明けまして おめでとうございます。

2017年が、皆様にとって、Peaceful (平和)で、Productive (生産的)で、 Prosperous (繁栄の)一年になることを お祈りします。

 トランプ米国大統の誕生やブレグジットなど、予想を大きく超える政治・経済・社会の地殻変動が世界を驚かせた2016年。これを引き継ぐ 2017年は、様々な革新が起こる年になりそうです。

 恒例の NRF 大会 (米国小売業協会のBig Show) に、今年も参加します。1月15日からの3日間 ニューヨークで開催されるこの大会に、私は、31回(31年間)一度も休むことなく出席することになります。NRF から 講師を依頼されたこともありました。1991年、「日本のサービス、どこが違う」 (What’s Different about Service in Japan) のテーマで  NRF トップ・セミナーで話をしましたが、今回は、プレス扱いの受講者です。

今年のテーマは、「イノベーション、コネクション、ソリューション」 です。NRF ホームページのトップに上がっているのは、基調講演の 〝Driving Retail Transformation小売りのトランスフォーメーションに拍車をかける)。インテル社と リーバイス社のトップが講師を務める このスーパー・セッションの副題は 〝データ と、 スマートでコネクテッドな(つながる)テクノロジーが、どの様にして 驚くようなamazing 感動的)顧客体験を、提供するか?″です。

 私が注目するほかのセッションでも、How data will replace discounting

( データがディスカウントに取って代わる。どのようにして?)といったテーマがあります。要するに、データの高度な活用によって、顧客体験を高めると同時に、ビジネスの収益性をあげること、が大会の基調テーマになるといえそうです。

 まさしく拙書 『 Fashion Business 創造する未来』で強調している、「デジタル」 と 「ディスラプション」 による新しいビジネスの時代に入るということでしょう。

 1月13日には、ニューヨークの JAA  (Japanese American Association) で講演をします。演題は、

         Fashion Business―未来は予測するものではなく、創るもの』

       ―日米ファッション産業の発展・成熟の50年史から未来を見る―

       ーグローバル時代の日本企業と個人の課題― 

 NRF2017大会の概要を含め、次回にご報告します。