<「TOMODACHI イニシャティブ」―ケネディ米国大使のレセプションに招かれました>


 「TOMODACHI Initiative」という日米をつなぐ官民共同のプロジェクトがあります。そのレセプションが、新任のキャロライン・ケネディ米国大使主催で開催され、日本FIT会会長として、尾原蓉子が招待されました。ユニクロ(ファーストリテーリング社)が、FITを含む米国の3大学院向けの奨学金を設置しているのも、このプロジェクトです。

    ケネディ大使とアイリーン・イノウエ氏           (大使公邸でのレセプションにて)

 「トモダチ・イニシャティブ」は、東日本大震災後の日本の復興支援のために、米国政府と米日カウンシルの主導でスタート、日本政府および日米の企業、団体、個人から支援を受けて活動しています。 その使命は、教育、文化交流、そして指導者育成といったプログラムを通しての、日米の次世代のリーダーに投資する官民パートナーシップにあり、日米の若いリーダー「TOMODACHI世代」の育成を目指すものです。会長は、アイリーン・ヒラノ・イノウエ女史(米国の著名な ダニエ ル・イノウエ故上院議員の夫人)です。

  キャロライン・ケネディ大使は、日本人が非常に親しみを感じている父親のジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺から50年という節目の年、しかも11月に着任されました。 その後早々と、東北の被災地や長崎を訪問されるなど、日本人の心のひだにふれる行動で、多くの日本人の共感を得て居られる事は、ご存じの通りです。 レセプションでの大使のスピーチでも、日米の絆の強さとその重要性を強調され、また同席した「トモダチ・イニシャティブ」で米国に留学をした十数名の高校生に対しても、その愛情あふれる目が、彼らを心からサポートされている様子が良く伝わりました。 レセプションでは、今年新たに「TOMODACHI Initiative」の戦略的パートナーとなった日本企業6社の紹介や、留学した高校生代表の英語でのスピーチもありました。

  キャロライン・ケネディ大使は、初めての米国女性大使ですが、その気取らない、それでいて凛とした、自信に満ちたエレガントさに、私は多いに感銘を受けました。 大使として素晴らしい活躍をされることと、大いに胸がときめきました。私からは、日本からの若者の留学推進、に加え、日本のビジネス界における女性の活躍、そしてCool Japan /日本のファッション に、理解とご支援を頂きたい、とのお願いをしました。

  FITGFMコースを含む、3大学院(FIT、スタンフォード、パーソンズ)などに奨学金を設置している 「TOMODACHIUNIQLO フェローシップ」については、下記をご覧くださると、来年度の奨学生募集関連の情報と今年の受賞者の紹介もアップされています。興味のある方は、ぜひ応募下さい。

http://usjapantomodachi.org/ja/programs-activities/tomodachi-uniqlo-fellowship/