<水野典子さんの『布絵』展  心温まる、布と針の手仕事>


 「NUNOEの世界」という展覧会に行って感動しました。  NUNOEとは「布絵」の事で、キルトでもパッチワークでもない、布を使ったアートですが、その創造的なデザインの発想と細かい手仕事には、心温まるインパクトとパワーがありました。

作者の水野典子さんは、女子美術大学産業デザイン科工芸(織物)を専攻された主婦ですが、子育てをしながら、日常生活や周りの自然をタピストリーや手芸の布絵にしてこられ、 クロワッサンの『黄金の針』賞など、多数の賞を受賞している方です。 展覧会は、「THEMIS」誌創刊20周年記念の後援で、銀座の文芸春秋画廊において開催されています。(11月17日(土)まで)。

水野さんのそもそもの布絵創作は、古着を使った子供服や袋物へのリメイクでした。それが30年前に、タピストリーのコンクールがあると知り、テーマが「音楽」だったので、クラシック好きの御主人のために創作した「わたしのオーケストラ」でエントリーし、クロワッサンの『黄金の針』賞に入選したのが布絵の道のスタートだったといいます。  ちなみに水野さんの御主人は、旭化成の役員を務めて居られる方で、典子さんは “企業戦士の家庭を守る主婦”として、当初は「サラリーマン」をテーマとした作品が多かったそうです。

その後、テーマは周りの自然や、日本の懐かしい田舎の情景、海外旅行で訪れた各地の情緒あふれる風景、などなど、多様に広がり、展覧会場には約100の作品が展示されています。 ご関心の向きは、是非展覧会をご覧ください。

(右画像は「わたしのオーケストラ」 縦横1.5メートル。カタログ「水野典子の布絵の世界」から)

 

 作品を見て私が感動したのは、つきのような理由からだと思います。

1.日常の生活、家族、自然に対する、作者の温かい目線

2.多種多様な布地(再利用が多い)を優れた創造力と手芸の技でアート作品にしていること

3.女性が、主婦・子育ての環境下で何が出来るかを考え、自分の道を開拓されたこと

 ファッションの世界では、いま、「服が売れない」 ことが問題になっています。しかし、このような創作活動にふれて感動する人は多いと思います。そして 「こんな物に囲まれた生活がしたい」 とか 「私も自分の手で、身の回りのものを創ってみたい」 と思う人が増えていることを感じます。

 アート、手仕事、クラフトの重要性は、先進諸国で広がっています。たとえば米国の Etsy という名のウェブサイト。これは主にハンドメイドの雑貨などを扱うネット販売のサービスです。小額の掲載料を支払うことで作品を出品することが出来、掲載商品の購入希望者はネットのシステムを通じて決済もできる。商品の送付や質問などは売り手・買い手が直接やり取りする。といった仕組みです。2005年にスタートし、現在1500万人の登録会員を持って居り、その利用者は世界150以上の国々に広がっている、といいます。

震災を経験したから、というだけでなく、デジタル時代、機械化された、せわしない日常の中で、人々が「人のぬくもり」、「手仕事の柔らかさ」、「創造的デザイン」を求めていることを、私たちは真剣に考えてみる意味があると考えます。

(「日本が世界に誇れるもの」の続きは次回に)

Posted on  |  カテゴリー: エコ・サステイナビリティ, スロー・ファッション, 手作り  | 

<日本が世界に誇れるもの ② 「日経ビジネス特集から見える日本の強み」>


今年のノーベル医学生理学賞を、IPS細胞(人工多能性細胞)の作製に成功するという画期的な快挙で、山中伸弥京都大学教授が受賞したことは、久しぶりの誇らしいニュースでした。優れた着眼と発想、そして長年の地道な研究の成果を讃えたいと思います。

日本には、我々が日ごろあまり意識していないことで、非常に多くの誇るべき技術や製品やサービスがあります。

日経ビジネスが「世界に誇るニッポンの商品100」特集(10月15日号)を組み、そのことを日本人にあらためて気付かせてくれました。読まれた方も多いでしょうが、特集の冒頭メッセージも、100選の商品と解説も、久しぶりに世界へまた未来への展望を持った力強い内容で、「さすが日経」と拍手を送ります。(日経ビジネス 10月15日号表紙)

冒頭のメッセージを紹介しましょう。

   「ニッポン ブランドの存在感が失われつつあると言われて久しい。

   かつて世界を席巻した電気製品の輝きは色あせ、

    様々な分野の商品が新興国製に取って代わられている。

   日本の商品やサービスはもはや、世界で通用しないのか――。

   改めて世界を見渡せば、多くの人に愛されている日本の商品がある。

   その中には、グローバルでトップの地位を得たものや、  

   世界が抱える課題の解決に一役買うものも含まれる。

   何よりこれらには、これまで培ってきた「日本の強さ」があふれている。

   世界に誇ることが出来る商品に、日本の未来がある。

経済低迷の中、日本企業はグローバル展開に活路を見出そうとしています。しかし、これまで乗用車や家電製品などの大型成功事例を日本の力と見て来た多くの日本人やメディアが、そこから抜け出た視点や発想を持つことが難しいのが実態でした。そのなかでこの記事は、世界のニーズを細かく現場的に見極め、地道に、しかし日本ならではの技術とまじめなモノづくりや問題解決への取り組みで、ニッチ・ビジネスを成功させている多くの事例を紹介しています。

 100選の中には、ハローキティからガンダム、ゴスロリ、あるいはユニクロや無印良品、コンビニといった、ファッションや流通関係者にはなじみの深いものも含まれています(Part 3、Part 4)が、これらは次回以降にして、今日は特集の全体構成と、Part 1 について書くことにします。

 「世界に誇るニッポンの商品100」「誇る商品」を4領域に分けて紹介しています。

Part 1: 「日本発」が難問を解決する ―世界を救う商品・サービス (17事例)

Part 2: シェアトップつかむ秘密 ―世界で売れる商品・サービス (22事例)

Part 3: 日常に入りこむ「ニッポン」 ―世界の暮らしを変える商品・サービス (41事例)

Part 4: 安全・快適・愉快を売り込め ―日本の未来を創る商品・サービス (20事例)

 これらは日本の強みをよく捉えた分類であり、この4領域の商品やサービスを熟読すると、違う業種のビジネスに携わる人も、商品開発やマーケティングの色々なヒントが得られるので、是非お薦めします。

Part 1 「『日本発』が難問を解決する ―世界を救う商品・サービス」で取り上げられているものを紹介しましょう。

ゲイシャ缶(サバのトマト煮の缶詰、安価な蛋白源としてアフリカなどでは知らぬ人はない)、救缶鳥プロジェクト(パンの缶詰、NASAの検査基準をクリア、スペースシャトルの食事にも)、VAPE(電気式蚊取り器)、浄水器・海水淡水化プラント用膜、水質浄化剤、リンパ系フィラリア症薬(熱帯病制圧に無料薬提供)、ナノパスニードル(痛みゼロをめざす世界一細い注射器)、内視鏡(消化器系がんの早期発見に貢献、世界7割のシェア)、家庭用血圧計、農業用トラクター、野菜の種子(ブロッコリーでは世界の6割のシェア)、味の素、地雷除去機、ゼロゼロスリー、警備サービス(英国ヒースロー空港にも)、介護用ベッド、ハイブリッド車。

いずれも日本の技術と細やかな問題解決への創意工夫が開発した商品やサービスで、なおかつ世界の課題に、現地の視点に立って取り組み成功したものです。ほとんどが、一気呵成のマーケティングというより、地道な販売努力によって達成できた成功であることも強調したいと思います。冒頭のメッセージのとおり、何よりこれらには、これまで培ってきた「日本の強さ」があふれている、と言えましょう。

(次回につづく)

Posted on  |  カテゴリー: グローバル, ファッション・ビジネス, 日本文化・クールジャパン, 違いをつくる Different  | 

<日本が世界に誇れるもの ① 「世界を変える50人に選ばれた柳井正氏」>


ユニクロの創業者、柳井正氏が、いま世界で注目を浴びています。

今回は 「日本が世界に誇れるもの」 の第1回として、柳井氏に関する、日本人にとって嬉しいニュースを紹介します。

FIT特別セミナーで講演する柳井氏(2012年3月撮影)

 日本のファッション・流通業界でユニクロが注目されるのは、売り上げがファーストリテーリング全体で1兆円に達するという規模の成長や世界各地への急速な出店、そしてヒートテックやウルトラライトダウンといった高機能商品が中心ですが、世界はユニクロを、より総合的で未来への道を拓く 「革新的なデザイン企業」 と見ていることを、強調したいのです。つまり、日本では同社を「服の小売業」として見ている場合がほとんどなのに対して、欧米では、「デザイン(設計)での革新企業=服のデザインに限らず店舗デザインやビジネスの仕組みのデザイン」あるいは「斬新なビジネス・コンセプト=『常識を変える・世界を変える』や『Made for All(すべての人に)』」を持つ企業だと見ているのです。

まず、最近の掲載記事では、米国のブルームバーグ・マーケット誌が「世界で最も影響力のある50人」の一人に柳井氏を選んでいます。金融・証券に強い同誌らしく、「2012年8月までの5年間で株価を158%上げた」ことと、中国市場へ積極攻勢をかけて何百店舗を展開する意欲を特記しています。(9月5日号)。選ばれた50人の中には、ティム・クック(Apple社CEO)やマーク・ザッカーバーグ(Facebook 創業者)なども入っています。

日経ビジネスの「稼ぐ経営者ランキング」(10月1日号)の特集も、柳井氏を第4位に位置づけていますから、企業を成長させる経営手腕を、日本も世界も認めているということでしょう。

柳井氏の別な受賞、Fast Company誌の Co.Design 50」(優れたデザインの企業あるいはリーダー50人)受賞は、「未来をデザインする企業」としての評価であり、非常に重要な意味を持つと私は考えています。 Fast Company はアントレプレナー的あるいは先端的なビジネス動向をカバーする専門誌で、米国ではイノベーションを志向する読者が支持するビジネス誌です。

 そのサブ誌、Fast Company Co.Designが、今年の「Co.Design 50」を発表しました。(Fast Company 10月号)。 柳井氏の受賞の説明として同誌は、「ミドル市場へ向けて、これまでの常識を覆す小売戦略をとり、店舗には十分のスタッフを投入、店舗ディスプレイにも高額投資をしている。売り上げは爆発的に伸び、ユニクロは急速に拡大し、かつてのGap がそうであったように、デザイン・アンバサダー(大使)になりつつある。」と書いています。

そもそも「Co. Design」のコンセプトは「business + innovation + design」、つまりビジネスとイノベーションとデザインの合体であり、その根底には、「これからは 『Good Design Is Good Business』 の時代」、「イノベーションが不可欠」の思想があります。この考え方は約40年前に、トーマス・ワトソン二世(IBMの元CEO)がウォートン大学での講演で話したことでしたが、当時は理解されるどころか、馬鹿げたことに聞こえたそうです。それが現在、革新にはデザインが不可欠になり、スティーブ・ジョブスのアップルにおける成功をひくまでも無く、全ての業種に共通な重要事項になっている、とCo. Design の編集長はいいます。

Co.Design 50」 特集では、現代のビジネスが如何に多様な要素を持ち、それらが互いに関わり合っているかを、ユニークな地図に描いて示しています。各要素は9つの柱として地図の上に立てられ、それらを線でつないだり交錯させたりすることで、現代のイノベーションが専門領域の壁を越え、学際・業際的になっていることを示す非常にユニークな図です。9つの柱とは、「教育者&キューレイター(学芸員)」、「グラフック・デザイン」、「インタラクティブ・デザイン」、「プロダクト・デザイン」、「ファッション」、「エグゼクティブ&パトロン」、「建築」、「インテリア」、「トランスポート・デザイン」、です。ちなみに柳井氏のポジションは、「ファッション」と「エグゼクティブ&パトロン」です。同誌は、受賞者50人は、みな複数の要素を領域として踏まえながら、さらにその領域の境界線を打ち破って、新しい未来を作って行く、としています。

(興味のある方は、下記のURLをご覧ください)

http://www.fastcodesign.com/1670792/infographic-50-people-shaping-the-future-of-design#1

「『未来は今、デザインされつつある』。これは奇妙な考えかもしれないが、今回選ばれた50人のデザイナーや教育者や経営者が、まさしくそれをやりつつある。Co.Design  のエディターたちは、専門領域の境界線を、未来を約束する新しい方向へ押しだすこれらの人たちを、今年の「Co.Design 50」 として選出した。」

 その一人として、柳井正氏が選ばれた事を、ファッション流通に携わる日本人として、非常に誇りに思います。

Posted on  |  カテゴリー: グローバル, デザイン, ファッション・ビジネス, 小売ビジネスの革新  |