プロフェッショナル

One Young World のシンポジウムで   若いリーダー達にパワーをもらいました

「若者のダボス会議」とも呼ばれる、One Young World(ワン・ヤング・ワールド=OYW)の日本シンポジウム、「澁谷コーカス」が、5月25日に開催されました。私も 「ビジネスにおける女性」のセッションに、パネラーとして登壇し、久しぶりにワクワクした時間を過ごしました。

国際化の重要性をうたいながら、世界との人的交流では圧倒的後れを取っている日本で、英語で開催された今回の国際イベント(澁谷QWSが会場)に、200人超のリアル参加と1000人近い世界からのオンライン参加があったと聞き、心強く思いました。その概要と、これからの若者への期待を書かせて頂きます。  (画像はOYWのWomen in Businessセッションの登壇者)

◆OYWとは:世界の若者リーダーを開発するNPO → OYWホームページ

2010年に英国で設立されたOYWの目的は、今日の世界的課題の原因がリーダーシップの欠如にあるとの考えのもと、次世代を担う若者のリーダーシップを醸成することにあります。毎年、世界の主要都市で、スイスのダボス会議のような 「OYWサミット」 を開催。今年は9月にモントリオールが予定地になっています。日本からも、奨学金を得て参加する若者代表(18∼32歳)のほか、企業が派遣する次世代リーダーやOYW支援者などが参加、多彩なセミナーや体験学習、異文化交流やネットワーキングなどを、共通言語である英語で行います。リアル参加は、毎年190ヵ国以上から2000人を超える、とのこと。

日本での「コーカス(分科会)」は、今年が3回目ですが、近年中に、「OYWサミット」を日本で開催したいと、関係者は意欲的です。

◆ 「澁谷コーカス」の多彩なプログラム

朝10時の小池都知事による開会ビデオ挨拶(英語)から、夕食とネットワーキング終了の夜8時半まで、フル1日のプログラムは盛り沢山でした。

例えば、前週に開催された「長崎平和フォーラム」報告、SDGs 関連事業の企業パートナーシップ事例(アッシックス㈱、第一三共㈱)、「Women in Politics=政治における女性)」、「Women in Business=ビジネスにおける女性」、OYWアンバサダーによるプレゼン、「Forbes 30 Under 30=「世界を変える30歳以下の30人」から起業家2名のプレゼン、などなど。各セッションの間の休憩も、コーヒー/スナック・ブレイクやランチが、参加者間の交流を促進するよう、工夫されています。

◆「ビジネスにおける女性」 セッション

このパネルディスカッションは、司会の谷本由香さん(Forbesウェブ編集長)が冒頭にNHKの人気連続ドラマ 「虎に翼」が描く 100年前の日本の“女性は無能力者”扱いに言及。現在でもまだ、日本のジェンダー平等指数は世界で125位に止まっている(世界経済フォーラム)、との問題提起で始まりました。

自己紹介の次は、日本社会の様々な女性差別にも関わらず、“キャリアで成功している3人のパネラーの“成功の要因”は? との問いでした。(本人たちは、必ずしも成功とは考えていないと思いますが)

私は自分の“成長”の要因として4点を上げました。

① 「人と違う、は誉め言葉」を留学で教えられ、自信につながった。   ②   女性が海外で“生き生きと”働いている秘訣は、自分に合う条件(得意、やりたい事、働き方)に合う仕事を選択している、と気づいたこと。         ③   プロフェッショナルの在り方(仕事に対する態度・日々の研鑽・誇り・ コミットメント)を学び、“真のプロ”になろうと決意した。        ④ 「大きなチャンスが来た時、勇気を出して決断する」 を実行した (『ファッション・ビジネスの世界』の翻訳出版)。

他の登壇者の石黒不二代さん(ネットイヤー・グループ 元CEO)は、「大企業ではなく小さな会社に入った事。自分自身を信じ、裁量権を獲得した。政治的で時間がかかる大企業で時間を無駄にしたくなかった。いわゆる“ロールモデル”を手本に真似ることも考えなかった。人がしないことをする、が重要」 と話されました。

西原口香織さん(JAL 執行役員)の言葉、「キャビンアテンダント時代を通じて、目の前のイッシュー(お客様やサービスにおける困りごとの解決)に、一つ一つ丁寧に取り組んできた。毎回問題は異なる。継続的な挑戦だった」 には、現場での問題解決のリアル体験が、人の成長にいかに重要かを、あらためて学びました。

◆参加者へのキャリア・アドバイス

 最後に、VUCA(変化・不確実・複雑・曖昧)の時代に成長・成功するために、尾原は3つのメッセージを送りました。

  • 生涯の “パーパス”(目的・志・社会的な存在意義)を持とうーー私自身のパーパスは、「女性でも男子と同様に、社会に貢献する。それが可能なことを立証する」 でした。人生の岐路に立った時、あるいは日常的な選択に迷った時、パーパスは、“北極星”のようにガイドしてくれます。
  • 行動しよう。Take Action! 失敗する勇気を持とう!――現代は、選択肢が多く関連情報も膨大で、結果やリスクも予測出来てしまうため、二の足を踏む若者が多い。しかし世の中は刻々と変化し、これまで無かった可能性が生まれている。新しい挑戦には勇気がいるが、失敗を恐れず挑戦してほしい。万一失敗しても、その中から新たな可能性が見えてくる。 失敗から学ぶ、行動してから修正する、それが容易になっている時代だ!
  • あなたは自分の人生物語を書いている。My Story の著者だ。素晴らしい、あなたにしか書けない独自の“My Story” を書いて欲しい。

◆ネットワーキングは素晴らしい! 自分の窓を開け放とう

こういう会に参加するたびに感じることですが、新しい人に出会い、新たなナレッジやインスピレーションをもらい、異文化体験などで自分の世界を広げることは、キャリアにおいて、何にも勝るチャンスです。

実は今回の登壇は、OYWのアンバサダー雨宮百子さんからの依頼でした。雨宮さんは、拙著 『Break down the Wall―環境、組織、年齢の壁を破る』の出版を担当して下さった日経新聞出版の編集者でしたが、彼女に出会ったのは、尾原がファッション・ビジネスの未来について講演した会場でした。私のキャリアに興味を持たれた雨宮さんが、本の執筆を促して下さったのです。小さな出会いが、私にとっては勿論ですが、雨宮さんにとっても、今日の目覚ましい活躍のネットワークに繋がっているのは本当に嬉しいことです。

実は今回も、多くの予期せぬ出会いがありました。同窓生、留学先が同じ、仕事で思いがけない接点があった、などなど。どれもが新たな扉を開いたり、閉じていた窓を再開してくれました。

次世代を担う若い人たちの、OYWに限らず、国際交流への積極的な参画を願っています。そしてそれぞれの皆さんに、洋々たる未来が広がりますように祈っています。                                                    END

 <故 吉田春乃さんの功績を偲び、あらためて日本女性の活躍を願う>

 元 BTジャパン社 CEOで、女性活躍推進組織 「ウィメン20」(W20)の共同代表でもあった、故吉田春乃さんのお別れ会が、9月6日 盛大に行われました。

実は私は、鎖骨を骨折し、このブログも含めて数ヶ月休ませていただいていたのですが、仕事復帰の第一弾が、奇しくも吉田さんの偉業を再確認し、吉田さんのご冥福を祈ると共に、日本女性のこれからの活躍をあらためて祈念する機会になりました。 

 吉田春乃さんは、慶応大学を卒業。入社直前に大病にかかり内定先の大手企業への就職を断念。病の克服後、やっと仕事を得た外資系企業に入ってカナダに渡り、米国や英国も含めたテレコム(通信)関連企業でキャリアを築かれました。その間お嬢さんを出産、離婚も経験され、シングルマザーとして、実力社会のグローバル企業で強靱な仕事への信念と姿勢、そして多大な実績を積み重ねられて、2012年、BT (British Telecom) ジャパン日本法人の社長・CEOに就かれました。

 2015年には、日本経団連初の女性役員に就任。米フォーチュン誌が選出する「世界の偉大なリーダー50 (2017年)」で、唯一の日本人として選ばれたこともあります。

 この間のご苦労はいかばかりだったか。   にもかかわらず吉田さんは、いつもおしゃれで魅力的。お気に入りのアルマーニで威厳と気品を漂わせ、9センチのピンヒールを履いて女性らしく、しかし  パワフルに堂々と行動する女性でした。

 WEFでも、2015年シンポジウムで基調講演者として登壇いただきましたが、そのメッセージには強いインパクトがありました。 「シングルマザーでも、アメリカやイギリスで活躍できたのは、営業をやったから。営業は実績が数字でしっかり出る。これを目指して仕事を取りに行った。営業をやりたい女性がもっと増えることが重要」 と。

 亡くなられたのは6月30日、心不全だったとのこと。3月には W20 共同代表として女性に関する政策提言をまとめ、6月29日に G20サミット(20カ国・地域首脳会議)の政府主催イベントで、「女性が経済的にエンパワーされると、持続可能な開発目標(SDGs)の他の項目も改善される」と熱弁をふるった閉幕の日の翌日でした。「大阪から世界をよりよい社会に変えよう」と訴えておられたのです。

 「多くの女性が経済力を持ち、自分が良いと思うところにお金を投じることができれば、市場は活性化し、よりよい社会につながる」 というのが持論でした。そのために、女性たちを常に啓発し、沢山のメッセージを残してくださっています。

◆    どんな時にも、Graceful な自分でいよう

◆    自分に自信を持とう、そうすればチャンスが現れる

◆    斜め上を見て、口角を上げて笑ってごらん。前向きのことしか考えられないでしょう

◆    Belief を変えよう。そうすれば Behavior が変わる

◆    怖いのは挑戦している証拠。あなた自身の価値に気が付いて!

◆    KEEP YOUR HEELS, HEAD AND STANDARDS HIGH

              ―― ヒールと、ヘッド(頭)と、そしてスタンダードを高く

◆    世界を変えようと思うなら、自分自身を変えよう

  直近では、お嬢さんの結婚を機に昨年8月、BT社と経団連を退任し、英オックスフォード大大学院に行かれて、働く女性の増加によって生まれた新しい市場規模の数値化などを研究しておられたと聞きます。まだまだご活躍頂き、ロールモデルとしても、指導者としても、学ばせて頂きたかったのに、と本当に残念です。

 死因は心不全、ということでしたが、お父様のご挨拶では、不整脈があり、医者にも注意するように言われていた、とのことでした。自分の身体よりも、社会のこと、女性のこと、そしてプロフェッショナルとしてのキャリアを全うしようとする気持ちが、強かった吉田さんでいらしたのだと、あらためて敬服し、またお身体をいたわって下さっていたら、との詮無い思いもつのります。

 心からのご冥福をお祈りいたします。

“壁破り戦記” 『Break Down the Wall―環境、組織、年齢の壁を破る』 を出版しました

 『Break Down the Wall―環境、組織、年齢の壁を破る』 と題する本を日本経済新聞出版社から、出版しました。9月中旬から本屋さんに並んでいます。

 “壁破り戦記”とは、この本の編集者である日経出版社の雨宮百子さんが付けてくれたタグラインです。

(株)ファーストリテイリングの柳井正CEO推薦 「尾原蓉子 生涯一教師」 「尾原先生との出会いが私の人生を変えました.この本は、女性は勿論、男性にも読んでもらいたい。」

米国FITへの留学がきっかけで、“ファッション・ビジネス”という言葉や仕組みを日本に始めて紹介した1968年から、IFIビジネススクールの創設、WEF(女性活躍支援NPO)立ち上げに至る私の仕事人生を振り返って、立ちはだかる制度や社会通念の壁に、どう立ち向かい、乗り越えたり打ち砕いたりしてきたか、を書いた本です。

 その想いは、これからのキャリアを創ってゆく方々に、誰もが出会う様々な壁、中でも自分自身の意識の壁を、打ち破って欲しいとの切なる願いにあります。

 尾原蓉子という一人の女性が、この世の中で、物事はこうあって欲しいと願う、その思いが自分を動かし、人に助けられ、多くの方々の共感や熱意そして支援を頂いて、少しずつ形になり、社会を動かしてゆく。そんな人生経験と感動を、これからの若い世代の皆さんと共有してゆきたい。そんな願いをこの本に込めました。

 その意味で本書は、2016年に出版した私の著書 『Fashion Business 創造する未来』 (繊研新聞社出版)の “未来を創る”ための、心構えや姿勢を書いた、いわば二部作の一部でもあります。 

                        

 嬉しいことに読者からは、大いに共感した、元気やパワー、エネルギーをもらった、といったコメントをたくさん頂きました。

  アマゾンの書評では、「著者自身のこれまでの半生を縦糸に、多くの事例をふまえて、ビジネスウーマンへの励まし、ビジネスマンへの警鐘、ビジネスパーソンへの教訓を横糸に、人生の基本が大変説得力を持ってわかりやすくかかれている。」というコメントもありました。

 私が敬愛する中野香織さんは、 服飾史家として著書も多く、グローバルな文化研究で長年大学教授も務められている方ですが、そのオフィシャルブログに書いてくださっていることを、抜粋して引用させて頂きます。

  「著者がどのように、国籍の壁、ジェンダーの壁、環境の壁、組織の壁、年齢の壁を乗り越え、周囲を巻き込みながらキャリアを積んできたのか。具体的経験が記され、経験から抽象的な法則が導き出されながら、その時々の日米のファッション・ビジネスの状況もうかがい知ることが出来ます。異文化とのギャップが、具体的にどのような場面に出てくるのかということも、実体験を通して語られてなるほどと思わされます。また、カルロス・ゴーン、ヒラリー・クリントン、ルチアーノ・ベネトンなど著名人との交流が紹介される部分も楽しい。

  (中略) 仕事をしていく上で、それぞれのステージにおいて壁にぶつかっている方 (男女を問わず)に、キャリアと照らし合わせながら様々なことを考えるヒントを与えてくれる、誠実な激励にあふれる本です。」 http://www.kaori-nakano.com/2018/09/30/22585/ )

  日経新聞のウェブサイト 「出世ナビ」の「若手リーダーに贈る教科書」での紹介はhttps://style.nikkei.com/article/DGXMZO35593750Q8A920C1000000?channel=DF100520160089 をご覧下さい。(「若手リーダーに贈る教科書」は、毎日数百冊が世に出るとされる新刊書籍の中で、本当に「読む価値がある本」は何かを、書籍づくり第一線に立つ日本経済新聞出版社の若手編集者が、自社刊行本の「イチオシ」を紹介するページだそうです。)

   「ファッションが売れない!」

ファッション・ビジネスが大きな壁にぶつかっています。これまでの成功体験が役立たなくなり、新しい突破口を開くことが不可欠になってきました。それを実現する、つまり 「未来を創る」 のは、あなたです。

 人生100年時代を迎え、その半分以上の時間を費やす仕事/キャリアにどうとり組むか。とくに働き方が大きく変わるこれからの時代にふさわしい生き方とは何か?

 人は皆、個性を持っています。それを生かしながら、主体性をもって生きることで達成できるものは大きい。様々な障害が立ちはだかっても、時代の変化を利用・活用することで、それを打ち砕きながら自分のキャリアや人生を創る事が出来る。そしてそれこそが企業にとって大きな力になる、と私は信じています。