2012年 12月 の投稿一覧

<日本が世界に誇れるもの⑥  「日経ビジネス特集」から FBは 何を学べるか?>

 日経ビジネスの「世界に誇るニッポンの商品100」特集(1015日号)は、このところ自信喪失ぎみの日本人に、日本の持っている力をあらためて気付かせ、自信を持たせてくれたと 私は感じました。   私だけでなく、そういう声を多数聞きました。

 これらの商品やサービスが世界で成功している理由は、 

  ① 日本が持つすぐれた要素技術

  ② ユーザー(使い手)の立場に立った問題解決や創意工夫の能力

  ③ まじめで真摯な商品開発の姿勢

  ④ 一過性の宣伝やマーケティングではなく地味で地道な販売努力

  ⑤ ハードとソフトを合体した総合的アプローチ

  ⑤ すべての面での高度な品質、     などにあると考えます。

 この特集が、「誇れる商品・サービス」100点を、4つの領域に分けて紹介したことも、興味深く思いました。 4つの領域とは:

  Part 1 「日本発」が難問を解決する」 ―世界を救う商品・サービス 

  Part 2 「シェアトップつかむ秘密」 ―世界で売れる商品・サービス 

  Part 3 「日常に入りこむ『ニッポン』」 ―世界の暮らしを変える商品・サービス

  Part 4 「安全・快適・愉快を売り込め」 ―日本の未来を創る商品・サービス、     です。 

 Part 1 と Part 2 は、主として “モノ” や “機能”、すなわち物的価値を前面に押し出すものであるのに対して、Part 3 と Part 4 は、主として “ソフトパワー” とも言うべき要素、すなわち “感性” や “情緒” に関わる区分でもあります。

 ファッション・ビジネスが、これらの商品やサービスが持つ優位点と、この分類から 学べることは何でしょうか?  それは、 「技術と機能」 で勝負する Part 1 2 よりは、 Part 3 や 4 の、「感性価値=感性・感動とデザイン・美」 を前面に押し出す商品やサービスの強みです。  言いかえれば、従来型の、あるいは新興国が短期間にキャッチアップ可能な  「ものづくりの技術」 や 「製品の機能」 だけでなく、「エモーション」 を重視する商品やサービスを開発する事だと思います。 「技術と機能」 で勝負する場合でも、その 「技術」 が他国の追従を許さない 圧倒的優位性を持っていること、あるいは提供される 「機能」 が、全く新しいコンセプトで生みだされたものであったり、消費者の 「感性」 にアッピールするものであることが、重要でしょう。 たとえばユニクロの “ヒートテック”や 無印良品 の “直角靴下” は、その好例だと考えられます。

 「感性価値=感性・感動とデザイン・美」 を前面に押し出す商品やサービスの例を、Part 3 の領域(日常に入りこむ「ニッポン」)でみてみると、ハローキティ、精巧な玩具のトランスフォーマー(車や動物がロボットに変形する)やガンプラ(ガンダム・プラモデル)、あるいは女の子向けの細部にまでこだわったシルバニアファミリー(人形の動物たちがミニアチュアの家で暮らすのを楽しむ)、ドラえもん、ポケットモンスター、初音ミク、白鳳堂の化粧筆(世界高級化粧筆市場の過半数のシェア)、などがあります。

 Part 4 の領域(安全・快適・愉快を売り込め)でみると、ゴスロリファッションや 渋谷109系ファッションは、ずばりファッションですが、それ以外でも、geografia(紙製地球儀)、外人が喜ぶ高感度のホテルMume、アルコール0%で世界初のキリン フリー、つけまつ毛や、滑らか書き心地のボールペンのジェット ストリーム、アニマル ラバーバンド(動物の形をしたカラフルな輪ゴム)、さらには勤め帰りの女性むけの、お楽しみと料理の勉強を兼ねた体験型ABCクッキングスタジオ、など、感性や気分、エモーションをビジネスにしているものは、ファッションの世界に繋がるものです。

 ファッションの商品開発というと 私たち業界人は、どうしてもトレンド(流行)だとか、パリの○○デザイナーの新コレクションに注目、といった形で、服のスタイルやデザインに絞って考えてしまう傾向があります。しかし、飽食の時代を経て、また、環境保全やサステイナビリティ、企業の社会的責任、などが重要になっている今、ファッションの世界でも、「流行を創る」、「それを追いかける」ことを超えた、抜本的な変革が求められています。玩具のトランスフォーマーの発想や、日本の伝統的着物の手法(何度も仕立て直し、染め直し、サイズ調節をし、使い古したら、雑巾やはたきにして、最後まで利用しきる)などの衣服の原点に立ち戻って、これまでと全く違うファッション創りを考えることが出来る筈です。

 服作りのコンセプトやデザインの変革では、三宅一生のプリーツ・プリーズが優れた例だと考えます。また、未来へ向けての先駆的なものとして、2010年8月に発表された「132 5. ISSEY MIYAKE」があります。これは、三宅一生の現在進行形のプロジェクトですが、折りたたむ事で平面と立体を結びつける斬新なデザイン・アプローチによる画期的な服です。ポリエステル再生繊維を独自の工夫と織物工場などの協力で 人が着用出来るようしなやかにしたもので、2012年の毎日ファッション大賞 「30周年記念賞」を授与されました。量産にはまだ時間がかかると思われますが、ファッションとデザインに、新たな境地を切り開くものと考えます。  (http://mds.isseymiyake.com/mds/jp/collection/

 参照)

 イギリスの経済誌エコノミストの 元編集長ビル・エモット氏が強調するように、「日本人には知恵と創造性がある。、、日本の資産は、製造業でもインフラでも技術でもなく、“人” にある」のです。(日経ビジネス誌「2013徹底予測」)

 ファッション・ビジネスの新たな価値創造と、ビジネスのグローバル化が喫緊の課題になっている今、日本人自身が、日本の製品や技術に、そして何よりも、「日本人の創造力・創意工夫力」 に自信と誇りを取り戻し、あらためて「世界に求められ、愛される商品やサービス」を開発・提供したい、またそれは可能である、と痛感します。

<日本が世界に誇れるもの⑤ 「日経ビジネス特集Part 4から」>

日本グローバルな商品「日本が世界に誇れるもの」の第4グループを日経ビジネスは、「安全・快適・愉快を売り込め」のテーマでくくっています。

 その狙いは――「日本の産業は今、大きな転換点に居る。右肩上がりの成長は既に終わり、国内市場は縮小が始まっている。高品質・高効率で世界を席巻した耐久商品材は新興国にその座を奪われつつある。そんな中にあって、日本の次が見えてくるのがこの章の商品・サービスだ。日本人や日本社会のきめ細やかさや正確さに対する世界の信頼は厚い。独特の文化への関心も高い。こうした世界の芽をうまく商品・サービスにつなげることが、日本の将来を作る。」

 Part 4: 「安全・快適・愉快を売り込め ―日本の未来を創る商品・サービス」(20事例) に上げられた商品をみると、その中に、ファッションやデザイン関連のユニークなものが いくつも入っています。ゴスロリファッション、渋谷109系ファッション、つけまつ毛。また服飾ではないのですが、アニマルラバーバンド(動物の形に仕上げた色とりどりの輪ゴム)も、つい笑顔になるユーモラスなデザイン商品ですし、geografia(紙製の地球儀)はニューヨークの近代美術館MoMAが評価し、自分で色を塗れるように改良した結果、世界23カ国に販売されているといいます。

 ちなみに、この「安全・快適・愉快」に上げられた他の商品としては、上記のほか、「ブローニング」の猟銃(木と金属を知りつくし、工作機械以上の精度を評価されて米国ブランドの委託生産)、クラフトビール(国際大会チャンピオンの地ビール)、LEDランタン/テント、Mume(京都祇園白川沿いの小ホテル、接客サービスを外国人観光客が最高評価)、消防車、キリン フリー、Wii U、宅急便、新幹線、カンデオホテルズ(日本のビジネス・ホテルの「当たり前」を海外へ)、漫画カメラ、フリクションボール/ジェットストリーム(書いて消せる/なめらか書き心地)、ABCクッキングスタジオ(主婦ばかりでなく仕事帰りの働く女性・男性にも好評)、新華錦・長楽国際優良老人ホーム、超小型車(コムス。高齢者に優しいクルマ)などがあります。

「安全・快適・愉快」は、言い換えれば「心と身体が喜ぶ、高質のライフスタイル」に関わるもの、といえるでしょう。「豊かさ」が「お金を沢山持っていること」「高級な持ち物に囲まれていること」ではなく、快適で楽しい日常があること、また安心して使う・食べる・利用することができる、ということだと思います。

かつて日本が世界を席巻したテレビや家電製品が、リーダー・ポジションから失墜したことから「経済力で中国に負け3位になった」とか「活力を失った国」などの敗北感を強調するようなマスコミ報道が多い昨今ですが、実際には、日本の力には他国の追従を許さない、あるいは他国のライフスタイルの先を行く、多くの優れたものがあるのです。

日経ビジネスの100選。どのように感じられたでしょうか。私自身も、これらの100点のうち、世界的製品やサービスだと意識していたものは、半分ぐらいしかありませんでした。

次回は、これらの「世界に誇る日本の商品」から見える、ファッション・ビジネスのこれからの可能性について、まとめてみたいと思います。

<日本が世界に誇れるもの ④  「日経ビジネス特集 Part 3 から」>

  日経ビジネス(10月15日号)の「世界に誇るニッポンの商品100」特集の、「誇る商品」4分野のうち、今回は Part 3 「日常に入りこむ『ニッポン』=世界の暮らしを変える消費・サービス、について、その感度、精度、ユニークな発想と工夫の数々を御紹介します。

 このPart 3 では、冒頭の見開き2ページを割いて、ハローキティを取り上げています。日本のカワイイの代名詞的存在のキティちゃんは、世界109の国・地域で販売され、子供ばかりでなく大人にも愛され、レディ・ガガ もファンだという、日本の Cool (かっこいい) 文化の象徴ともいえる存在です。 何年か前に米国の最高級ファッション専門店チェーンのニーマン・マーカスが、ホリディの特別商品にダイヤとルビーをちりばめた約5000ドルのペンダントなどを売りだした 時も話題を呼びました。数年前からライセンス事業に舵を切り、世界2000社以上と取引するようになり、色々なデザインのキティちゃんが登場していますが、いずれもその基本イメージは日本のサンリオが管理しています。デザインではなく、キティちゃんの「かわいさ」、という「感性価値」を創造し、マネジメントする日本企業が出てきたことは、本当に誇るべきことだと思います。

キティちゃんの「かわいさ」について、興味深い話があります。何年も前のことですが、キティちゃんのぬいぐるみを中国の工場に発注していた会社の社長から聞いた話です。どうしても製品に「キティちゃん」の可愛さが出て来ない。眼と鼻をつける位置に原因があることが分かったので、工場にその指摘をすると、「完全にスペック通り作っている。ほら、ここが○○センチ、こちらも△△センチ。指示通りじゃないか」と譲らないのだそうです。確かに物差しを当てるとそうなのですが、ふわふわした布地の上では、寸法だけで片付けられないものがある。日本から持ち込んだサンプルと比べて見せて、「ほら、こっちの方はかわいいでしょう?」といっても、全くそれが理解されない、という実体験をされたとのことでした。

Part 3 日常に入りこむ「ニッポン」=世界の暮らしを変える消費・サービスで紹介されている 41の事例をあげてみましょう。先のキティちゃんを筆頭に、ガンプラ、スケールモデル、ベイブレード、シルバニアファミリー、大英博物館公式販売モデル、トランスフォーマー、ドラえもん、ポケットモンスター、NARUTO、マリオ、初音ミク、バイオハザード、電池時計、G-SHOCK、メラノリデュース、「HUD」カーナビゲーションシステム、温水洗浄便座、世界最速エレベーター、Tofu、SoySauce(醤油)、ヤクルト、カニカマ、ジャパニーズ・ウィスキー(竹鶴、山崎など)、リポビタD、デニム生地、MUJI、TENGA、ユニクロ、コンビニエンスストア、100円ショップ、ヤマハ音楽教室、BOSSシリーズ、YANAGISAWA(楽器サックス)、ゴルフシャフト、数独、化粧筆、釣り具、KUMON、などです。

これらの中には、日本でなければ絶対に生まれなかっただろうと思われるものがいくつもあります。たとえば、アニメやマンガ、大人でさえはまる高度な組み立てのトランスフォーマーやガンプラ、おもちゃやフィギュア、プラモデルなどは、日本人特有の繊細さと器用な手先、技巧と技術が、生活の豊かさに結びついて生んだ、高度な「あそび思想」を結集させたものといえるでしょう。 食品も、日本人の優れた味覚と健康志向が作り上げたもの。 サービス分野でも、コンビニの完成度の高さ、百均ショップの多様な品ぞろえと品質、MUJIやユニクロのシンプルで高度な精神性を核とするコンセプト、数独やKUMONといった知的な領域に至るまで、世界で抜きんでた優れたものがあります。日常生活を、より豊かに楽しく便利に、しかし合理性や機能性だけの追求に終わらせないで、情緒や感性を大事にする、という日本の価値観、いわば DNA が息づいていると改めて感じるのです。