“FBにおける留学”②  求む! 突破力ある発展途上人材 <キャリアと留学―6>


 「ファッション・ビジネスにおける留学」セミナーでは、ファッション企業の経営者の視点から(株)サンエーインターナショナル代表取締役社長 三宅 孝彦氏(FIT卒業生)に講演を頂きました。(6月28日開催) テーマは「今なぜグローバルなのか。求められるグローバル人材とは」です。 

冒頭に三宅社長は、「グローバル化とは、海外で売ることばかりではない。これからのファッション・ビジネスは、多かれ少なかれ、海外のブランドやデザイナー等とのかかわり合いを持たざるを得ない」とし、同社の多様なブランド開発と展開をレビューしながら、サンエーインターナショナルにとっての「グローバル化」の歴史を、紹介されました。

1981年に米国  Pinky & Dianne のライセンス事業を皮切りに、同社が今日まで多様に展開してきた海外ブランドとの連携は、「オリジナル」 ( Jill Stuart)、「ライセンス」( Vivienne Tam、Cath Kidston など)、「インポート」(直販・卸: kate spade、DFなど)、「グローバル・ブランディング」( Margaret Howell)、に大別されます。これらはいずれも、時代の要請、すなわち消費者の変化や市場の競争状況に対応して、順次開発されたものだとのことでした。

海外のビジネスと関わり合う苦労は、単に言葉や文化の違いの問題だけではないことも、色々な場面で身を持って経験されました。「たとえばライセンス・ビジネスでは、デザインに関してブランド本部のアプルーバル(承認)を取らねばならないが、日本の市場を知らない現地のクリエ-ターに日本で売れる商品にするためのデザイン変更を認めさせるのは、非常に困難な仕事。クリエ-ター同志の信頼関係作りが不可欠になる。」あるいは「 M&A(企業買収)では、買収価格以外に巨額の弁護士費用などが発生する」事も、実際にやってみて再認識されたということでした。 (写真は講演中の三宅孝彦氏)

「次世代に向かって求めたい人材像」として、三宅社長が強調された4つの人材イメージは、ファッションの先端を走る企業としてのサンエーインターナショナル社が、多くの成功や失敗を経験しながら取り組んできたグローバル・ビジネスを通じて、得られたものだという事が良く分かりました。

「右手に感性、左手にそろばん」 Fashion is our business の企業理念をふまえて、三宅社長が上げた人材像は、下記の通りです。

「次世代に向かって求めたい人材像」

 1.発展途上人間:すでに出来上がった人材ではなく、言ってみれば「現状不満足人間」 

  ポイントは ①自律的に進化・自己成長出来る資質・志向を持つ、②狩猟性=自分で獲りに行く態度、      ③実行感度=実行してゆくプロセスでの優れた感度。実行力+センス

 2.フリークス:「変人」。人と違っている。好きなこと・得意なことについては「自分が一番」の自負

  ポイントは ①物事の本質を深く端的に掘り下げられる ②アマチュアリズム(専門家になりすぎない)     ③アンバランス(抜きんでた能力。バランス良い能力保持者でなくても可)

 3.多様性を孕んだチームへのコミット:これからは多様性への対応が不可欠。それが出来る事

  ポイントは ①コミュニケーションでイニシアチブがとれる ②視野を広げられる(尾原の解釈=聴く力、好奇心・向学心) ③柔軟性

 4.突破力:現状を突き抜ける力。一昔前の「創造と破壊」では悠長すぎる

  ポイントは ①型にはまらない発想力 ②孤高の人

三宅社長は、神戸大学卒業後、IT関連企業で3年間営業職として勤務の後、コロンビア大学で半年の英語研修を受けFITに入学。1992年に Fashion Merchandising & Management 専攻を卒業されました。その留学経験、1990年から1992年までのニューヨーク生活で得たものが非常に大きかったことを強調されました。

「留学の最大の収穫は、海外で、自分の生活を一から作らねばならない事の、苦労の体験です。自分も2年間の米国生活で計り知れない影響を受けました。ニューヨークで出会った多くの人たちは、FITに多数来ていた韓国人留学生も含め、『強い人間』が多かった。決して弱音は吐かない、なぜなら自分の意思でニューヨークへ行くことを選択した人たちだからです。」

 “グローバル人材”は、最近では毎日のように見聞きする言葉になっています。しかしその意味するところは、非常に奥深いものがあります。その大前提は、外国に対しても、あるいは外国人に対しても、日本人に接するのと同様に自然体で対応できる態度とコミュニケーション力を持っている事です。しかし今日求められている、“グローバルにビジネスを展開できる人材”、という事になれば、三宅社長が強調されるように、「突破力を持つ、自律的に進化・自己成長出来る人材」、あるいは「しっかりした芯を持って、多様な社会や人間を包含できる、強い人材」という事になるでしょう。受講者全員が、納得、と感じた説得力のあるお話でした。

 日本にこのような人材が増えることを、心から願っています。                    以上

(次回は、パネル・ディスカッションでのFIT卒業生のメッセージ)

Posted on  |  カテゴリー: FIT(NY州立ファッション工科大学), キャリア, グローバル, ファッション・ビジネス, 人材育成, 留学  | 

「“FBにおける留学”セミナー① FITとOPT制度」  <キャリアづくりと留学―その5>


「ファッション・ビジネスにおける留学」セミナーで、FITのエリカ・ローバック准教授は、FITにおける留学生の状況と、留学生のためのOPTと呼ばれるユニークな現場体験プログラム、について話しました。演題は「創造力をビジネスに直結させるスクール」です。 (写真はFITのエリカ・ローバック氏)

FITの全日制学生数は、2011年秋学期で1万300人ですが、そのうち留学生は11%、912人で67カ国から来ています。 国別にみるとトップは韓国で376名(留学生の41%)、 ついでカナダ、中国,インド、トルコで、日本は6番目。残念ながら日本からの留学生は、2001年の101人をピークに減り続け、現在は28人(3%)、直近の5年間では73%の減少、という事でした。

留学生に人気の専攻の筆頭は「ファッション・デザイン」で239名、ついで「ファッション・マーチャンダイジング・マネジメント」が182名、「アドバタイジング&マーケティング・コミュニケーション」が60名となっています。日本人の専攻で最多は「ファッション・マーチャンダイジング・マネジメント」、ついで「国際貿易&マーケティング、コミュニケーション・デザイン」です。

OPTプログラムは留学生にとって、FITの最もユニークな魅力となっている「実地訓練」の制度です。OPTとは Optional Practical Training の略称ですが、専攻の勉強(2年)が終わった後の1年間、実際にアパレルや小売企業あるいはデザイナー・ブランドに訓練生として就職し、現場体験を得る選択制のプログラムで、留学生の80%以上がこれを活用しています。報酬は、有給あるいは無給、さまざまです。

FITはもともと実学を理念としており、1クラス最大25名で双方向の参画型教育を行っていますが、OPTの制度は他の大学では提供できないもので、ここでもFITの “2+2” の制度、つまり、短期間で専門家を養成する目的で設置された2年制を基本とする履修構造が生きています。したがって最初の2年を終えた時点でOPTをとり、さらに2年の履修を加えて4年制学士課程 (“2+2”) を終了する人の場合には、OPTを2回体験することも出来ます。

「ファッション・ビジネスにおける留学」セミナーを日本FIT会が開催した主な理由は3つでした。

第一に、日本のファッション産業の発展は、グローバル化にかかっているが、そのための人材は極めて不足している

第二は、日本が、内向きになっていることへの危機感。特に若い人が、留学や海外駐在に魅力を感じない、あるいは不安に思っている問題 

第三は、企業側も、海外留学体験のある人材を積極的に採用し、責任あるポストにつけて活用する体制づくりが十分でない事。

しかし嬉しいことにセミナーへの反応は大きく、当日は、留学を予定あるいは留学に興味を持っている大学生や専門学校生の申し込みが定員を大幅に超え、立ち見でいいから是非にという人達も多く、熱気にあふれたものになりました。企業からの参加も、ワールド、UA、ポイント、東レ、住友商事、畑岡など、業界をリードする企業の人事部長や経営幹部などが参加下さり、本当に心強く思いました。

日本も捨てたものではない! 一般論としては 「内向き」傾向 をメディアなどが書きたてていますが、集まった方々は、FIT卒業生によるパネル・ディスカッションなどで、「留学に失敗は無い」 「迷ったら、是非行く方を選択しなさい」 と激励され、大いに留学への期待が膨らんだようです。

(次回は、FIT卒業生による講演とディスカッションからのメッセージ)

Posted on  |  カテゴリー: FIT(NY州立ファッション工科大学), キャリア, グローバル, ファッション・ビジネス, プロフェッショナル, 人材育成, 留学  | 

「プロフェッショナルの世界 : FITで学んだ事」 <キャリアづくりと留学 その4>


専門分野の勉強のために私が留学したのは、ニューヨークのFITです。 私はここで、「プロフェッショナル」の意味を叩きこまれました。

「プロフェッショナル」の要件は、と問われれば、私は次の3点を上げたいと思います。

① 特定の専門分野で、「お金がとれる」レベルの専門知識や技術、ノウハウを持っている事。

② プロとしての見識と自覚を持ち、プロの名に恥じない仕事をすることを 旨としている事。

③ 絶えず自己研鑽につとめ、謙虚である事。 

FITで私が専攻したのは、「マーチャンダイジング」ですが、ここでは、カリキュラムや教え方が、まさにプロ養成を目的に組み立てられており、「知識や技術習得」を目的とする日本とは、全く違うものでした。また同級生の姿勢にも、驚きました。「自分はこんな仕事でプロになり、成功したい。そのためには自分も努力するが、学校にもどんどん要求を突き付ける」 という態度なのです。 

FITとは、ご存知の方も多いと思いますが、ニューヨーク州立ファッション工科大学(Fashion Institute of Technology)の略称です。1944年、わずか3コースでの創立でしたが、現在では世界最大のファッション総合大学です。 専門領域は大きく3つ。 「ファッション」(アパレル、アクセサリー、ファブリックなどのデザイン)、 「ビジネス」(マーチャンダイジング、マーケティング・コミュニケーション、生産マネジメントなど)、 「ビジュアル・アート&デザイン」(広告、インテリア、ビジュアルのデザインと実践など)で、香水や玩具に至るまでの30分野にわたる46の専攻で学べるようになっています。

履修課程も、プロを短期間で養成することを目標に設立された、当初からの2年制プログラムに加え、その後 4年制(2+2のユニークな編成)大学院(修士コース)も設置されました。また大学卒業生には、1年で一般教養科目を免除し専門科目だけを履修できるコースも専門によっては設置されています。教授や講師はすべて業界経験者。当時でも「担当分野の現場体験6年間」(今は8年から10年)が教師の必須条件でした。   (写真はFIT校舎と中庭。実学教育のフィールドワーク重視から「キャンパスは、マンハッタン全体」としている。)

 

私が学んだのは、FBM (Fashion Buying & Merchandising)、ファッション・ビジネスの心臓部とも言うべき専攻で、FITで最大のコース。私は、その1年コースに入りました。

FITでの勉強は、大変でした。 英語は高校時代の留学経験もあり、また留学前は旭化成で商品開発を担当していたので、繊維やテキスタイル関係の専門用語は英語表現も含め、かなりの語彙がありました。それでも、膨大なリーディングの宿題(分厚い参考図書の読み込み)、レポート提出、参画型の教育での発言、など、週に2日はほぼ徹夜、という生活でした。  

「プロフェッショナル」の意味を学んだのは、まずカリキュラムと習熟評価の仕方です。

講座は、基礎的内容と専門的あるいはビジネス現場への応用的な内容を、非常にうまく組んであり、それにより全く予備知識のない学生でも、専門分野のプロとして必要な事柄を短時間で効果的に学べるようになっています。評価は合理的で厳しく、初日に、試験やレポートの回数やタイミング、ウエイト配分が明示され、それぞれの獲得点数に配分%を掛け合わせた数字が合計されます。ディスカッションへの参画と出欠はもちろん重要で、前者は評価100点のうち20~30点、欠席は1回または2回まで、等と決まっています。評価が悪いと単位が取れず、卒業出来ませんから学生も真剣です。

たとえば、「マーチャンダイジング・マス」(Merchandising Mathematics)という講座で、初日の講義があまりに初歩的なので、先生にアピールした事がありました。「小売店が、50ドルで仕入れた商品を45%のマークアップで販売する場合の小売価格は?」といった、小学校的な計算問題を何題も練習させられるのです。 そこで私は「フルブライト奨学生として、はるばる日本からやって来た。このような初歩的な講座は免除して欲しい。」と。ところが先生は「2週間だけ我慢しなさい。すぐに専門的な内容に入ります」というのです。そして3週間目からは、まさしく在庫管理や52週MDの手法に入って行きました。この間、計算が出来なかった米国人学生もしっかり学んで、専門的内容に対応できる計算力をつけていた事に驚きました。

別な例でも、デザイン学科に入学した日本のファッション専門学校の先生が、「縫製実技」を、「ミシンは20年以上使っている」と免除の要請をしたところ、その是非を判断する先生に「それでは、縫って見せて下さい」と座らされたのが動力ミシンで、全く、文字通り、手も足も出なかったそうす。

学生の態度で感銘を受けたのは、セールスプロモーションの講座で「C」評価をもらった友人が、講師に “I am not happy at all.”と理由説明を要求しに行ったことでした。「自分は将来この仕事がしたいので、この講座だけは絶対に「A」を取りたいと思い全力投球をした。なのに、なぜ?」というのです。実は私も、期待と違う「C+」評価をもらい不満だったので、彼女に勇気づけられ、付いて行って同様に質問しました。しかし先生の答えは明快でした。「あなたのテーマは、“素材メーカーDuPontが、大衆向けの新素材のプロモーションをする”だ。にもかかわらず作成したマップに使われているファッションの写真は、クチュール作品だ。このプロモーションの対象顧客にフィットしない。だからC+なのだ」と。確かに私がマップ用に「素適な服」を探したのは、Vogue誌だったのです。

「プロフェッショナル」については、まだまだ書きたい事が沢山あるので、またの機会に。

日本のファッション・ビジネスで、「器用な素人」ではない本当の「プロフェッショナル」が活躍する日を待ち望んでいます。

(次回は、「ファッション・ビジネスにおける留学」セミナーから)                   以上

Posted on  |  カテゴリー: FIT(NY州立ファッション工科大学), キャリア, プロフェッショナル, 人材育成, 留学  |