<日本ファッションを世界へ展開するには? :「FIT特別セミナー」から-その5>


日本のファッションは、世界でもユニークな文化と歴史の上に積み上げながら、未来へ移行している、とスティール氏は強調します。

「ただ一つ、問題なのは、この優れたクリエイティビティを、どうやって世界に伝えるのか、です。」 

ニューヨークでのJapan Fashion Now 展 は大好評で、「これが買いたい」、「どこで売っているのか?」、「ウェブサイトは?」といった質問も多かったといいます。しかし答えられなかったのが残念。「まずは消費者が簡単に買えるようにすること! それが大事。いまや、ごく小さな会社や個人がホームページで自分の作品を売るケースは増えている。また若い日本人女性がニューヨークで小さなブティックを開き、フェイスブックやツイッターで商品紹介やコミュニティ作りをしている成功事例もある」とした上で、ヴァレリー氏は次の8つの提案をされました。

<Valerie氏のサジェッション>

1.日本のPOPカルチャーの世界的人気を活用 →特にアニメが有効。日本のビジネスマンは、アニメなど子供の世界、ファッションには程遠い、とみている人が多いのではないか。それは間違いだ。日本のアニメは大人も含む世界の人を魅了している。これをテコにしない手はない。

2.日本の技術の優位性の強調 →日本は「優れた技術を持つ国」のイメージを持っている。車や電気製品に限らず、衣の分野でも、ユニクロのヒートテックなどは、そのイメージにうまく乗っている。

3.日本の高いサービスの活用 →日本のサービスは世界で突出している。これで世界を教育しファッションの販促が出来る筈。

4.日本をパッケージし、世界にプレゼンする →日本の生活や文化全体を総合的に体験できる仕組みを作る。観光を含む日本体験の企画・実施。日本が信じられないくらい安全で魅力にあふれる国であることを、VISIT Japanのプログラムなどで体験させる。

5. ネット販売に積極的に取り組む →VISIT Japanキャンペーンでも、全ての人が日本に来ることは不可能。しかし外国人に使いやすいウェブサイトを作ることで販売は出来る。特に英語でアクセス可能にすることが重要。サイズの対応も。

6.西洋の国の企業とのコラボする →Sacai のデザイナー阿部千登勢がMoncler のミニ・ラインをやっているように。それが世界への道を開くことにもつながる。

7.日本が優位にあるものを見つけ、海外に売る →例えば素材。日本のテキスタイルは非常に優れている。これを前に打ち出す。

8.世界のどの国よりも優位にある「Quality→日本人はどの国よりも、クオリティに対する並はずれた感受性(敏感さ)を持っている。それも、いわゆるラグジュアリー(高級品)ばかりでなく「ステルス・ラグジュアリー」(隠れたラグジュアリー)とも言うべき一見普通に見える製品においてもだ。日本のクオリティはフランスやイタリアよりも優れている。そのことを日本人はもっとアッピールすべきだ。

ヴァレリー氏のこれらの提言は、日本ファッションを高く評価する世界の人達が、じれったく感じている点でもあります。

(ジュンヤ ワタナベのコルセットドレス。「若者のストリート感覚とアバンギャルドな創造性の合体」と 。)

日本ファッションの優位性は、「洗練されたテイストと最高のクオリティの微妙な表現」にあり、それはまさしく、「日本の中核をなす美意識」である、ヴァレリー氏は言います。またそれは、ラグジュアリー・ファッションの中核要素でもあるとも、彼女は強調します。ハイとローのミックスという日本独特のファッションも、この中核的美意識なら生まれるものなのでしょう。 

日本が世界に誇れるものは、この「日本の中核をなす美意識」であることを私達は認識すべきです。スティール氏の日本ファッションへの思い、すなわち高い創造性、ハイとローの共存あるいは融合、高いクオリティ・レベル(価格を問わず高品質=世界が認める日本の得意芸)、感性と品質の融合、等を表現したものだと私は感じました。これからの時代に求められる感性価値の創造は、まさしくこれらの強みを発揮することによって達成できると思います。

Posted on  |  カテゴリー: FIT(NY州立ファッション工科大学), ファッション, ファッション・ビジネス, 感性価値創造, 日本文化・クールジャパン  | 

<日本はいまも“ファッションの未来”か?>: 「FIT特別セミナー」から―その4>


Japan Fashion Now 展のねらいは、何だったのでしょうか?

スティール氏は、1980年初頭に“ファッションの未来”と言われた日本が、“今も革命の先端にいるか?”(Is Japan Still the Future?)の問いに応えるべく企画したといいます。

80年代の日本によるファッション革命、それは終わった。しかし、日本のファッションがいかにエキサイティングで多様であるか、それをJapan Fashion Now 展を通じて見て欲しい、というものです。そしてそのポスター(写真)には、h.NAOTO を着た Hangry and Angryを起用しました。

「1980年から今日までの日本ファッションに関する自分の解釈を表現した」とするスティール氏は、Japan Fashion Nowを、大きく4つの東京の未来的光景に分けて提示。広い会場に表参道、銀座、原宿・渋谷、秋葉原と4つのプラットフォーム(ステージ)を設定しました。正面には伝統を象徴する銀座和光ビルを背景にアバンギャルドなメンズを配置。(スティール氏によれば、メンズウェアが日本の最も革新的な分野)。左には、表参道のハイファッション、右には渋谷・原宿の若者ファッション(ポップやストリート・ファッションなど)、入り口近くには秋葉原のコスプレ、を配置するという、際立った展示手法をとりました。ファッション・アイテムを、それぞれの街の目立ったビルをコラージュした風景の中に置いて見せたのです。

ファッションの展覧会といえば、製品や作品を1点づつ個別に解説する形式がほとんどであるのに対して、日本のファッションを4カテゴリーに分け、コンテンツ(作品や製品)を街・界隈というコンテキスト(文脈・環境)で見せる、という手法は、今日の日本文化とファッションの独自性を伝えるのに最適の方法であると、私は非常に感銘を受けました。異文化の紹介は、その一部分だけを切り取っても、伝わるものではないと私は考えているからです。 (写真はFIT提供。革新的なメンズを置いた銀座の街と、右側に 原宿・渋谷の街に置いたヤング/ストリート・ファッションのステージ)

また、左側の表参道界隈に置いて見せた、ハイファッションのデザイナー服やハンドバッグ(村上隆のルイビトンなど)の多くも、右側の新しい若者/ストリート・ファッションと関連付けて提示されました。例えば、三宅一生(滝沢直人)では日本のポップアート・インスピレーションのプリントを(高野あやのMOON)。川久保玲とそのチームでは「7色の黒」からピンクへの移行を。(ピンクは、カワイイのロリータ・ファッションにつながる女の子、と同時に新しいアーティストのエロティックな世界)。あるいはジュンヤ・ワタナベのコルセット・スタイルのデニムドレスなどを。

ほかにも、高橋循(Undercover)はキュートと恐怖を、また新テキスタイル技術を(日本デザイナーが優位に立っている領域)。SACAIの阿部千登勢は、ベーシック・デザインを新たな洗練へ。MATOHUの堀端裕之と関口真紀子は桃山時代のアートの美意識を抽象化し今日的に、といった新たな取り組みが紹介しています。

「1980年代初頭、世界に衝撃を与えた日本ファッションは『アバンギャルド』でした。

日本ファッションは今も引続き、世界の先端的な位置を占めています。しかし今日の日本ファッションは、80年代のいわば第一波の知的なアバンギャルド性だけでなく、若者志向の多様なストリート・スタイルを包含するものになっています。日本ファッションが世界で重要な位置を占めているのは、まさしくこの、アバンギャルド性(美意識を高級アートの域にまで押し上げる)の要素と、サブカルチャー的あるいはストリート的スタイルの両要素をミックスしているから、なのです。」

日本のファッションは、過去の上に積み上げながら、未来へ移行している、とスティール氏は強調します。

「ただ一つ、問題なのは、これらの優れたクリエイティビティを、どうやって世界にコミュニケーションするかです。」  スティール氏の提言は、次回に紹介したいと思います。

 

Posted on  |  カテゴリー: FIT(NY州立ファッション工科大学), ファッション, ファッション・ビジネス, 日本文化・クールジャパン  | 

<FITヴァレリー・スティール氏のメッセージ: 「FIT特別セミナー」から―その3 >


Japan Fashion Now(日本ファッションのいま)と題した画期的な展覧会が2010年秋から11年にかけて、ニューヨークのFITファッション美術館で開かれました。好評のため3カ月期間を延長し、6万5000人(ウェブも含めれば10万人)が訪れたイベントです。この展覧会を企画・開催したのが、この美術館のチーフ・ディレクター、ヴァレリー・スティール氏。「FIT特別セミナー」の3人目の講師です。

テーマは「外国人が見る日本ファッションの誇るべき強み―そのマーケティング方法は」。多くの画像を見せながらの講演は、日本の文化とファッションの素晴らしさについての、胸がときめくようなプレゼンテーションと提言でした。

「日本は、世界でもファッションの感覚を早くから持っていた国。平安時代にすでに、紫式部や清少納言が、“いまめかし”(up-to-date)という表現を褒め言葉として使っていました」で始まった日本ファッションの歴史のレビューは、その後の「わび・さび」(質素で渋い)、江戸時代の「粋(いき)」(高度に洗練された目利きの世界connoisseurship)へと進化し、さらに明治時代の鹿鳴館に象徴される西洋化につながっていく日本文化の感性を端的に解説する含蓄あるものでした。19世紀末には、日本美術が世界に大きな影響を与えたジャポニズムもありました。

第二次大戦後の、クリスチャン・ディオールのニュールックと伝統的な着物姿がオケージョンにより共存している日本特有の写真も印象的でした。若者の間には「カミナリ族」からアイビールックに至る新しいファッションも流行。そして1980年代のJapanese Fashion Revolution(日本人による「ファッション革命」)へと発展してゆきます。川久保玲、山本耀司、三宅一生などの日本人デザイナーが世界に与えた衝撃は、「最も過激で強烈なファッション運動」になり、世界のファッションの流れを変えたのです。日本はファッション分野で世界に影響を与えた「西洋以外では唯一の国」になりました。

1980年代の日本は、ファッションだけでなく、ウォークマンや寿司、ビデオゲームなどで世界を席巻しました。その後、バブル崩壊を含むほぼ20年の経済低迷の期間も、日本のデザイナーは創造的活動を続けましたが、世界の注目はもはや日本ファッションから離れていました。しかしその間に、舞台裏ではクリエイティブな動きが花開き、そして間もなく日本のポップ・カルチャーが世界を席巻し始めました。つまり世界中で若者がマンガを読み、アニメを見、ビデオゲームに興じるようになったのです。

Japan Fashion Now 展の内容とスティール氏のメッセージについての詳細は次回に譲りますが、歴史を振り返る中で特に新鮮だったのは、日本の洋装化が「植民地化」によるものでは無かったことを強調されたことです。「日本のエリートは、戦略として西洋の服装の主要な要素(Key Component)を取り入れることで、独立を維持した。この事により、日本の西洋ファッションとの関係はユニークなのです」のスティール氏の言葉は、私達が見過ごしている日本文化の独自性と、時代を超えてそれを大事にしてきた日本人の誇りを、再認識させてくれました。

エール大学の博士号をもち、主要メディアが「ファッション・プロフェッサー」あるいは「ハイヒールを履いた歴史家」などと呼ぶスティール氏は、ファッションを美と歴史と文化の視点から深く洞察する、まさに世界的なファッション・キューレイターです。その日本ファッションへの深い理解と愛着は、多くの受講者に深い感銘を与えたようでした。

Posted on  |  カテゴリー: ファッション, 日本文化・クールジャパン  |