NRF2021リポート ③  < 2021年 小売の10トレンド >


 2021年の小売業トレンド予測を、NRF(米国小売業協会)が大会前の12月11日に公表しています。NRFリポート③ではそれをご紹介しましょう。コロナ襲来からほぼ1年。ネット販売の急成長 (2021年1月の米国ネット販売は前年対比29%アップ)、DX =デジタル・トランスフォーメーションの急進展 (NRFは10年分を9か月で達成と)、働き方の変革と起業意識の拡大、などをかみしめながら、この10トレンドを次なる飛躍の鍵として、考えてみたいと思います。

 NRFはまず、昨年同社が予測した2020年小売りトレンドをレビューし、「“小売サプライチェーンの大変革”、“再販/リコマース”、“顧客ジャーニー向上の革新的手法開発”、の予測は的中した。しかし2020の最大の学び(=変革)は、Eコマースへの急激なシフトであった。「消費者は意欲的にネットショッピングに取り組み、小売業はテクノロジーを駆使して新アプリなど顧客ニーズに対応する新手法で顧客ニーズに対応。コンタクトレスやフリクションレスの言葉が拡散、従来の壁を破る企業が勝利しつつある」、と解説しています。

小売2021予測10トレンド:継続するもの・変わるものは?

以下に、NRFによる予測トレンドと解説を紹介します。加えて尾原のコメントも<加筆>しました。(画像はフルサイズ・ファッション DTCのHENNING)

①    DTCが新カテゴリーになった ニンブル(素早く軽快)な彼らは、それぞれの「パーパス(存在目的)」をテコに、顧客のこだわりに照準を当て、完成形へと注力中。完成型といえる、Stitch Fix, Glossierを目指して、Allbirds Casper が躍進中、と。  尾原コメント<コロナ拡大で消費者の意識や働き方が変容、新たなニーズが生まれている。命と生活への価値観が変わる中、失業などの影響もあり、起業する人が急拡大している。すべての成功は難しいだろうが、失敗が次の飛躍になることも、、>

②     未来はマルチチャネルへ ブランドは異業種、異業界とのパートナーシップ拡大。Everlane Birdiesがノードストロムと連携したり、Headspace Spotifyとパートナーを組んだり。コロナのおかげでトップが目覚め、スピード、復元力、対応力向上のため5Gなどへの投資が拡大、今後も継続。  <社で進めるオムニチャネルとは別な次元で、マルチチャネル化が進んでいる。テクノロジーの多様な活用もあり、5Gの帯域幅とスピードアップが必要となる>

③   リバース・ロジスティック技術への投資突出 より持続可能なサプライチェーンへ。多くの実験が進む=ダークストア(店を商品販売でなく在庫フルフィルメントセンターに)、ゴーストキッチン、マイクロ・フルフィルセンター、SCが物流センターになる、など。返品コストを軽減する方策も。サステイナビリティは2020年やや失速気味だったが、CO2削減もふくめ、長期的には主要目標。  <サステイナビリティでは欧州に後れを取っている米国だが、パンデミックの落ち着きと共に、戦略的課題としての取り組みが、社会意識の強い企業の主導で進むと思われる>

④   ライブストリームが舞台中央へ デジタル11エコシステムの急成長分野。2021年には倍増=$1200億になる、と。デジタル・サヴィーな顧客は、商品だけでなくブランドとの繋がりを求めている。  <リアルでなくても、あたかもリアルのよう流れる動画で、双方向のコミュニケーションをしながら、気に入れば即購入ボタンも押せる。ブランドと個客のつながりが深くなれば、非常に大きな販売/エンゲイジメント手段になる>

⑤    ロボット活用 食品配達・自動配達車はもはや新規ではなくなったが、トップの座を占めるのはまだ。実験加速、コスト低減が期待される。店内ロボットはビジネス課題解決ため、データ収集とプロセス構築へ。ドローンは省エネ、サステイナブル手段として可能性大。  <ここでも多くのスタートアップが創意工夫の開発を進めている>

⑥    SCは顧客心理に合わせ進化を コロナ後に顧客を取り戻すには、エキサイトメント不足で旧態的な百貨店アンカーの重層構造モールではダメ。顧客心理に合致する小型環境が重要。SCをシニアハウスや医療施設、コミュニティカレッジなどへの転換するのも一案だが、地元の反発がないように。  <消費者の意識はローカル(地元)に向いている。地域密着で住民のハブとなるSCを> 

⑦    タッチフリー技術が主流に バーチャル試着室、デジタル鏡とSNSをつなぐインタラクティブでパーソナルな体験など。ARによるバーチャル試着は返品率の減少に貢献。資生堂のお肌チェック、日本企業の足で踏む自動販売機、アマゾンのpalm(=手のひら)支払いAmazon Oneは、認知、入力、支払いが1アクションで完了、など。  <コロナ収束後も、便利さとともに衛生観念を身につけた消費者は、コンタクトフリーを好むと思われる>

⑧    ソーシャル・コマース(SNS)の成長が他業態を超える 面談困難の中、SNSが特権感覚、買物と支払をフリクションレスで行える手段として拡大する。2020~2024間に年平均上昇率31%、売上額2兆ドルになるとの予測も。シームレスの新たな意味に。フェイスブック、インスタグラム、Twitch、TikTok、ピンタレスト、ショッピファイ、などがリーダー。  <拡大するSNSの世界的支配力には、恐怖心すら感じるが、良い面を活用しながら必要な改善や規制を進めねばならない

⑨    オンデマンド生産で顧客対応 これまでも言われてきたがあまり実行されなかったオンデマンド生産は、顧客のニーズに合わせ受注生産するので在庫のミニマル化が可能。サステイナビリティの潮流にも合致し、地元生産拡大の可能性も秘めている。優れたデータとそれを最適に活用するテクノロジーが課題。ZARAが見本だが、DTCも素早く学習中。  <日本は島精機のホールガーメント編み機などのテクノロジーや産地の製造技術を持っている。これを何とか活用する体制を、小規模メーカーが消滅しないうちに確立し、世界をリードしたい。それには発想の転換とDXが不可欠>

⑩    デジタル・トランスフォーメーションは出発点 2020は、必要に迫られて、ネット購買、カーブサイドピックアップ、フリクションレス支払い、その他の多様なアプリの開発が進み、9か月で10年分のDXを達成した。これは出発点。2021はこれを、いかにオムニチャネル・エコシステムに組み込み収益性に繋げるかだ。EC・店舗・SNS の全てで顧客とスムーズに繋がることができる企業が、消費者にとってのオムニ存在となる。鍵は5G。リモートワークで学んだとおり、安定した途切れない通信と帯域幅が不可欠だからだ。  <米国で急進したDXは戻ることのない新たなエコシステムづくりへと進化を続けている。そのスピードの速さ。またそれが、血流でいえば、大動脈レベルではなく、毛細管レベルの活性化、つまり消費者と商品/サービス提供者間の細かなインタラクションで起こるようになっている。5Gの重要性もあらためて痛感する>

 デジタル・トランスフォーメーションでは大幅な遅れを取っている日本が、一日も早く新たな発想とテクノロジーの活用で、時代の先を見据えたエコシステム構築に取り組むことを切に願っています。                      End

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  | 

NRF2021リポート②    <リーダーは前線から、ビジョンと信念をもって>


 NRF2021大会リポート第2弾は、コロナ・パンデミック禍におけるリーダーシップについてです。人の安全確保とビジネス維持という困難を、強い信念とビジョンをもって闘ったリーダーの代表例として、基調講演 「ビジョンの力で 小売りと顧客体験を再構築する」 の講師、ロウズCEOを中心に、紹介しましょう。

  感染拡大の脅威と先行き不透明の中、「緊急事態宣言」や「外出禁止」のもとで、リーダーはどのように直面する課題を見極め、主要な課題にフォーカスし、優先順位を付けてチームを率いたのでしょうか? 様々な講師が、「先が全く見えなくても、朝令暮改も厭わず、前線に立ってリードした」、「命の脅威にかかわること、緊急なことなど、優先順位を明確にして臨んだ」、「大きな方向転換を迫られたとき、社として重視する原則(プリンシプル)に立ち戻り、決断した」、「ブランドとしてのパーパスが軸になった」 などと述べています。自らも感染の恐怖に脅かされながら、社員と顧客の安全を確保しつつ、スタッフの不安をいかにやわらげ前向きに必要な業務を遂行してもらうか。現場責任者から 経営トップに至るまで、リーダーがチームと一体になって必死に戦ったことが、ひしひしと伝わってきました。 

基調講演者の マービン・エリソン氏(ロウズCEO-右)と NRF社長マシュー・シェイ氏(左) 

テーマ:「ビジョンをもって、前線からリードする」 ――講師:ロウズCEOとウェイフェアCEO

 米国 第2位のホーム・インプルーブメント(住宅リフォーム・生活家電)小売りチェーンを展開するロウズ(Lowe’s)。年間売上721億ドル(7.6兆円―2019年)、1946年創業で現在30万人の従業員をひきいるCEOのマービン・エリソン氏に NRFのマシュー・シェイ社長がインタビューする形でセッションはスタートしました。後半には、ウェイフェアWayfair=急成長するホーム関連オンライン小売り)CEO・共同創業者のニラージ・シャー氏とブルーンバーグのマシュー・タウンゼント氏の対談もありました。

 ロウズCEO M・エリソン氏は、小売り経験豊かな経営者

 しかしエリソン氏は、就任2年で今回のコロナパンデミックに直面。就任時に、「基本に立ち戻り、優れたオペレーションに焦点をあてた」 事で評価されている氏は、ビジョンについて問われると、「それは家を建てるようなものだった。健全で強固な基盤が必要だったが、実態は旧態依然の状態。デジタル化が遅れており、顧客にEレシートすら出せない、店頭のシフトを顧客ニーズと販売スタッフの生活スタイルに合わせて調整することも出来なかった。Eコマースは、10年遅れのインフラを使っていた。」 

 「どの会社にも共通なことだが、トランスフォーメーションに際しては、優先順位を決めることが非常に難しい。わが社は優れたブランドを持ち財務諸表も優良な大企業であったが、私が集中投資をしたのはビジネスの基盤作り。しっかりした土台に、上部構造を速く構築し、安定させることだった。それを2年続けた。その2年のおかげで、コロナが襲来しても、“ステイホーム”という前例のない需要に、エッセンシャル・ビジネスとしてフルに対応出来た。 この時、Eコマースとオムニチャネルに大胆な舵を切っていなければ、コロナで大量の店舗休業を迫られた2020年は、どうなっていたか、想像もつかない。 この努力のおかげで、ロウズは 2020年第 3 四半期に昨対売上 30%アップを達成した。」

 コロナ対応では、エリソン氏は、スタッフとコミュニティ、そして小規模企業の支援に注力しました。「私はテネシーの片田舎の貧しい労働者階級の家庭で7人兄弟の真ん中で育った。その経験から、1日でも働けない(収入がない)日があれば必要な支払いにも困窮することをよく知っている。我々に何が出来るのか?と自問し、自社の支援者(Constituency=関係者)たち、すなわちアソシエイツ(社員)や取引先の小規模ビジネスに対して、2020年を通じて11億ドルを投じ、直接的な財務支援を行った」 といいます。

家具・ホーム関連のネット小売り、ウェイフェアは、テクノロジーでスタート。テクノロジーの重要性を強調

 ウェイフェアは、ロウズとはまったく異なる軌跡をたどりました。家具などホーム関連分野のネット販売に大きな可能性を見た創業者のニラージ・シャー氏は、周囲が疑問視する中、信念を持って2002年に創業。企業価値は3年前の70億ドルから240億ドルになり、2020年12月の売り上げ140億ドルを見込まれる成長を遂げている企業です。

 彼はテクノロジーの重要性を強調します。会社が軌道に乗ったら、それをよりよく維持するには? の質問に対して、シャー氏 は、「テクノロジーが、継続的な改善・改良の重要な要素だ。早期の段階でテクノロジーをフルに取り込み自社のビジネスに組み込んでおけば、やがてテクノロジーなしでは達成出来ないことが可能になる。その上で、顧客が欲するものを考える賢さを持っていれば、あなたは顧客が価値あると考える仕事が出来る。これは好循環が直線的につながるプロセスだ。 うまく取り込まれたテクノロジーと従業員は、よりよい顧客体験に繋がり、それが顧客をハッピーにし、それが企業を成長させる」。 ウェイフェア社では、同社従業員1.7万人のうち1万人が顧客サービスか物流業務についています。その人たちがテクノロジーを駆使出来れば、確かに顧客満足に直接貢献できると思われます。しかし同時に氏は、「これは容易なことではない。Eコマースは厳しいビジネスだ。企業は全てにおいてうまくやらねばならない。マーチャンダイジングが上手くてもロジスティクスはもう一つ、というのでは駄目だ。うまくやれていない部分が、成長を制約する。上手くやれていることで、それを補うことは出来ない」、とシャー氏は言います。

鍵は顧客が何を望んでいるかを理解し、それを、テクノロジー支援で提供すること。

 二人の講師は、口をそろえて、このことを強調します。エリソン氏は、「未来に目を向けると、自問すべき唯一の問いは、自社の顧客にとって何が最も良いことなのか? だ。 これがテクノロジーの真の役割だ」

最も効果的なテクノロジーは、誰にも見えないこと

 テクノロジーの最も効果的な役割は、誰にも見えないこと。「顧客が気づくことは、簡単でイージー(易しい)ということだけ 。スタッフが気づくことは、システムがうまく動いてくていることだけだ。 それが、優れたイノベーションなのだ」、とのエリソン氏の言葉は、コロナ禍を超えて未来へと前進する、まさしく “ビジョナリー” のものでした。        End

Posted on  |  カテゴリー: テクノロジー, リーダーシップ, NRF大会報告  | 

NRF2021リポート① <レジリエンス そして〝共に前進 (Forward Together)″!


 恒例の米国小売業大会(NRF・BIG SHOW)の 第111回。 今年は 開催を2回に分け、Chapter I は1月12日にバーチャルで開幕、6日分のセッションをとびとび日程で開催して、22日に閉会しました。  バーチャル開催は、セミナーだけでなく、最新技術やサービスを紹介するエキスポ、AIを駆使したビジネス・マッチングもオンラインで提供するという、これまでに例のない形式です。

 毎年開催されてきたコンベンション会場のジャービッツ・センターは、昨年3月のロックダウン以来コロナ対応の緊急病院(病床1000床)になっていました。6月のChapter II は巨大展示スペースを含め同センターでのリアル開催が予定されていたのですが、今度はコロナ・ワクチンの接種会場になるとの理由で、これまたバーチャル開催に急遽変更、と先週になって発表されました。Covid-19、すなわち新型コロナウィルスの爆発的拡大が、こんなところでも大きなダメージをもたらしていることを、あらためて痛感します。

NRF2021 第111回テーマ ”共に前進” 基調講演では Looking Forward Together

テーマ:〝Move Forward Together 共に前へ動こう″

 昨年は、〝ビジョン2020”と新たな時代への飛躍を高らかにうたったNRF大会でしたが、前代未聞のコロナ・パンデミックに揺さぶられ、まずは生存をかけた厳しい闘いを進めつつ、いま、トンネルの先に見えはじめた光を目指して、〝共に” そして〝前に“ 進もう、とするテーマです。大会は、米国小売り企業のダイナミックなエネルギーに満ち溢れたもので、改めて米国の起業家スピリットに感銘を深くしています。

 開催されたセミナーは約135セッション、講師は大手経営トップからテクノロジー専門家まで約340人、うち40%が女性幹部であったことも、注目すべき前進です。ほとんどのセッションで、まず講演者あるいはその企業が直面した困難にどう対応したのか、企業/個人としての存続・生存、特に社員と顧客の安全と健康確保にどう取り組んだのか。   さらに前例もお手本もないパンデミック危機下での創意工夫、その中から次なるステージへの道筋が見えてきた、といった体験事例や、新たな学びの紹介がありました。その中に、未来へ向けて、今何を考えているのか、も、多く紹介されました。

 講演は大きく3つに分類され、「基調講演」、「フィーチャード・セッション」、「平等(Equality)ラウンジ」となっています。以下、私が注目したものを取り上げ、ご紹介しましょう。

①   開会挨拶・基調講演―「小売のレジリアンス(しなやかな反発力)と、共に前に進むこと」

開講挨拶と講演 NRF会長 キューレート・リテイル・グループCEO、マイケル・ジョージ氏

  NRFの今期会長を務めるマイク・ジョージ氏(Qurate Retail Group社長・CEO)の開講挨拶は、まず1月6日の首都ワシントンでの議事堂乱入についての想いのこもったメッセージ、「われわれは、米国を建国以来支えてきた民主主義に誇りを持ち、政府への信頼と憲法への忠誠心を回復して、分断ではなく統一への努力をせねばならない」 で始まりました。そして、「私たちはコロナ・パンデミックとの戦いにコミットしている。2020年には、この並外れたチャレンジに対して、社員や顧客の安全、雇用の確保と経済発展の支援に取り組んだ。そして今年は、2021年とその先に向けて、 “共に” 一丸となって、小売業を新たな高みに押し上げる年にする自信をもっている」 と。米国小売り業界は、売上3.9兆ドル、直接雇用3200万人、人口の4分の1 (5200万人)の生活をサポートする米国産業のバックボーンであることも、あらためて強調しました。
  20分のプレゼンテーションでしたが、ジョージ氏は、2020年を通じて米国小売り産業の貢献をたたえ、エッセンシャル・ワーカーとして営業を続けた店舗関係者をねぎらい、その間に猛スピードで変革が進んだことも リテール企業の〝レジリエンス″、すなわち、しなやかな反発力として、高く評価しました。氏があげた変革とは、たとえば、ソーシャル・ディスタンティングやコンタクトレス・ショッピングなどの仕組み、限られた人数での店舗運営の工夫、ECの急拡大とそれに伴うカーブサイドピックアップや短時間宅配、  家具などの3Dショール―ミング、混雑回避のオンライン予約システム、物流センターでのロボット活用、などなど、計画を何年も前倒しで実現した偉業とも言えるものです。  それは米国小売業の〝顧客対応重視”姿勢の所以であることも、強調しています。小売り企業の地域コミュニティへの貢献、たとえば、無料配達や医療従事者への割引、生活困難者への食品提供や医療支援のためのファンドレイジング、などにも言及しました。
 氏はまた、キューレイト・リテール・グループ社がNRFと組んで、コロナで苦境に立たされた小規模ビジネス 40 社以上を支援したプロジェクト〝スモールビジネス・スポットライト“ も紹介しました。同社の傘下にはテレビショッピング由来のQVCやHSN、そしてスマホ ECで急成長した Zuillyがあり、これらのプラットフォームで小規模の起業家たち――その多くはコミュニティ密着の企業――の存続を助けたのです。人種差別問題、ダイバーシティ/インクルージョン/平等についても、その解決に小売業が取り組まねばならない、と話しました。

 講演の最後を氏は、「小売りの未来」 としてNRF財団が取り組む、若手発掘コンテストの受賞者の紹介で締めくくりました。

  2020 年の全く予想もしなかったコロナ・パンデミック襲来は、わずか1年の間に、私たち個人の考え方やライフスタイル、社会の在り方を大きく変えました。そのチャレンジに正面から取り組み、複数の講師が “ロードマップを 5 年(あるいはそれ以上)繰り上げ達成した”と表現するほどのスピードで変革を進めた米国小売業の底力に感服します。  と同時に、業界のリーダーが、さらに未来へ向けて、自社の業績ばかりでなく、企業に課せられた社会的責任を意識し全うすることに、ビジョンをもって取り組んでいることに、深い共感を覚えました。

 日本のコロナ禍は、米国に比較すればダメージが少ないことで、このまたとない大変革のチャンスを無為に見過ごしてしまうことが心配です。NRF大会のように、経験した苦悩や生存への工夫、未来への期待、などを語り合う場を、業界団体や心ある企業が主導し、日本の小売りビジネスのトランスフォーメーションと未来へ向けての発展を促進することを願わずにはいられません。

 次回から、学びが大きかったセミナーを順次 紹介します。          End

 

Posted on  |  カテゴリー: イノベーション, 小売ビジネスの革新, NRF大会報告  |