ファッション・ビジネスの未来

< 『 Fashion Business 創造する未来』 の 出版を祝う会を 有難うございました>

 年をかけて書き上げた、『 Fashion Business  創造する未来』 の出版を祝う会が1115日、アニヴェルセル表参道で開催されました。15名の業界リーダーが発起人になってくださり、150名の方々が参加下さった、誠に光栄で有り難い会で、文字通り、感謝・感激でした。多士済々の顔ぶれで、「久しぶりにいろいろな方に会えた」、「心温まる会だった」、などのコメントをありがたく拝聴しました。

 発起人の皆様、ご多忙の中 お出かけ下さった皆様に、心からの御礼を申し上げます。

 三越伊勢丹の大西洋社長のご挨拶につづき、パーティの前に、この本を書いた想いを語れとのことで、25分のミニ講演をさせて頂きました。それは一言でいえば、「世界で〝産業革命以来″といわれる 大きな変革が起きている中で、日本のファッション産業が、〝周回遅れ″というべき、後れを取っている。このままでは、日本のFBは〝ゆで蛙になる″という危機感だ」 と申し上げました。

『 Fashion Business 創造する未来』について語る尾原蓉子

 

 <講演の要点は、次の3つです>

1.未来は創るもの――未来は予測するものではなく、創造するもの

未来は、過去の歴史と今日の決断・行動の延長戦にある→ 未来は創るもの

特に現在のような変革期は → 新たな秩序・ビジネスモデルを創る 大チャンス

キーワードは、「デジタル化」 と 「ディスラプション」(従来の秩序の破壊)

「ディスラプション」の事例 (本の第1部 パラダイム・シフトで紹介)の象徴的なものは          

Uber= 個人が提供するオン・ディマンド/シェアリングのタクシー                          Warby Parker= 中間業者を徹底排除したメガネの「ネット+」 のマーケティング                  Rent the Runway=ファッションを、レンタルやシェアリングにより 「個人財」から 「社会財」へ

  ◆ 肝に銘じるべきこと=「自らをディスラプトしない限り、他者にディスラプトされる」     

                

2.時代は 「個人の時代」 に移行 ――デジタル技術がそれを可能にする (スマホ一つで、、、)

         20世紀は、企業/大組織 が消費者を動かした時代

           今(21世紀)は、消費者(個人)が企業/産業を動かす、あるいは自らビジネスを始める時代 

   FBを歴史のコンテキストにおいて見ると、いくつかの明確なシフトがある (第2部 価値創造の変遷)

  1)「マズロー欲求の 5段階説」 ――第5段階の「自己実現」に入った人が増えている

           1970年代 ワールド創業者 畑崎広敏氏から鋭い質問が→「第5段階になったらFBどうなる?」 

           今、我々はまさしく「自己実現欲求」の時代に居る→ 人間の欲求は留まることなく変化。                 

  ◆ ビジネスは欲求の変化に合わせ進化すべし ――それが出来ていない

  2) 「価値創造の進化」  ――1960年代から10年刻みで見たチャートが興味深い

           価値創造の主なプレイヤーと創造された価値の変遷は、20世紀では

               主なプレイヤー= 製造業→アパレル卸→DCブランド→SPA  

               創造された価値= おしゃれな既製服→流行→ブランド/個性→価値ある価格

          21世紀に入って―ここから、企業主導→ 消費者(個人・個客)主導へ移行

             2000年代:主要プレイヤー=ネット/Luxブランド→ 創造された価値=利便性/高質な体験

             2010年代:主要プレイヤー= 生活者/社会意識企業→ 創造された価値=社会善/感動

  他の2つのチャートも吟味して読んでほしい

       3)ソリューション(問題解決) vs エモーション(個人の感情・感動)の価値

       4)ファッション市場を拡大する3つのけん引力=High Style、High Performance、High Devotion

  ◆ 「個人の時代」: キーワードは   パーソナル化 &サービス化

                      パーソナル化=個人のニーズ/ウォンツ → AI (ビッグデータ/深層学習)

                      サービス化=モノをサービス化する

              企業の戦略は 顧客セントリック & オムニチャネル

    第3部は、「産業構造がどう変わる」、「日本企業が今すぐ取り組むべきこと」を書いている

                       EC化とデジタル化、オムニチャネル、など

 

3.グローバル時代の 日本からの発信――日本は優れた資源・資産を持っている (第4部)

           =素晴らしい自然、自然を愛で、自然と共生する精神・哲学・思想→ 日本のDNA 

            そこで育まれた文化の厚み 、「もったいない」精神、用の美、、、

            世界でこれだけの、資産を持っている国はない →日本に自信を持とう

  ◆ これを、企業も、個人も大事にし、成長・発展のパワーにすべし。

 

以上、講演で強調したポイントを書きました。 本は 4部に分けて書かれています。是非読んで、行動を起こしてください。

           ① FBのパラダイム・シフト

           ② 価値創造の新たな方向とファッション

           ③ FBの未来構造と、FB企業が今すぐ取り組むべきこと

           ④ グローバル化の中で、日本企業と個人の成長・成功の課題

 

読んで頂きたい方:は、未来を創る発想と 勇気・行動力のある人。特に、未来を担う若者です。

ご出席くださった方に、お願いしました。 後輩、そして、これはという若者を啓発して頂きたいと。

 

 「未来は、予測するものではなく、創るものである」。〝創るのは(誰かが、ではなく)、あなた″、そして〝いずれ、そのうち″ではなく、〝今″、であることを再度強調したいと思います。

尾原著 『 Fashion Business 創造する未来』 に嬉しいコメントを頂きました

 ファッションや文化史を多様な視点からとらえ、気鋭の文筆家としてもファンの多い中野香織さんが、私の近著 Fashion Business 創造する未来』 について、ブログに書いてくださいました。

(中野さんのブログ http://www.kaori-nakano.com/2016/10/12/12653/ )

 コメントで嬉しかったのは、「現状を俯瞰し、足元をもう一度見つめて未来を創造するために、深い思索を促す本です。4年がかりでまとめ上げられた大作は、新幹線片道で読める類の軽い本ではなく、相当な歯ごたえがあります。それゆえに、得るものもいっそう大きい。グローバリゼーションとデジタル革命がすすむさなか、新しい現象が生まれては消え、さらに新しい現象が続々起きているように見えますが、本当のところ、現実にいったい何が起きているのか。錯綜する現状を把握し、進路を定めるための灯台となってくれる本です。」と書いてくださったこと。また Facebook には、「きちんと整理された見取り図に、豊富な具体例。これだけのデータを集め、整理することがどれだけたいへんなことなのか…。 座右に置き、折に触れ参考にさせていただきます」ともあります。

 中野さんは、おしゃれでチャーミングな女性ですが、物事の真相を深く読み取る鋭さを持っておられる方。嬉しかったのは、その中野さんのコメントであること。そして何よりも私が意図した〝ファッション・ビジネスの表面的事象や変化だけでなく、その底流にある人々の意識や社会の本質を見極めること。 ビジネスも単なる利益追求ではなく社会善を生む新たな存在として極めること″への努力を感じ取って下さったことです。

 日本では、ファッションあるいはファッション・ビジネスが、表面的な流行や世相、あるいは金儲けのためのノウハウとして捉えられることが多いことを、私は日頃から残念に思っています。日本に欧米のような、ファッションやファッション・ビジネスについて深く研究するアカデミックな大学や専攻がほとんどない事が、それを何より物語っています。

 中野香織さんは、その中で数少ない研究家といえるでしょう。東京大学の大学院、総合文化研究科で地域文化専攻博士課程を修められ、英国のケンブリッジ大学客員研究員を務められた経験などをふまえて、男女ファッション史から最新モードまでを研究・執筆され、現在は明治大学で特任教授としての講義もなさっています。

 「ファッション業界の人は本を読まない」と言われています。でもこの歴史的な大変革の時代に、人や社会あるいはファッションがどう変化してゆくのかを、真剣に、そして深く考え、行動する人が増えることを、日本の将来のために願っています。

 Fashion Business 創造する未来』 も、そのよすがとして是非読んでいただき、活発の議論を巻き起こしていただければ、これに勝る喜びはありません。

 (『 Fashion Business 創造する未来』  2016928日 出版。 定価2000円。お問い合わせは、繊研新聞社 03-3661-3681