロワッサンの『黄金の針』賞など、多数の賞を受賞している方です。 展覧会は、「THEMIS」誌創刊20周年記念の後援で、銀座の文芸春秋画廊において開催されています。(11月17日(土)まで)。

水野さんのそもそもの布絵創作は、古着を使った子供服や袋物へのリメイクでした。それが30年前に、タピストリーのコンクールがあると知り、テーマが「音楽」だったので、クラシック好きの御主人のために創作した「わたしのオーケストラ」でエントリーし、クロワッサンの『黄金の針』賞に入選したのが布絵の道のスタートだったといいます。  ちなみに水野さんの御主人は、旭化成の役員を務めて居られる方で、典子さんは “企業戦士の家庭を守る主婦”として、当初は「サラリーマン」をテーマとした作品が多かったそうです。

その後、テーマは周りの自然や、日本の懐かしい田舎の情景、海外旅行で訪れた各地の情緒あふれる風景、などなど、多様に広がり、展覧会場には約100の作品が展示されています。 ご関心の向きは、是非展覧会をご覧ください。

(右画像は「わたしのオーケストラ」 縦横1.5メートル。カタログ「水野典子の布絵の世界」から)

 

 作品を見て私が感動したのは、つきのような理由からだと思います。

1.日常の生活、家族、自然に対する、作者の温かい目線

2.多種多様な布地(再利用が多い)を優れた創造力と手芸の技でアート作品にしていること

3.女性が、主婦・子育ての環境下で何が出来るかを考え、自分の道を開拓されたこと

 ファッションの世界では、いま、「服が売れない」 ことが問題になっています。しかし、このような創作活動にふれて感動する人は多いと思います。そして 「こんな物に囲まれた生活がしたい」 とか 「私も自分の手で、身の回りのものを創ってみたい」 と思う人が増えていることを感じます。

 アート、手仕事、クラフトの重要性は、先進諸国で広がっています。たとえば米国の Etsy という名のウェブサイト。これは主にハンドメイドの雑貨などを扱うネット販売のサービスです。小額の掲載料を支払うことで作品を出品することが出来、掲載商品の購入希望者はネットのシステムを通じて決済もできる。商品の送付や質問などは売り手・買い手が直接やり取りする。といった仕組みです。2005年にスタートし、現在1500万人の登録会員を持って居り、その利用者は世界150以上の国々に広がっている、といいます。

震災を経験したから、というだけでなく、デジタル時代、機械化された、せわしない日常の中で、人々が「人のぬくもり」、「手仕事の柔らかさ」、「創造的デザイン」を求めていることを、私たちは真剣に考えてみる意味があると考えます。

(「日本が世界に誇れるもの」の続きは次回に)