< サステイナビリティとエシカル精神が、ファッション・ビジネスの未来を創る >


 国連が提唱する SDGs(エスディージーズ)が世界的に注目されています。SDGsは、「持続可能な開発目標」 Sustainable Development Goals)の略称で、20159月国連総会で採択された、『我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ』 による 17項目の具体的行動指針です。向こう15年の、新たな“持続可能な開発の指針”であり、ダボス会議(世界経済フォーラム)でも、大きな議論を呼びました。

 ファッション・ビジネスもいよいよ、サステイナビリティやエシカルといった、地球と人間にやさしい精神と行動、成果を上げなければ、人々に愛される企業、あるいは産業になれない時代になりました。

  WEF11回目の公開シンポジウムは、この視点から未来を見据え、

 『FBの未来に欠かせないエシカル精神とは-サステイナビリティ志向の思いやりと透明性-

のテーマで、12月12日夜に開催します。 詳細は→ http://www.wef-japan.org/event/1035.html

 講師には、慶応大学の蟹江憲史教授 (自らの研究会でSDGsプラットフォームを立ち上げ、SDGsが向かう道筋を模索している方)、サステイナビリティの先駆企業である米国パタゴニアの日本支社長 辻井隆行氏、そしてオーガニックコットン事業の草分けとしても著名な社会起業家である㈱アバンティ の 渡邉千恵子社長を迎えます。最後にWEF理事の生駒芳子氏の司会で、3者のパネルディスカッションも行われます。

  ファッション・ビジネスは今大きな変容を迫られていますが、それを促す4大潮流は:

1.  人々の意識と価値観、行動の変化

2.  テクノロジーの膨張(特にデジタル・テクノロジー:AI、AR/VR、IoT、3D印刷など)

3.  ビジネスのグローバル化と巨大な新規市場の成長

4.  企業の社会的役割の増大      

これらは『Fashion Business創造する未来』 (尾原蓉子著)の第一部 第2章で取り上げた巨大潮流ですが、このうち、1 、3 は、既にファッションのビジネスにも明解に表れ始めています。

 しかし、4 番目の「企業の社会的役割の増大」については、まだ、特に日本では、関係者の意識が非常に希薄です。これは、これまで言われてきたCSR(企業の社会的責任=Corporate Social Responsibility)の域を超えた、多方面(後述のように国連のSDGsでは、17の領域)での企業の良心に基づく行動への要請なのです。

  ファッション産業は、地球への負荷が 2 番目に大きい産業といわれます。流行を無作為に追い、売れなかったものは廃棄する、の繰り返しは、もはや許されなくなってきました。また時代は、ファッションに限らずあらゆる産業に、「利益追求だけではなく、社会の問題を解決する、あるいは、地球や自然の保全を意識し、持続可能なビジネスを構築する」ことを求めています。倫理的で人にやさしいビジネスであることも、です。

 SDGsが採択した17の行動指針とは、次のようなものです。

1.   貧困をなくそう

2.   飢餓をゼロに

3.   すべての人に保健福祉

4.   質の高い教育をみんなに

5.   ジェンダー平等を実現しよう

6.   安全なトイレを世界中に

7.   エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

8.   働きがいも経済成長

9.   産業技術革新の基盤をつくろう

10. 人や国の不平等をなくそう

11. 住み続けられるまちづくり

12. つくる責任つかう責任

13. 気候変動に具体的な対策を

14. の豊かさを守ろう

15. の豊かさも守ろう

16. 平和公正をすべての人に

17. パートナーシップで目標を達成しよう

 企業はこれらのうち、取り組めるものから始めることを期待されています。ユニクロを展開する日本の先進的企業ファーストリテイリング社では、2016年から4つの目標を掲げていると聞きます。ちなみに、ZARAなどで世界展開をするスペインのインディテックス社は、全項目の達成を目指しています。  世界経済フォーラムの2017年3月20日付の発表によれば、2015年時点の算定値からの進展が大きい国は、149カ国のうち、1位がスエーデン、2位がデンマーク、3位ノルウェーと北欧勢が占め、ドイツが6位に入っています。日本は18位でした。

 SDGsの目標は、遠大です。しかし今から始めなければ、ファッション・ビジネスの未来はないでしょう。心ある企業の積極的取り組みに期待します。

WEFのシンポジウムにも、是非お誘い合わせてご参加ください。

Posted on  |  カテゴリー: エコ・サステイナビリティ, ファッション・ビジネスの未来, 未分類  | 

< 転換期の ファッション・ビジネス - 消費者行動の変化に理解を >


  『ファッション・ビジネス 創造する未来』 を繊研新聞社から出版してから、ほぼ 1 年が経ちました。

  ―グローバリゼーションとデジタル革命から読み解くー という副題を付けたこの本は、多くの方に共感を頂き、日本のファッション・ビジネスに今求められている 「ディスラプション(創造的破壊)」 の動きのきっかけを作ったように感じています。ファッション・ビジネスの巨大な転換点に立って、“この本を書かねば、私のキャリアは全うされない” との想いで、年の年月をかけて執筆した甲斐があったと、いま痛感しているところです。

 嬉しいことに、日経新聞の923日付け 「今を読み解く」 欄、『変革期のファッション・ビジネス』でも、冒頭で紹介されました。執筆者は、現在、日本マーケティング学会会長を務めておられる中央大学の田中 洋教授です。

日経記事「今を読み解く」 尾原著書の紹介 2017.9.23 掲載

 冒頭の文章は:

「ファッション・ビジネス」という用語を1968年に日本に最初に導入したのは後にIFIビジネススクールを興した尾原蓉子だった。ファッション・ビジネス(FB)が有望な市場と考えられたのは 90  年前後である。当時の日本ファッション協会の設立趣意書にみられるように、FBとは、アパレルに止まらない生活全般にかかわる概念としてとらえられ、大いなる可能性が信じられていた。

現在、尾原はファッション業界に「破壊的革新」を起こさなければ未来はないと著書で断じ、例えばシェアリングやレンタルのような「フロー」型ビジネスへの転換が必要だと断じている。(『ファッション・ビジネス創造する未来』、繊研新聞社2016年)

 このコラムでは、他にも、業界の現状をつぶさに紹介する 『誰がアパレルを殺すのか』 (杉原淳一・染原睦美著 日経BP社2017年)、『ザ・ファッション・ビジネス』 (明治大学商学部編 同文館出版 2015年)などの著作も挙げられています。いずれも、「インタビュー記事」や「講演録」として筆者も想いを語っている本です。

  他に紹介されている本としては、『ファッション・ビジネスの進化』 (大村邦年著 晃洋書房2017年)、『カブフェレ教授のラグジュアリー論』 (同文館2017年)もあります。

 田中教授はまとめとして、「ファッション・ビジネスの破壊的革新を導くためには、I T の仕組みを徹底的に活用しながら、消費者の新しい行動様式を理解する必要がある」   と述べています。

 未来へ向けてのファッション・ビジネスは、成熟社会であっても、A Iやロボットが日常生活に浸透する時代にも、人々にワクワク感をもたらし、心を豊かにし、個人のライフスタイルや個性の表現する手段として、重要な役割を持つものだと、私は信じています。その根底にあるのは、消費者の新しい行動様式を理解することです。個人としての顧客(個客)、あるいは、これまでと全く異なる価値観を持つ、ミレニアル世代やZ世代の理解です。

 この観点から、旧態を脱し、テクノロジーを駆使して、「新しい時代のファッション・ビジネスを創造する」 ことに取り組みたいと、改めて感じます。

 

 

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, イノベーション, ファッション・ビジネスの未来  | 

<西脇産地で若手デザイナーたちが活躍―旧態システムの創造的破壊で新時代へ>


 日本最大の先染め綿織物産地、西脇に行ってきました。地場産業の育成と発展のために設立された、(公財)北播磨地場産業開発機構が意欲的に取り組んでおられる活動の一環である「地域ブランド戦略」の講演会講師に招かれたからです。

 そこでの嬉しい発見-デザインを学んだ15人の若者が、地元の支援で日本各地から移住し、伝統的な(言い換えれば旧態依然な)ものづくりと販売の仕方の革新に取り組んでいること-を、ご紹介します。このプロジェクトについては、8月15日の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)でも放映されたので、ご覧になった方もあるかもしれません。紹介された事例は、それまで全く考えもつかなかった、“縦糸に100番単糸(非常に細く切れやすい糸)を使い、しかも色がグラデーションになるよう整経(経糸を並べて織機にかけるビームに巻き取る)し、緯糸を甘く打ち込んで広幅のソフトタッチのストールを創る” チャレンジです。出来上がったストールは、59グラムという軽さ。百貨店での試販でも、大好評だったそうです。(写真 ㈱播の製品) 他にも色々なチャレンジが進行しています。

㈱播で 移住修業中のデザイナーが開発した100番単糸使いのストール

 明治時代から第二次大戦後まで、日本の外貨稼ぎの筆頭であったテキスタイル産地が非常な苦境に立たされています。“播州織“で知られる西脇産地もご多分にもれず、特に1980年代中頃の円高とアパレル生産の海外シフトにより、 現在の出荷額はピーク時の4分の1に縮小しているとのこと。世界の有名ブランドや日本の主要デザイナー向けの、先染めチェックやジャカード、二重織りなど、いまも続いているものもありますが、ピーク時には総生産量の80%を超えた輸出も現在は15%を割り込んでいます。西脇に限らず日本のどの産地でも、高度成長時代に組み上がった“大量生産”体制と、それを支えた産地の複雑な分業の仕組み、商社や産元依存の賃加工仕事、などを抜本的に革新し、独自性ある商品を自ら開発し、出来るだけユーザーに直接販売することにより、コストダウンとスピードアップ、情報共有を進める必要に迫られているのです。

 この窮状に風穴を開けたいと西脇市は、片山象三市長のリードで 「ファッション都市構想」 を打ち出し、新規就職・人材育成のサポートによる、産地の活性化・革新に取り組んでいます。「ファッション都市構想」 は、デザイナーなどをめざす若者の西脇地区への移住と最終製品の開発を狙うもので、2015年度にスタート。現在15名の若者(うち13名が、東京や大阪などのファッション専門教育機関でテキスタイルやデザインを学んだ者の移住)が、産元商社や機屋などで働きながら現場での生地作りを学んでいます。支援プログラムには、就職先の紹介と、市から企業に対しての、給与の一部(10万円)と住居代の一部(最大5万円)が支払われるようになっているとのこと。さらに、同市にこの春完成したコワーキングスペース、“コンセントを、月額 3000円で会員になって鍵を預かり24時間好きな時間に利用できる特典、等があります。コンセント会費は受け入れ企業が負担するケースもあります。 (画像下は、工房”コンセント”の外観) 

コワーキングスペースの ”コンセント”

 この工房、 “コンセント(写真)は、西脇商工会議所が西脇市から約600万円の補助を受けて整備し、現在は西脇TMO(西脇商工会議所)が運営しているもので、シンプルながら、アパレルCADなどのデザインシステムをはじめ、工業用ミシン5台、刺繍ミシン、家庭用ミシン3台、プロッターカッター、などの機材が並んでいます。人台や撮影用カメラ、ファッションやデザインに関する書籍のコーナーもあります。

夜遅く訪問した時には、㈱播で修業中の 鬼塚創さんが一人で試作品の撮影にに励んでいました。鬼塚さん(左画像)は、先にご紹介したストールを企画開発した、昨年入社の山梨県出身、文化ファッション大学院大学卒業生です。

 この西脇産地の取り組みは、世界でもトップレベルにある日本の生地づくりの技術を、これまでにない“破壊的創造”により、時代の変化に対応しようとするものであり、北播磨地場産業開発機構理事長と西脇商工会議所会頭を務めておられる齋藤太紀雄氏の熱意にも感銘を受けました。今後はさらに、時代の変化に“対応”するだけでなく、“新しい時代を創る”ために、ネットやデジタル技術を活用して、これまででは考えつかなかったような、画期的な製品やビジネスモデルが生まれることを期待しています。

 「未来は予測するものではなく、創るもの」 の想いで書き上げた、拙著 『Fashion Business 創造する未来』 が、昨日(9月23日)、日経新聞の 「今を読み解く-転換期のファッション・ビジネス」 の欄で紹介されました。ファッション業界だけでなく、日本経済全体にとってファッション・ビジネスの変革が期待されているのです。

 経済産業省のクールジャパン政策課が主催する 「ファッション政策懇談会」 (筆者が座長を務めています)でも、日本人デザイナーの世界への展開支援と、そのための、クリエ-ションとモノづくり(産地)をつなぐプラットフォームの構築について日本を代表する錚々たる委員の皆さんによる議論が進んでいます。

 新しい時代に向けて、若々しい発想と行動力ある人たちの活躍を待っています。

Posted on  |  カテゴリー: FB産業構造, テキスタイル, テキスタイル産地の革新, ファッション・ビジネスの未来  |