日本企業のありかた

< WEF5周年 記念シンポジウムを開催。 メッセージは「女性を大志を抱け!」 >

 ファッション業界の女性活躍を支援する WEF(一般社団法人 ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション)が 5 周年を迎え、記念イベントを 7月5日、帝国ホテルで開催しました。有り難いことに、会場に入りきらない数の申し込みを頂き、なんとか  260 名の方に参加頂きました。

 記念シンポジウムにご登壇頂いた、ファーストリテイリングの柳井正会長・CEOのメッセージは  「Girls be Ambitious ! 女性よ 大志を抱け!」 でした。

対談する ファーストリテイリング 柳井正会長・社長と WEF 尾原蓉子名誉会長

情熱があり過ぎて、照り焼きにされることもあるかもしれないが、、」等と語る柳井会長と尾原名誉会長

  シンポジウムは、「ファッション・ビジネスはWomen’s Business」の大テーマでの「柳井会長と尾原の対談」、という企画でしたが、そもそも筆者が柳井会長に初めてお会いしたのは、1984年、私が企画/運営を担当していた旭化成 FITセミナーを柳井会長が初めて受講された年でした。奇しくもその年は、柳井さん(当時は小郡商事専務)が ユニクロの第 1 号店を、朝 6 時開店という奇抜なアイディアで広島にオープンされた年に当たります。

 それ以来、柳井さんが、FITセミナーが招いたベネトン創業者やリズクレイボーン会長あるいは ムジャーニ・インターナショナル社長などのセミナー、次いで旭化成経営戦略セミナーに毎年のように参加されたこともあって、私は、ユニクロの成長(たまには失敗)を興味と感銘をもってフォローしてきました。 とくに東京進出、フリースの爆発的成功に始まり、海外進出や著名デザイナーの起用、“ライフウェア”のコンセプト展開、そして直近の「情報製造小売業」グローバル本部  Uniqlo City (有明) 立ち上げ、などにより、年に2兆円以上を売り上げる、日本を代表するグローバル企業の一つになられたことに、大いに敬意を表している次第です。

 そんなわけで、私は 4つの観点から、柳井さんの経営哲学、人間性、女性や人材に関する姿勢、などを引き出せたら、と考え、お相手を務めました。

 4つの観点とは: 

①   これからのファッション産業の行方は? ― 世界的なアマゾンとウォルマートのパワーゲーム、その間にZARAやユニクロの拡大、ノードストロム(EC比率30%超、ショールーム業態展開)等の革新的ファッション大型店、次々台頭するユニークなスタートアップ企業のせめぎ合い、、。10年後はどうなる?

②   企業の発展/存続に不可欠なイノベーションと起業 ー 日本はこの点では周回遅れ?

③   イノベーションを担う人材の調達/育成/登用 ― ファストリではどのように?

④   女性の活用・活躍 ― ファストリは 2020 年女性管理職比率30%の目標を3年前倒しで達成。主要戦略は? 何が奏功?

  以下の2つの記事が、柳井会長の発言をうまくまとめて頂いたものと思います。

* WWDジャパン: 「ユニクロ柳井社長、働く女性に“野望のススメ”」

            https://www.wwdjapan.com/653191

*アパレル・ウェブ: 「ガールズ・ビー・アンビシャス!」

             https://apparel-web.com/news/apparelweb/58746 

 対談を通じて、柳井会長の大きな野望とみなぎる情熱、現場と細部重視の経営、そして真面目で厳しいけれども人間味あふれるリーダーシップに 改めて拍手を送ったことでした。

 WEFの設立の狙いと、準備期間を含めた足かけ7年の活動と成果については、次回にお伝えしたいと思っています。

<NRF2016 リポート ② オムニチャネルは長い道のり―コラボで挑戦>

 全米小売業大会  NRF Big Show )の尾原リポートが、繊研ウェブ版に、今日、アップされました。http://www.senken.co.jp/news/management/nrfbigshow-105th/ 

 色々コメントをいただきましたが、やはり今最大の関心事は 「オムニチャネル」。特に、オムニチャネルが、その発祥地の米国でも、一朝一夕に達成できるものでないことに、共感される方が多いと感じました。

 スマホの威力と利便性を体感してしまった米国の生活者には、もはやオムニチャネル以外の選択肢はなくなっています。というより、生活者にとって、もはや「チャネル」という意識はない。いつでもどこでも、気が向いたときに、多様なルートから情報を得て、商品やサービスの詳細を知り、友人とシェアし、意見も聞いて、買うかどうかの判断をし、買うと決めたらすぐに欲しい、そしてその体験をツイートする、という、自分を中心に世界が存在している、といった見方になっているのです。

 「マルチチャネルという言葉に興奮したのが何年か前。その後に登場したオムニチャネルのコンセプトは、優れたものであるけれども、いまやビジネスは、Distributed Commerce(分散化されたコマース)の様相を呈してきた。ここでのPOSは、生活者のスマホだ」 という、刺激的なスピーチもありました。

 閉塞感がただよう日本のアパレル・ビジネスをディスラプト(秩序の崩壊)をさせるためにも、ご興味のある方には、是非リポートを読んで頂ければ嬉しいです。

http://www.senken.co.jp/news/management/nrfbigshow-105th/

<日本が世界に誇れるもの③ 「日経ビジネス特集Part 2」とNHK「サキどり:貧村支援>

 今朝(122日)のNHK番組「サキどり」で 「貧村変える製品づくり」を見て感動しました。日本の若者が世界の極貧地域へ出向いて、日本人の知恵と技術でその生活を少しでも便利かつ健康的なものにするプロジェクトの話です。これも「日本の強み」を活かすものですが、これについては後で述べます。

 <日本が世界に誇れるもの>シリーズ、今日は、先回の日経ビジネス特集「“日本発”が難問を解決する―世界を救う商品・サービス」のPart 1に続いて、Part 2 「シェアトップつかむ秘密―世界で売れる商品・サービス」について書きたいと思います。 

 日経ビジネスが、「シェアトップつかむ秘密」で取り上げているのは、22事例。

なかには、デジタル一眼レフカメラやのキャノンやニコン、カップヌードル(日清食品が世界80カ国以上で年間1000億食!)など、一般によく知られているものも多いのですが、「意外!」、しかし「納得!」と思うものもあります。

たとえば特定地域の生活に密着した製品。寒暖から身体を守る保温や冷却手段の「使い捨てカイロ」(ホットハンズ・暖宝宝)や、おでこに貼る「冷却シート」(クールフィーバー)などです。いずれも中国や東南アジアでは「すごく便利」でありながら、現地では考えられたことも無い製品であり、そのために、それらの地域で大きなシェアを獲得しているとのこと。日本では「より快適な生活」への欲求が生んだ製品ですが、世界の一部の地域ではそれらが必需品に近い価値を持つ、ニッチ商品になることを示すものです。

逆に世界の全市場へ向けて、日本の高度な工業技術と継続的・革新的な製品開発で世界を席巻している例もあります。ファッション関連の領域では2社が上がっています。圧倒的なシェアをもつYKKのファスナー(金額ベース世界シェア4割超え)と、工業用ミシンのJUKI(世界シェア約3割)です。いずれも高度な技術力・商品開発力と積極的な地域ユーザーのニーズへの照準が成功の主要因です。YKKは1959年という早い時点でニュージーランドに拠点を設立。故吉田忠雄氏の独創的な経営哲学により、入社間もない社員を「土地っ子になれ」と海外に送り出してきたとの事。現在は世界71カ国・地域に拠点を持ち、とくに高付加価値の商品で優位性を持っています。JUKIは、年間60万台のミシンを世界中の縫製工場に供給しているそうですが、特殊機能の高額ミシンから、ブラジルやインドでの超低価格国内市場向けを担う製品まで、圧倒的なラインアップでNo.1となっています。

特集「100選」のPart 2 で紹介されている製品は、これらのほか、タイヤ(ブリヂストン)、高級ヘルメット(SHOEIが世界シェア過半)、バドミントン用品(ヨネックスを世界トップ選手が愛用)、ピアノ(ヤマハ)、Seki Edge(爪切り)、空調(ダイキン工業)、ビデオカメラ(ソニー)、オフィス用複合機(リコー)、船外機(船用エンジン)、マミーポコ(ユニ・チャーム)、ポッキー(江崎グリコ)、マルちゃん、緑茶飲料、ポカリスエット、スーパーカブ、など、多様です。いずれも、日本の技術と、日本人ならではのきめ細かい開発力が実現したものと言えます。

今朝のNHK番組「貧村変える製品づくり」はNPOの活動「See-Dコンテスト」で、東ティモールの電気もなく水も遠くから女性が運ばねばならない村のための製品開発に取り組む、日本企業のエンジニアと大学生を取り上げました。彼らは、現地入りして人々の生活に密着し、腕に巻きつけて移動出来るLED電燈や、重い水を背負える「しょいこ」を現地に豊富な竹素材で組み立てられるソケットの開発など、画期的な活動をしていました。(See-Dについてのリンクは: http://see-d.jp/aboutus.html

特に印象的だったのは、1日2ドルで生活する現地の人たちにふさわしい「シンプルで、超安価な道具」を作る様々な努力でした。番組に出演したNPOコペルニク代表(http://kopernik.info/ja/)の中村俊裕氏は、このプロジェクトの成功の鍵として、下記の4点を強調しました。

① 現地のニーズにフィットするもの

② 極端に安いこと

③ 使い方がシンプルであること(説明が不要)

④ 壊れにくいこと

日本はこれまで、「ゆとりのある顧客」に対して「高付加価値」の商品開発に注力してきました。しかしその過程で磨いた技術、そして日本人のDNAとも言うべき創意工夫の能力には、素晴らしいものがあります。それがあるからこそ、それらをベースとした「日経ビジネス100選」があるのです。

この技術と創意工夫、そして恵まれない人々を含む、世界各地へ向けての商品開発への真摯な取り組みが、これからの日本の新たな道を拓くものだと固く信じています。