< NRF(米国小売業協会)大会 リポート② 2020 年小売りの 10 トレンド>


 2020 NRF 大会リポートの2回目です。 先週、繊研新聞に掲載された「尾原蓉子の全米小売業大会リポート」を読みたいと言って下さった方、有難うございます。下記でpdfがご覧になれます。→尾原蓉子の20年NRFレポート (繊研新聞 2020年2月21日掲載)

2020 NRF大会テーマ 「2020 Vision」のロゴ

 今回のNRFリポート第2弾は、「2020年小売りの10トレンド」 のご紹介です。 NRF(全米小売業協会)は、Stores という専門誌を出しています。この雑誌が 月の NRF大会に先立ってまとめたもので、業界有識者や調査機関に加え、ニューヨーク大学の著名教授、スコット・ギャロウェイ氏 ( 『GAFA―四騎士が創り変えた世界』 の著者)などが、気候変動や経済の不透明性、シェアリング経済などの議論の中から小売りのトレンドを集約したものだといいます。先回ご紹介した、

  「Wi-Fi と電池残量が、ついに“マズローの基本ニーズ改訂版”になった」 

   との強烈なメッセージは、この「10大トレンド」 紹介の冒頭を飾った言葉でした。

 

2020年小売りの10トレンド> (◆は、尾原の追加コメント)

1.   消費者はユーズド/リコマースに貪欲 →2022年には410億ドル市場になる(18年は240億) ――かつての倹約・価値志向ミレニアル世代の動きが全世代に拡大。   ◆自社の中古品を扱うブランドも増加。ラグジュアリーECでは、トップ3社売上の40%が中古品。サステイナブル意識も。

2.  サプライチェーン・アジリティ(柔軟/スピード)への投資が勝敗を分ける →実店舗のネットワークが一つの統合物流センターに ――AIによる効果的運営/コスト削減  サステイナブル/トランスペアレント対応も重要

3.  2020の成功は、信じられないレベルの体験の提供で →ストーリーを語りエモーショナルにコネクトーー「経験」を絶えずリフレッシュすること。インスタ疲れが起きている  ◆鍵は、「また来たい」と思うストア体験

4.  愛される” DTC(メーカー直販)ブランドを兜の頂点に掲げよ →際立つ差別性が不可欠――オンライン戦略をオフラインでも展開 ◆参入と利益への窓は狭くなっている

5.  トリガーとなるキーワードは、ウェルネス、健康、CBD(カンビナス=大麻 →2019年市場50億ドル) →ウェルネス/健康はウォルマートでも既に大ビジネスーー ◆カンビナスの3桁の上昇に注目。規制は?

6.  箱から飛び出せ:“ぼやけた境界線”が行動のキャッチフレーズ →チャネル/業界を越える ――小売りはホスピタリティ、ヘルス、レンタルなどに拡大 ◆意表を突く協業も

7.  パーソナル化は継続的課題 →懐疑論者が横目でにらむ成功企業も登場(RTR、Stitch Fixなど)――発注時だけでなく発注後(使用)のデータ(フィットや着用感)も獲得 ◆AIの活用が、次なる提案の精度をあげる。パーソナル化指標ではセフォラがNo.1

8.   ビデオ/AR(拡張現実)などがカギ →見ることが買上を誘導する ――ビデオ・ストリーミング(ShopShopsのインフルエンサー・ストリームは米国から海外へ)も浮上 ◆テレビ番組から食材ショッピングと調理法解説も

9.  消費者は 性自認(ジェンダー・アイデンティティ)/ダイバーシティ/インクルージョンを重視するブランドを支持 →人称代名詞(They, She, He, Xe, We)をどう使う?―― ◆「ジェンダー・ニュートラル」のトイレや人形の拡大

10.   3Dが導入事例の拡大で最前線に →3Dバーチャル・プレゼンや3D 印刷 ――◆アパレルのサンプル作りのコストや時間削減、売り場レイアウトのバーチャル企画による最適化など

 日本では、まだまだ、というものもありますが、先行指標として大いに参考になると考えます。

                                                                                         リポート② End

Posted on  |  カテゴリー: ファッション・ビジネスの未来, 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  | 

 < NRF(米国小売業協会)大会、愛称 Big Show から 最新情報のご報告 >


 恒例のNRF(全米小売業大会)、Big Show に今年も参加してきました。今年で 35 回目の参加、その間、1 年も休むことなくです。自分でもよく続いたな、と感心すると同時に、それだけ時代の変化が激しく、参加するたびに新たな刺激と方向性が得られるからだと痛感します。

 本日の繊研新聞に、「尾原蓉子の2020年全米小売業大会リポート」として全体感が掲載されました(7ページ)。「Wi-Fi と電池残量が、ついに“マズローの基本ニーズ改訂版”になった」(NRF Stores誌)のメッセージが強烈で、新たなエコシステム構築へ向けての大きなうねりを感じる大会でした。デジタルとフィジカルの融合と小売業のサービス化がビジネスをどう変えるか?を中心に書いています。ご覧いただけると嬉しいです。

 今年は例年以上にエキサイティングで、新たなビジネスモデルの台頭や、イノベーション事例、驚くような戦略、テクノロジーの開発・拡大など、大いに啓発されました。女性CEOの登壇が目立ったのも、嬉しい変化でした。

NRF Big Show 会場風景

 このブログでは、NRF 2020の色々なテーマを少し掘り下げて、シリーズで紹介します。今回は、今年の大会の概要と総括。次回以降、小売りの2020年 10 トレンド、注目した講師のメッセージ、フィーチャー企業としてノードストロム、RTR、など、となる予定です。

 第109回NRFNational Retail Federation大会は、2020年 1月 12~14日の 3 日間、 ニューヨークのジャービッツ・コンベンションセンターで開催されました。12万㎡貸切りの会場に参加したのは、4 万人超で過去最大。海外からも約 100カ国、10,500人が参加。日本は過去最大の 525人(昨391人)―ブラジル 1881人、フランス 940人、英国576人に次ぐ第 4 位で、例年よりも存在感がありました。展示会場への出品企業は 800社(昨年700社)。

 今年のテーマは、Vision 2020」。巨大な変化と激化する競争の中、企業の成功、というより生存条件が、ビジョンをもち、その実現に果敢にチャレンジすること。ビジョンといっても、単なる業績(売り上げや利益)だけではなく、現代の世界が直面する社会問題にどう取り組むか。例えば、サステナビリティ、人間/人権重視、企業の倫理性やトランスペアレント(透明性)などに、自社はどう取り組むか、といった意思表明です。ヨーロッパを席巻している、とでもいうべき地球環境や気候変動の問題に、米国も遅ればせながら取り組む機運が出てきました。

 セミナー総数約190の中から、尾原が注目した講師とテーマを上げましょう。  

 ■ 開会基調講演――小売りの未来(マイクロソフトCEO Satya Nadella) →小売りが生み出す毎時 40 テラバイトのデータをどう活用するか!

 ■ ビジョナリー賞受賞のコールズ社ミシェル・ガス社長との対話 (CEO Kohl’s、CNBC)

 ■ サービスとしての小売業(RaaS)―-DTCやスタートアップに場を提供(Neighborhood Goods CEO、PSFK)

 ■ 経験経済で勝利する――高まる顧客期待値に目標値もあげる(CEO Rent the Runway、Crate & Barrel、Enjoy)

 ■ 今日の小売りビジネスで人間性を高めることとは――(Starbucks社長&CEO、NRF社長)

 ■ 好奇心・独自性・妥協なし――スタイリング・サービスStitch Fix社COOとの対話(Recode、Stitch Fix)

 ■ 顧客の条件に合わせたサービスを――ノードストロム社エリック・ノードストロム氏(Nordstrom Co-CEO、NBC)

 ■ リ・コマース革命――小売りの未来をアップサイクルする(Urban Outfitters CDO、ThreadUp社長、ReBag CEO)

 ■ ショッピングの未来が招く――Immersive(没入)、Reimagined、Revolutionary(Showfields CEO、AREA15 CEO)

 ■長い試合に勝つ――低成長の世界でサステイナブルな収益性を追求(Under Armor 創業者CEO K. Plank)

 ■ 中国的スピード ――アリババ米国トップと中国展開を加速するallbirds

 ■ ビジョナリーなブランド構築――Goopブランドの裏物語:女優Gwyneth Petrowとインフルエンサー

 ■ ピンタレスト CEO共同創業者 Ben SilbermannとRecode共同創業者 Kara Swisherの対話

 ■ 小売りの仕事(ジョブ)は何故いい仕事なのか?――ウォルマートUS CEOとMIT教授

 ■ より強い未来を――革新に投資:Master Card CEO

 などがありました。                      NRF 報告 ① End

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  | 

「Purpose に導かれて」――日経ARIAに インタビューが掲載されました


 『日経ARIA』をご存知でしょうか? これは、40-50代の働く女性向けのWEBメディアです。 「女性の活躍」 の議論になると、20代、30代の女性が中心になりがちですが、今までありそうでなかった 40-50 代で向けのウェブメディアが生まれたことを嬉しく思います。

その『ARIA』を含む働く女性のためのウェブメディアを総括しておられる 日経xwomanの羽生祥子総編集長のインタビューで、尾原の想いを語らせていただきました。3回シリーズの掲載で、各回のテーマは

(1)困難の乗り越え方を考えることは楽しかった (掲載済み)
(2)ライフシフトには働く目的と「資産」が必要   (掲載済み)
(3)リーダーは「地図よりコンパス」で道を示して (来週掲載予定)

リンクは https://aria.nikkei.com/atcl/column/19/012800152/ です。

「ARIA(アリア)」とは、オペラ用語の「独唱」。舞台の中央でスポットライトを浴び高らかに歌い上げる、そんなイメージでの命名だとのこと。米国の高級百貨店ノードストロムにも、かつてEncore(アンコール)という売り場があり、サイズもちょっと太目で華やかなカクテルドレスなどが並んでいました。

2014 年に私が設立した WEF(一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション)での女性の活躍の実態調査でも、女性は年齢と共に、いくつかの異なるステージを進みます。20代は、キャリアの出発点。新しい仕事に意欲を燃やし、懸命に仕事に取り組みます。30歳前後には、結婚・出産・子育てといった問題など、キャリアと両立させるには覚悟と創意工夫、周りの理解と協力が不可欠なステージに入ります。

そして 40代、50代。女性活躍推進の視点からは、上級管理職あるいは役員、経営者への道を進むことを期待される半面、現実的には立ちはだかる壁にも直面する。また人生のちょうど中央、折り返し地点に立つことから、これまでの生活を振り返り、やりたかったこと、悔やまれること、など振り返る機会も増えます。同時に、新たにやりたいことが湧き出てきた人も、子育てから解放される人も、世のしがらみに縛られないで自由に飛び立ちたい想いが強まった方もあるでしょう。

 人生をどう生きるか? これは、人それぞれが自分の選択をする、という意味で、自己責任の世界です。

 願わくば、“Purpose(目的)”をもって生き、この世から旅立つときに、「ああ、私の人生、よかったな」 と思えるものにしたいと、私は考えています。

(次回からは、米国小売業大会、NRF2020 Big Show のハイライトをシリーズでリポートします。)

 

 

Posted on  |  カテゴリー: キャリア, 女性とキャリア  |